三文判の捉え方の変遷

物の音散りあつまりて十月へ

【作者】黒川路子

 

明日から十月ですね。

さて三文判とは、どのような印章の事を言うのでしょう。

質の悪い安物という意味の二束三文という言葉があります。

三文だと消費税を含んで考えて、今の100円くらいの価値です。

100円ショップで販売されている印章を三文判というのでしょうか?

100円ショップで販売されている印章は、既製の仕入印です。

はんこ屋さんの看板にもなっているクルクル回るケースにはめ込んである印章です。

印章はどのような物でも、三文判でも一度捺印した印影は、「首と掛け替え」とか「首と吊り替え」と言われるほどの効力をもつものです。

河野大臣の「三文判を押す行為は、個人の認証にもならないからいらないと思う」という発言は、そういう意味では間違いでありますが、その真意を想像してみると、おそらく100円ショップで販売されているような大量生産の印章という事を否定したかったのだと想像します。

三文判を認印と置き換えると、河野大臣の発言には問題が大いにある側面もあるのですが、この文章のなかではそれは置いておきます。

大量生産を三文判と規定すると、同型印がたくさんあり、誰が押しても同じであるということに繋がります。

田中さんの三文判は、他の100円ショップで購入しても同じ印影の田中さんになります。

そう、それでは個人認証の意味が果たせないのです。

100円ショップで販売されている印章を悪く言いましたが、同型印の危険性があるという事では、パソコンで作製された印章や、パソコンフォントの印章は同型印の危険性があるということでは、実印の体をなして姓名を水牛材やチタンという三文判らしからぬ素材に彫刻してあっても、それは今の意味での三文判だという事です。

また、河野行政改革担当相は、公益社団法人全日本印章業協会の会長らと28日に面会したことに触れ、「はんこには文化的な側面もあるので、はんこ文化を振興させる手伝いは積極的にやりたい」と述べた。

はんこ文化の振興のためには、それをきちんと彫刻する職人の養成が不可欠です。

オモチャのような印章普及を止めて、印章の価値を取り戻すために、ご尽力賜ればと切にお願い申し上げます。

 

 

posted: 2020年 9月 30日

「右利き社会」と「はんこ社会」

秋霖や右利き社会に諾へり

【作者】大塚千光史

 

通勤途上で足元がずぶ濡れとなりました。

ビルの空は暗く、重い雨が降り続いています。

 

上の句を見て、明石家電視台に「左利き」のテーマで出演させて頂いたことを思い出しました。

今は子どもの教育に悪いからと、左利きを直す親がいなくなり、左利き用のハサミやグッズも販売されていて、左利きもそう珍しいものではなくなったように思います。

しかし、人口の一割しかいないのが左利きですので、右利き社会になるのは当たり前です。

印章も貴重な一割の存在となりつつあります。

イケイケドンドンと大量生産、大量消費されてきた「はんこ社会」が崩壊しようとしています。

これに対する継承は、10年前からブログ等を通じて発信し、提言も数少ないですがさせてもらいました。

しかし、やはり印章は冬の時代を迎えたのだと実感しております。

印章業界にとっては、ピンチだと思うのですが、わりと平々凡々と業界人がされているのを見ると、もうすでに次の一手は打ったのか、諦めたのか、あるいは既に印章を商わない印章業となり果てていたのかの何れかなと思います。

「ピンチはチャンスだ!」と家内は「HANKO KIAN®」を打ち出そうと頑張っています。

技術のみで生きている者は、しょんぼりはしていられません。

はんこのニュースが、印章を宣伝してくれています。

国の二人の大臣が「はんこを無くします」と言い切っています。

パソコンで作製されるオモチャのようなハンコは、そういう意味ではなくなり、職人が熟練の技術で作製する本物の印章がクローズアップされる時代に突入していけるように、舵取りをしっかりとしなければなりません。

偽の印影をデジタルに残そうとしても、既製の認印を大量に販売する努力と等しくなり、誰もそこに注力しないでしょう。

時折、左利きが話題になるように、1割の需要を真剣に考えていかないと、印章は冬の時代から氷河期に突入すること然りであります。

posted: 2020年 9月 25日

ゆっくりとした秋彼岸

ときに犬さびしきかほを秋彼岸

【作者】山上樹実雄

昨日は、彼岸の中日でした。

例年なら、この秋分の日は大印展の審査日でシルバーウイークどころでなく、作品開封から審査準備、審査会、審査累計、審査結果、審査結果通知と自分の仕事も一時棚上げにしておかないとダメなくらい多忙となります。

