みんな違って当たり前

昨夜、『NHKスペシャル シリーズ 子どもの声なき声(2)「“不登校”44万人の衝撃」』を観ました。
不登校の一歩手前の「隠れ不登校」を加えると、44万人の子ども達が学校に行くことに苦しみを抱いている。
8人に一人というのは、驚くべき数字ですね。
もはや、学校教育は崩壊している・・・学校が子どもを教育する場ではなくなってしまった・・・のだと認識できた番組でした。

私も教育機関ではありませんが、職人を育てる技術講習会に講習生のときからすると30年近く(間5年の病休あり)携わって来ました。
いろんな人がいました。
自分は彫刻の仕事をしないけれど、ハンコができるまでのことを知っておいた方が良いと親に言われるので来た老舗のボンボン。
親父さんが急死したために、技術を身に着けたくて業界誌の募集を見て来たという他業界から転職された方。
手先が器用で、職人仕事にあこがれを持ち受講された素人さん。
・・・・・
講師になって、教えていてもいろんな方がおられました。
課題をやって来ずに、自分は何故上達しないのかと頭で悩む人。
手先が器用で、すぐに呑み込み研究熱心で、展覧会や技術競技会の上位にすぐに入賞されるが、その後あきてしまったのか来なくなる人。
講師の言うことを聞かずに、腕が追いつかないのに上のみを見ている方。
不器用なのに一生懸命取り組み、コツコツとされる後発な方。(これ私)
印稿は上手に書かれるのに、彫刻すると別物を彫られる方。
何度言っても同じ誤りを繰り返される方。
自分は、分かっていると信じ切っているが腕は付いてきていない方。
ひたすら賞のみを目指される方。
講習会では静かなのに、後の飲み会で活躍される方。
・・・・・
いろんな人がおられました。
いろんな人の個性が飛び交っていました。
覚えの早い方、遅い方
一人ひとりが違います。
同じ教え方では、理解できないことも多くあると思います。
画一的な指導というのは通用しない世界にいました。
・・・・・
昨夜の番組の最後の方に、オランダの現場視察を紹介されていました。
そのオランダの学校に転校してきた子どもの言葉に納得しました。
「前の学校は、先生が常に怒っている。新し学校は、何でも自由にできる。」
・・・・
怒号が飛び交う教室で何が学べるのでしょうか?

追伸:講習会を卒業された方や途中でやめられた方のその後も割と見ています。
それもそれぞれですが、長く講習会に携わっていると、その後の在り方と講習生時代というのは、わりと似ているところがあるものです。
みんな元気に講習会で身に着けた技術を活かして仕事に励んでいただきたいと祈っています。

posted: 2019年 5月 31日

雑音多し、音大きすぎ!

周りの雑音を気にせずに、自分は本道を歩いているのだからそれでよしとする。
それが一番正しい事なのかも知れません。
今、雑音が大きすぎて、仲間の多くが雑音を気にしながら仕事をしています。
また雑音に感化され、印章の本義に目をつむり、或いは誤認している人達が雑音の中に取り込まれようとしています。
そうすると、雑音を気にせずに仕事をしているだけでは、もう自分の仕事が守れなくなりつつあるように感じています。
「印章業者は、印章の本来の目的、心証の具としての目的を忘れてはならない。」という文章は、『印章憲章』によるものです。
その印章が、価値を貶められ、或いは冒涜されている状況を雑音と呼んで問題はないと思います。
きちんとした印章販売を致しましょう。
印章を押して楽しい・・・確かに美しい印章は、押捺して喜びを感じるものです。
それと同時に、押捺した責任の感じられる威厳と気品を有するものでなければなりません。
遊びや、所かまわず押して楽しむ・・・それは印章文化ではなく、娯楽文化やアーティストの表現です。
パソコン機能によりデフォルメされた文字や文字を印章六書体以外の他の形状に置き換えたものは、もう印章ではなく、玩具を押しての遊びであります。
遊びで印章を押捺していると、どうなるのか・・・
きちんとした印章とその情報を発信していくことの重要性がさらに増してきているように感じます。
雑音多し、音大きすぎ!

posted: 2019年 5月 30日

五月の風

暫くは五月の風に甘えたし
柳家小満ん


10連休という大型連休のせいなのか、気が付けば5月半ばであります。
連休後半には、安曇野の自然を満喫してきましたので、動きが感じられない周辺環境にたいして不平不満が蓄積していく事実も「五月の風」に甘えていたいと、お任せの姿勢を崩さぬように気を留めておこうと考えています。
文人落語家である小満んには、次のような句もあるようです。

