一時代の終焉

昨日、神奈川の印章組合から休校状態が続いていた訓練校の母体である職業訓練法人 神奈川県印章職業訓練協会の解散を知らせる挨拶状を頂いた。

五十年という年月に多くの印章人を全国に輩出し、業界の後継者育成に多大な功績を上げられてきました。

関わって来られました先生、先輩、関係者のみなさま、心よりお疲れ様と申し上げます。

私が訓練校の方と初めて話をさせて頂いたのは、技能グランプリに選手として参加させて頂いていた折に、審査員として参加されていた今は亡きK先生です。

当時グランプリの選手でありながら大阪講習会の准講師を仰せつかっていましたが、指導の基準となる物がなく個人の力量に依拠した指導しか出来ずに、困り果てていました。

懇親会で、K先生にその旨をお話すると、訓練校の『印章教科書』(写真)を送ってくださいました。

これは今でも私の宝物です。

全国グランプリでは、たくさんの訓練校の卒業生と競技させて頂き、Mさんが一位労働大臣賞に輝いた時には飛騨高山に押しかけてお祝いの会をしました。

その後、全国組織である全印協の技術委員として東京に行く機会が多くなり、今回の挨拶状をお送り頂いたT先生やA先生とご一緒に技術委員をさせて頂いております。(当時A先生は技術委員長をしておられ、現在は退任されました)

また技能グランプリでは、N先生にも何かとご指導頂いており、昨年は「令和印章修錬会」の審査にも携わって頂きました。

解散の挨拶状を手にした時、訓練校の卒業生でもない私ですが、一時代の終焉を感じました。

技術の継承は、徒弟制度から訓練校や全国の技術講習会や研究会、勉強会に変わって来ました。

訓練校というのは、講習会とはまた違った徒弟制度の名残や職人道徳をきちんと教える流れがあった場所だと思います。

訓練校の卒業生メンバーは研究会という形でそれを引き継いでおられます。

印章教科書は、ノウハウ本ではありません。

それを読んだからといって、すぐさまハンコが彫れるかと言えば、出来ません。

それで良いのです。

これは、指導者が後継者に指導する時に役立ち、その後の後継者の指針となるものです。

それは、それを使ったことがある人にしか分からないことだろうと思います。

その精神は、現在の全国組織である全印協の『印章教科書』にも引き継がれています。

そういうなかで、職人道徳は育まれ伝えられていく事と確信しております。

明日は、その精神を持ち「2級対策講座」at名古屋に行って参じます。

20名の若き継承者のみなさんと話ができると思うと、今からワクワクしております。

 

最後に、T先生とA先生へ

本当にお疲れ様でした。

技術継承の最後の砦である技術講習会や研究会、勉強会の灯を消すことなく、全国のみなさんと共に頑張ります!

 

posted: 2021年 6月 26日

違いを認めるということ

けむりあげ平日つづくかたつむり

【作者】田畑耕作

 

「はんこ文化は世界で日本だけ。海外との取引を推進していくために、日本の古いはんこの慣習を無くし電子認証を普及しましょう。そうしないと日本は世界から遅れてしまいます。」とは、コロナウイルスと共にはびこった昨年来からの声で、ますます大きくなってきているように思います。

昨日、最高裁大法廷で夫婦別姓を認めない民法と戸籍法の規定を「合憲」と決定しました。

この判断は、世界的に遅れているのではないでしょうか。

人の在り方も人それぞれ、思想信条や宗教をそれぞれが自由に選択できるはずの日本において、どうして夫婦別姓は認められないのだろうと思います。

人に違いを認識でき、それを認め合うから仲良く暮らせるのではないだろうか。

自分と人の違いを認識できる人は、自分の良さも認識できる人です。

世界にない日本だけの慣習だからダメであるというのは、はんこ文化の良さを知らない人です。

はんこ文化は、人と人とを確実に結ぶ文化です。

スピーディーにはいかなく、デジタル上では邪魔になるのですが、安易にOKを出さずに、間をとり最終決着を決めるポイントとなる一押しです。

迅速に物事を進めなければならないこともあるとは思います。

しかし、日本の文化を踏みにじってまで、世界に合わせる考え方は、既に世界から遅れた考え方であるという事を認識して頂きたいと思います。

それに声を上げ守れるのは、一つ一つを丁寧に時間をかけて仕上げているきちんとした印章業者ではないだろうか。

篆刻家や工芸家にはできない、日本文化の一員としての「印章の陣地」を守れるのは印章業者の役割だと思います。

「かたつむり」も「けむり」をあげて必死に進んでいるんです。

posted: 2021年 6月 24日

コメントありがとうございます

今朝ブログを覗いてみると、「雷様と市江さんに怒られました」という記事に以下のコメントを頂きました。

「今朝出勤した際に机上に背ワニ革の印章ケースを置いていたところ年輩の方から、あれ、これ俺が30年前に父親から貰ったケースと同じだと言われ、これは◯◯市の印章ケース製作所で作ってもらいましたと伝えましたら、俺の父親もその◯◯市でわざわざ買ってきたと自慢してたよ、懐かしいな!と言っていました。印影が見事なもの、印章ケースでも手のこんだものは人の心に響きます。いくらしたの?と値段で言われることではなく、綺麗だね、立派だね、です。きちんと修行してきた方の作ったものは美しいです、しかしこのきちんと、が出来てない、または出来ていると勘違いする開運やモチーフを彫って一人前の顔をしている三流以下の人間が大半を占める業界自体が問題なのですが。」