この十年間で、一番ゆっくりとした静かな連休を過ごさせて頂きました。

今は腰痛もあり、例年のごとく立ち回っていたら、おそらく今頃は動けなくなっていたと思います。

そう、今年は大印展が新型コロナウイルス感染防止の観点から中止となったことにより、静かな休日となりました。

お蔭様で、このお盆にお参りに行けなかった藤本先生の霊が眠る一心寺と家内の実家のお墓参りに二人で行くことが出来ました。

不幸中の幸いを見つけた休日となりました。

同時に、大印展が開催できないんだという寂しさを実感した昨日でした。

20日には、大印技術講習会がzoomにて実施されました。

多くの講習生の参加を賜り、また、補助講師のS先生の奮闘により、リモートの良い面を駆使できたことを実感いたしました。

10月の講習会は、新学期となります。

10月からは、対面講習を再開することになりました。

7か月の休講は、技術継承最中の人にとっては大きな痛手であったと思います。

10月講習からは、海綿体のようにドンドンと技を吸収して頂きたいと強く思います。

令和印章修錬会の締め切りは、明後日です。

消印×ですので、宜しくお願い申し上げます。

で、次の日曜日は作品開封日となります。

助っ人もはいっていただけるようで、腰に注意しながら頑張ります。

posted: 2020年 9月 23日

気づいた者は、ガンバロー!

同人誌即売会「コミケ」中止で印刷業苦境 成長市場に水 「作家の創作意欲下がった」という中國新聞の記事を目にしました。

コロナでいろんなことが中止になりました。

イベント屋さんは、企画が中止になれば、人が動かないので収益がないという経済活動との関連で大変です。

自らの発表の場を失った者は、来年にその可能性のエネルギーを維持しなければなりません。

毎年の印章技術の展覧会「大印展」は中止となりました。

来年にそのモチベーションを維持できる人は、相当の強者です。

またモチベーションだけでなく、実際の作品作りをして手を動かさないと、技術の向上はあり得ません。

技術は頭で印章を彫刻するのではなく、手が動いて初めて作品が仕上がります。

印章技術の歴史において、その手を出来るだけ動かすことが、技術の向上や継承を作り出す源となります。

その手を動かすことを少なくしていったので、今ある事態に陥っていると言っても過言ではありません。

大印展や大競技会、グランプリは、技術継承現場から手を送り込むことにより成立しています。

それは逆にメルクマールとなっていると私は思います。

気づいている人は多いはずです。

気づいていないフリをするより、その場から逃げるより、立ち向かって頂きたいと強く思います。

「令和印章修錬会の」を「大印展」の代替企画として今年は行います。

締め切りが、今月の25日(消印ダメ、必着で)です。

四連休を利用して、手を動かして頂くようにお願い致します。

 

 

posted: 2020年 9月 15日

灯台下暗し

昨日は展示会疲れなのか、腰の痛みが強くなりました。

丸一日を休養にあてたのは、珍しい休日となりました。

若い頃、「煕菴の遊印」の販促に東京ビックサイトでのコミケに行っていた頃、三日間の実演をさせて頂いても、そう疲れませんでした。

家内は私よりも元気ですが、展示会に出ていたマッサージ機を購入していたのには驚きました。

この展示会参加は、家内が産創館に相談に行き、情報を集めて大阪市魅力発信事業に参加したお蔭で実現する運びとなりました。

まだまだこれからですが、共に頑張っていきたいと思います。

【灯台下暗し】

 

柳宗悦は、次のように言いました。

「民芸品は、鑑賞するために造られた美術品ではない。名も無き職人が手作りで作っている量産品である。民衆の誰もが買える価格帯で、民衆の日常に奉仕する、実用的な使いやすい物だ。それらには過剰な作為はなく、健やかな美しさがある。地方の風土に根差した天然素材からできたそれらの美しさは<用の美>といえる。」

印章の印面も<用の美>である。

日ごろ、そこに美しさがあるとは、誰も考えずに唯々必要に迫られて、捺印する。

芸術に昇華してしまった篆刻芸術は、鑑賞の美であり、それこそ印章がリモートワークの邪魔者といわれた折に、経団連会長が美術品として残せばよいといった範疇に入る物だと思います。

認印や銀行印、実印という実用印章には美がないとされるので、最近のCMでは「ハンコのポイ捨て」が実に多い。

灯台下暗しで、歴史と共に長年、全ての庶民のなかで使用されてきた印面デザインには理由と明確な美が存在していたという事に、印章業界は気づいてこなかった。

気づいてこなかったというより、そこを敢えて避け、機械生産からコンピューター彫刻機での素人の大量生産を行うために、美など無視するしか仕方がなかったのだろう。

ハンコのデザインをパソコンのみでしてしまうと、技術継承を感じられない、オモチャのようなハンコが出来てしまいます。

パソコンで印章が作成されるようになってから、もっと気を引き締めて技術継承に業界が向き合えば、作業区分を手彫り、手仕上げ、機械彫りと名付けっぱなしで終わらなければ、そこには先人からの魂がまだ息づいていたことだろうと推測されます。

それをもう言っても仕方がない状態に陥り、誰も見向きもしないし、聞く耳をも持たないかもしれないが、今ある名も無き印章彫刻職人の手に染みわたったデザイン性を放棄するにはもったいないところがあると思います。