夏帯を一つ叩いて任せあれ

安曇野で充電したエネルギーを無駄にすることなく、不平不満は口にせず、黙々と夏を迎えたいものであります。

posted: 2019年 5月 16日

東京での会議と観光

土日と東京に行ってきました。


土曜日は、印章会館で会議でした。
公益なる技術の事でこれだけ一所懸命に考えられている方がおられることに安堵感を持ちました。
その日は、長男の所に泊めてもらいました。
翌日、二人で東京見物。
夜勤前に有難うね。

 

 

 

 

 

 

 

 

今週末は、組合総会から技術講習会です。
総会は役員改選にて組合理事としての最後のお勤めです。
技術講習会は、新しい講習生が来られます。
次の在り方、世代へと技術継承のバトンをお渡ししていきたいと思います。

posted: 2019年 5月 13日

内なる美を感じられる心

大型連休後半に心と体をリフレッシュして頂いた安曇野の地と出会った人々に感謝させて頂きたい気持ちでいっぱいです。

昨日、松本の「ちきりや工芸店」で購入した立杭焼のコーヒーカップと家内へのお土産の湯のみが届きました。
仕事場での朝のコーヒータイムが楽しみになりました。
生活の中で使用する道具の中に美を感じながら暮らせる喜びは、美術館や博物館のそれにはない、また違った用の美の楽しみであります。
立杭焼のコーヒーカップの中にあるエネルギーを感じながら使用する喜び、陶工の想いを見出しながら、それに触れる感性を頂く楽しみ。
表面的な美ではなく、中にある美を感じられる心を持つことの重要性を気づかせて頂きました。
有難うございます。

また安曇野のアルプスの山並みが教えてくれたこともあります。


仕事上でもそうですが、とても近いものを見て生活しています。
スマートフォンの小さい文字を目で追ったり、パソコン上のメールを処理したり、情報を得たりと・・・それがダメだとは言えない生活になってしまっていますが、大阪には山も見えずビルが乱立しています。
たまには遠くを漂う雲をみることも必要かな・・・
物事を自分の近視眼的な価値判断の基準で見ていないだろうか、もっと自由闊達に見た方が、立杭焼のカップでコーヒーをのむ美味しさのように楽しみながら暮らせるのではないか、人生が豊かになるのではないのか・・・様々なことを安曇野の自然やワサビ田に流れる清らかな水から多くの事を得ました。
本当に有難うございました。

posted: 2019年 5月 8日

新しき時代に

令和という新しき時代が、古より継承されてきた価値あるモノづくりが正当に評価され、後世にきちんと継承される時代となりますよう、自らの足元を見つめ精進努力していきたいと強く思います。

posted: 2019年 5月 1日

経営努力

間もなく十連休で、バタバタしております。
まる10日間ともはお休みは致しませんが、それでも世間はお休みですので、時間が凝縮されたように感じますね。(5月3日から6日は完全休業、他は時々営業となります。)

最近、ある方とのお話で出てきた経営努力という言葉を考えています。
経営努力・・・いろいろあると思います。
実店舗やネットショップのお店づくり、そこで働く人の労働環境と生活保障、売上から利益を考えて采配していく努力、
売上に繋がる販促活動、商品の研究開発努力・・・・・
これは、印章業だけの経営努力ではなく、あらゆる商売に当てはまる努力です。
印章業界の優秀な経営者とお話をしていても、上に挙げたような経営努力をされている素晴らしい経験をお聞きすることが出来ます。
しかしながら、どの優秀な経営者も「商品の研究開発努力」については、わりと他人任せな方が多いのが印章業界の特徴かも知れません。
即ち、「商品の研究開発」イコール・・・メーカーの新商品なのです。
他の業界を見ても、そんなに安易なところはありません。

印章業界における「商品の研究開発」は、技術の研鑽とその継承だと私は思います。
そこを他人任せにしている経営者が多いと思います。
それが業界全体になった時に、地域や個人ブランドの研究はあるようですが、中身のないブランドづくりに懸命になられているなぁ~というのが私の感想です。
技術論が抜けているのです。
印面なき印章というのは、あり得ないということです。
中身も人任せな研究開発もあります。
熟練の職人からの意見ではなく、文字デザイナーでもなく、文字を知らないパソコン機能デザイナーの文字歪曲・・・
職人の側にも問題がないのかと言えば、大いに問題があります。
自己完結されている技術者が多く、継承されることによって、技術が成り立つという観点が抜けています。
これも他の職種にはあまりない、印章業界独特の風潮です。
「今の技術の水準が低い」と言われる熟練技術者がおられます。
では、その状態にしたのは誰か!と言いたいものですね。
自らの現場を変えていきましょう。
技術論的にも経営論的にも、印章業界と自らの商売の為に
技術の現場にあらゆる角度から光を!

posted: 2019年 4月 25日

< 1 2 3 4 5 >