私の返信です・・・

「いつもコメント有難うございます。

「きちんと」をきちんと褒められることって嬉しいものですね。

しかし、世の中きちんとしたものへの評価力が無くなってきています。

きちんとした職人がきちんとした仕事をして出来上がったきちんとした物を使用者がきちんと使用する・・・その流れを断ち切るのが、早く大量に、手仕事から遠くある位置から楽に儲けようという考え方です。

それらが三流以下なのかも知れませんが、印章業界の一員としての私には、それらが大半を占めるとお話になると大変厳しい言葉だと周りを見渡します。

きちんとした物を作るにはきちんとした修錬がいります。

それは、ノウハウ本の一夜漬けで眺める事が出来る代物ではなく、長い年月をかけて身につける教養です。

徒弟制度なき職人の継承現場をノウハウ本(自分さえ上手ければ良いという考え方を含む)にするのではなく、きちんとした職人道徳を習得できる場にするということです。

きちんとした技術は、それが可能です。

今、表面上に職人面をしている業界人に足らないのは、修練で培うはずのその職人道徳と言う教養です。

私として出来ることは、なんとしても少なくなった継承現場でのその教養の継承に尽力したく、また業界外からの視点を業界内に持ち込み、嘗ての徒弟制度がきちんとしていた頃の技術という在り方(日本的霊性)に復興を目指すことであります。」

posted: 2021年 6月 15日

時の記念日に思う

時の日の頬杖をつく男の子

【作者】わたなべじゅんこ

 

先月のこと、パソコンの横に置いている置時計が止まっているのに気づきました。

もうかれこれ30年以上私と共に歩んでくれました。

大学を出て、最初の仕事先の事務所の方々から退職する私に送ってくれたものでした。

私はもう寿命かなと諦めていると、家内が修理に持って行ってくれました。

特殊な電池を使用しているようで、30年以上電池の交換をしたことはありません。

修理に出したところから電話があり、全て分解をして組み立て直しとのことで、それでも動かない可能性もありますとのことでしたので、やはり無理かとすぐに諦める私でした。

しかし、家内は「あなたのそばにずっといて、ハンコの修業時代や苦労を全て見て時を刻んでくれたもの、ダメ元であるかもしれないけど修理してみよう。」と有難いお言葉・・・。

まだ、時計は修理から帰ってきていませんが、今日の時の記念日でふと思い出しました。

直ぐに諦めるのが私の悪い癖なのかも知れませんが、この時計と同じ状態・・・瀕死の状態なのが、印章における技能検定です。

昨日、業界FBグループに東京組合での2級対策講座の状況を知らせてくれる前向きな記事が掲載されていました。(S講師のお元気そうな顔も写っていました)

近畿印章業連盟主催の講座は、開店休業状態です。

致し方がないとのことで、時計の修理を諦めた私に似ております。

東海の方から、6月最終日曜日に20名を集めた講座を持ちますとのお話を聞いた時には、嘘やろ?20名!と思いました。

主体になり動いてくれているのは、大阪の技術講習会の名古屋から通って来てくれている講習生です。(おうた子に教えられとはこのことです。)

今は、当面の技能検定対策かも知れませんが、基本は継承現場の全国的な復活です。

これらの運動をとおして、盛り上がってくれることを期待したいと、諦め癖の付いた私ですが、この20日の大阪の技術講習会と共に27日の東海の講座には顔を出す予定をしています。

 

posted: 2021年 6月 10日

タテカンと認印の陣地

はたらいてもう昼が来て薄暑かな

【作者】能村登四郎

昨日の毎日新聞に斎藤浩平さんの「京大タテカン文化考」とする特集記事がありました。

京大のタテカン(立て看板)が撤去されていることは、知っていましたが、記事の最後の方に大阪市大に学生自治会はないと書かれてあるのを見てショックを覚えました。(斎藤幸平さんは大阪市大の先生であります。)

今の若い人は、表現が多様化してきているし、その表現を発表する場も多様化して、SNSやデジタル的発信も多く、タテカンのような古い発信をしなくなってきているのかとも思っていました。