灯台下暗し、その技術力を今の自分の存在を柳宗悦の思想から学ぶ必要性は大いにあると考えます。

彫るのが印章彫刻職人でもあり、彫ってきた道程を知るのも印章彫刻職人であります。

それは、決してパソコンフォントやパソコン機能をいくら駆使しても表現できない、名も無き印章彫刻職人であるあなたのみが出来る唯一無二の表現だからです。

posted: 2020年 9月 14日

夢が膨らんだ展示会

9日から昨日11日までの三日間、三田村印章店は臨時休業して、インテックス大阪で「第1回国際雑貨EXPO関西」に出展していました。

この展示会には大阪市魅力発信事業の参加グループの一員としての出展となりました。

来場者は、雑貨店、百貨店・量販店、セレクトショップ、インテリアショップ、書店・文具店、輸入商・卸のバイヤーやオーナーの方です。

印章業からは、当店一件だけの出展でありました。

多くのバイヤーやオーナーの方と商談できたことは、「はんこやが作ったユニークなTシャツ!HNKO KIAN®」の未来を膨らませることが出来ました。

お話下さった全ての方に感謝申し上げます。

また、私が不在であった10日にブースに顔を見せてくれました印章業界の方々にも心よりお礼申し上げます。

私がTシャツを販売する理由については、3回にわたりこの場でお話させていただきましたが、当日は同じ内容をご来場の方々にお話していました。

コロナショックにより印章業界は更に斜陽の道を歩んでいます。

それ以前から、継承現場を軽視し技術者の養成を怠ってきた業界で、今後に技術の進歩や進化、深化は望めない状態どころか、滅びゆく技術として位置づけられることとなります。

真面目な職人が長年培ってきた技術で得た印章文字を丸や四角の中にバランスよくレイアウトし、各自の個性を以ってデザイン化できる能力は、おそらく廃れていく事と想像いたします。

今までの修業の苦労は並大抵の事ではありません。

展示会でお話させて頂いた看板屋さんの二代目さんは、なんとかして親父の技術を残したいと言われていました。

看板屋さんのお仕事も、そのほとんどが今の印章業界と同様にパソコン機能や文字フォントを使用して作製されています。

その看板屋さんのお父様は、一つの看板を手で書いた全体的構成の美しさを苦労した修業から会得していかれました。

フォントを並べれば、いとも簡単ですが、それでは良い仕事になりません。

印章業界の仕事も印章文字のフォントを丸の中に機械的に、そして無意志に配置されたものです。

それを10ミリから大きくとも18ミリくらいの丸の中に配置するので、看板屋さん以上にレイアウトやデザイン性に無頓着になります。(彫って有ればOK,捺せればOK)

ですので、Tシャツのように大きな丸に拡大すると、実に滑稽なオモチャのようなデザインとなります。

しかしながら、それを縮小したものを印章として使用しているので、世の中がデジタル化されると無用になり、ポイと簡単に捨てても惜しくない短い棒となってしまうのです。

 

名も無き職人の苦労が報われるように、その一筋の道に向かい、さらなる挑戦を決意した展示会出展となりました。

最後に出展に際して無知無経験の我々夫婦をご指導ご援助頂いた大阪市魅力発信事業(OTEX)のスタッフの皆様と担当の先生方、本当に有難うございました。

今後もご指導ご鞭撻を宜しくお願い申し上げます。

 

写真は、OTEXのスタッフに撮影発信されたものをお借りしました。m(__)m

 

posted: 2020年 9月 12日

三田村印章店がTシャツを販売する理由(その3)

【三田村印章店がTシャツを販売する理由(その3)】

昨日は、印章業界にとって大きな転換点を国から与えられた日になると思います。

昨日の夕刊から今日の朝刊に欠けて掲載された毎日新聞の記事(写真)のように、明確に「脱はんこ」を掲げるクラウドサービスという商売が「約束」の在り方をめぐって熾烈な争いが始まる事だろうと推測されます。

 

古来、約束や契約という人と人との関係を司る考え方を「おしで」として日本人は重んじてきました。

形に残すために、伝来の璽を取り入れ、印章という文化を定着させてきました。

印章は、手続きを煩雑にして、とても面倒な代物であります。

それは民主主義と同様で、安全性を高める確認の為の手続きの連続から成立します。

手続きを簡素化して利便性を高くすると、ビジネスはスピーディーにやり易くなると思いますが、肝心の人と人との約束という考え方が等閑になるように私は感じます。

それは、民主主義が形骸化した時と同じような状態になると推察致しますが、今の日本がそうだから、経済面においてもそういう状況が平気にまかり通るようになったという事も言えるのかも知れません。

テレビで、コロナ不況のあおりをくらい、伝統産業が廃業に追い込まれています。

廃業となる伝統技術は、それが最後かも知れません。

そうだとすると、廃業は技術の終焉を意味することとなります。

そういう目に見えない技術の終焉をこの国は応援しているように感じます。

それへの叫びとして、印章技術の私の在り方を叫びとして表現させていただいたのが、今回の「HANK KIAN」®の企画となりました。

印影のデザインだけが残るということは、あり得ません。

うつくしい印影は、きちんとした技術の継承があるから息をしているのです。

posted: 2020年 9月 5日

< 2 3 4 5 6 >