しかし、学生自治会がないというのは別だと考えます。

タテカンを立てないというルールがある。

それをすんなりと受け入れる学生、その先には学生自治がなくなり、ちっぽけな問題は大きな自由や権利の問題に繋がっていくと思います。

香港の学生には権利意識がきちんとあり、上からのルールに疑問を持つ思考や自治意識があるということです。

日本の大学に学生自治意識が健全なのかどうかが疑問に思われます。

コロナ禍において、リモート授業ばかりで大学を辞める人やアルバイトが無く生活が困窮している人が声を上げきれない。

ルールだからと疑問を持たずに冷静に?従う・・・若者らしさを感じません。

印章においても、タテカン同様に、「押印廃止」を粗末な問題として、声を上げずに、権力や周囲、付き合いに遍き、タテカンを立てていた陣地、押印していた認印の陣地を失った状態。

声は今やどこででもあげられる時代なのに、本質を、印章の在り方を見つめようとしないことに、斎藤幸平さんの「京大タテカン文化考」は答えをくれているようにも感じました。

posted: 2021年 6月 7日

日本文化を救う道

月末です。

明日から6月、水無月・・・京都の水無月が食べたくなる季節となりました。

 

昨日は朝から良いお天気でした。

散髪屋さんに行きました。

散髪屋さんのおじさんから、東京五輪のフランスのCMが凄いよと教えてもらい、見てみると・・・スゴイ!

海外からの日本を評価すると、これが日本なんだと聞こえてくるようです。

しかし、葛飾北斎の浮世絵や江戸木版画などは日本において評価されずに、海外に流出して、海外からの評価を得たものです。

力士と言うのもサッカーやラグビー、バスケットボールに比べると、その傾向があると言わざるを得ません。

散髪屋のお客さんで、フランスに出張された人がおられ、仕事先のフランス人に文楽について聞かれ、何も答えられなかったとのこと。

その人は恥ずかしく思い、文楽を観劇するようになられたとのことです。

日本には、美術、建築、工芸、芸能などの分野で胸を張れるものがあるのに、日本人はそれを学ぼうとしない、それどころか見向きもせずに、海外からの物を熱心に取り入れようします。

それで良いのでしょうか?

そのために、生活ばかりか文化、思想まで、欧米化されていきます。

グローバル化は、国際的な共通項を持つのかも知れませんが、自国の文化を踏みつけてまでする必要性はあるのでしょうか?

遅れているデジタル化・・・デジタル化は何処まですべきことなのでしょうか?

セキュリティ問題を抱えてまでする必要性があるのでしょうか?

日本的な文化としての押印を100%廃止してまですべきことなのでしょうか?

フランスの東京五輪のCMを見ていると、何故か情けなく、海外から笑われているように感じます。

日本は、どれだけ日本的な物や文化を潰して行けば気が済むのでしょうか?

利便性や経済のみの観点からの転換が、日本文化を救う道であると強く思いました。

https://www.youtube.com/watch?v=VOtqUku_p9I

 

 

posted: 2021年 5月 31日

押印復活はあり得る

デジタル化が遅れている日本という声をこのコロナ禍でよく聴きます。

何だか、日本が取り残されているような印象を受け、ただちにデジタル化の道をひた走らないといけないという感覚にとらわれて、それを阻害することは悪だと思わされる風潮がマスコミや知識層の中にも見られます。

果たしてそうでしょうか。

デジタル化を進める事が悪だとは言いませんが、国のワクチン接種の予約がデジタル以外を受けつけないということに疑問を感じます。

今日の毎日新聞の朝刊に、『人新世の資本論』で有名になった斎藤幸平さんが、デジタル化について次のように書いています。

「デジタル化というのは思ったより雇用を生まない・・・」とか「デジタル化をすれば環境負荷が減るという幻想がありますが、実際にはサーバーの冷却のために膨大な電力が消費されるし・・・パソコンや電気自動車などの製造のために、リチウムやコバルトといった大量のレアメタルが消費され・・・」とあります。

 

 

 

朝ドラ『おかえりモネ』のなかに出てくる貞山正宗公遺訓「五常」は、やり過ぎることなかれと教えています。

 

仁に過ぎれば 弱くなる

(人を大切にし過ぎれば、自分の為にも相手の為にもなりません)

義に過ぎれば 固くなる

(正しさや道理を貫き過ぎる、融通がきかなくなります)

礼に過ぎれば へつらいとなる

(礼儀正しさも過ぎれば、媚びへつらいとなる)

智に過ぎれば 嘘をつく

(頭が良すぎると 平気で嘘をつくようになる)

信に過ぎれば 損をする

(他人を信じ過ぎると 損をします)

 

デジタル化により、一部の人だけが得をする世の中は、高齢者や社会的弱者のみならず人間が生きにくい世の中を形成するのであれば、デジタル化の遅れは、やり過ぎを戒める日本にとり丁度良い塩梅ではないでしょうか。

印章業界が五常訓に倣い、デジタル化より手仕事による技術継承を重んじれば、「押印復活」もあるかもしれませんね。

posted: 2021年 5月 25日

< 2 3 4 5 6 >