印章の顔は印面です。

母の日の常のままなる夕餉かな
【作者】小沢昭一

昨夜は、「大印展中止」のお知らせを出品者の皆様にお届けするために、久しぶりに集まれる技術委員が集合しました。
大印展の中止は致し方がない状況なのですが、技術委員長より代替事業として技術継承の為に何かしようという案が提案され、大まかな骨格が出来ました。
久しぶりな寄合でした。
ラインでの文章会話より、きちんと会って話ができて良かったと思います。

印章の技術のことを進めていかないと、印章を社会悪と捉えるキャンペーンのような事象は、このコロナショックを利用してドンドンと進行し、消費者の思考に、社会の在り方に大きな影響を与えています。

着物業界のヒトが、「さらば、着物。」とテレビから突然、洋服業界のコマーシャルがあれば、どのように思うでしょうか。
和菓子屋さんが「さらば、和菓子。」というコマーシャルを見ればどういう気持ちになるでしょうか。
昨夜、組合事務所から帰り、夕食を食べながらテレビを見ていると、俳優さんを起用したテレビコマーシャルで、その俳優さんの顔をしたハンコに俳優さんが「さらば、ハンコ。」と・・・
コロナ以前からクラウドサインのCMは、ありましたが、さらばと言われるとインパクトがありますね。
思ったのですが、印面は、面は「つら」です。
つらは、顔、貌、かおです。
印章本体の側面ではありませんが、今まで印章業界は印章の顔、「つら」を大切にしてきたのでしょうか。
「つら」は、印面・・・印面は、彫刻技術を以って成り立ちます。
それがなければ、ただの棒です。

先日もお知らせいたしましたように、国(厚労省)は印章の技能検定を廃止する検討会の報告書の中で、「 本来印章は手で彫ることにより唯一無二性をもち、それが個人を特定するカギとなるが、文字フォントを利用して印材に文字を彫る機械彫刻も可能なため、安さ、速さを売りとする商売の形で、彫刻技術がなくても印章業を営むことができる上、技能検定の資格取得が営業の必要条件となっていないため、取得に対する意識を向上させることが難しい面がある。」として、「国家検定である技能検定が廃止になれば、印章業界の技能の継承が難しいものとなると共に、印章業界の衰退に繋がってしまうとかんがえられる。」と結論付けています。

印章の「つら」を印面を、印章技術を空白にさせてはいけない時期です。
業界団体が、様子を見ながら大人な態度で対応しようとしていることは、理解できますが、このままでは、真面目に商売をされている業界の人達が不安に思うのは当然のことだと思います。
何らかの対応を業界内部にではなく、社会に向けていち早くして頂きたいと強く希望します。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000031.000044347.html

posted: 2020年 5月 10日

安曇野を想い・・・

連休明けから、新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応支援金の申請書類にいる従業員の押印が必要なようで、雇い主が既製の認印を買い求められるのが多くなっています。
お客さんが、この申請書類アホほど難しくて大変だと嘆いておられました。
今日は土曜日なので、静かですが、昨日はコロナ以前の状態のような活気が戻ったかなと思われる状態でした。

今朝は、昨年の大型連休に訪れた松本のちきりや工芸店で買い求めた立杭焼のコーヒー茶碗に見とれながら、あ~、、、安曇野行きたいと・・・

posted: 2020年 5月 9日

国は印章業界をどうみているか

新型コロナウイルス対策で多忙な厚労省から5月1日付で「技能検定職種の統廃合に関する検討会」報告書が公表されました。
その職種の一つが「印章彫刻」です。
以前より、そのことは発信させて頂いてきましたが、検討会では技能検定の試験実施の要件に満たなくなったので「廃止」を前提に議論が始まりました。
検討結果は次のように下されました。
・・・・・・・・・・・
印章彫刻職種
当該職種は潜在的な受検候補者数はあるものの、受検ニーズにつながっておらず、技能検定が長く実施されているにもかかわらず、受検申請者は減少している。業界全体としてその必要性が、理解共有されていないと考えられるため、廃止することが適当。一方で、関係業界団体が受検者拡大への取り組みなどを行っていることから、直ちに廃止にせず、令和3年度の受検申請者数が100人以上であった場合、かつ、関係業界団体の受検者拡大に向けた具体的な取り組みの結果を踏まえて、改めて本検討会に諮ることが適当。

この報告書に関して、昨日私が出来る範囲で業界関係者には仁義を通してお知らせいたしました。
以下、私なりの意見を加えて発信していきたいと思います。
この報告書を詳しく読み進めていきますと、印章業界を次のように分析されています。
「多くの印章店は、コピーの普及、パソコンの普及、インターネットの普及に伴い、印章彫刻技術に関係なく商売の量が減少し、更に機械彫刻も可能となり競争も激化、小規模店等は営業を続けられなくなるケースが多く、減少傾向にある。」
ということを前提にして、何故受検者が増加しないのかにも論及しています。
「 本来印章は手で彫ることにより唯一無二性をもち、それが個人を特定するカギとなるが、文字フォントを利用して印材に文字を彫る機械彫刻も可能なため、安さ、速さを売りとする商売の形で、彫刻技術がなくても印章業を営むことができる上、技能検定の資格取得が営業の必要条件となっていないため、取得に対
する意識を向上させることが難しい面がある。」
また違う角度からは、「 印章彫刻職種は、潜在的な受検候補者数はあるものの、受検ニーズにつながっておら ず、技能検定が長く実施しているにもかかわらず、受検申請者数は減少しており、業界全 体として技能検定の必要性が理解、共有されていないことが考えられる。」とも述べています。
即ち、業界自体が技術を軽視して、継承現場に力を入れていないということを国として指摘されたこととなります。
最後には業界の生末を案じて、「国家検定である技能検定が廃止になれば、印章彫刻の技能の継承が難しいものとなると共に、印章業界としての衰退に繋がってしまうと考えられる。」と結論付けられています。
厚労省は、国は、印章業界に対してこういう見解を下しているということが如実にわかる報告書でした。

話は変わりますが、昨夜のテレビでドイツの哲学者マルクス・ガブリエルの番組を見ました。
以前にも私が少しご紹介させて頂いた哲学者です。
新実在論が今の世界や経済、政治の在り方に切り込んだ面白いものでした。
今回とても印象に残ったのは、美は善と結びつく必要があるという考え方です。
美には、悪と善という側面があります。
ただ単に美のみを追求するのではなく、それを善と結びつける行為をする。
今のコロナ禍で、ここぞとばかりにそれを利用して商売をされる方もおられます。
また、医療現場に自社で開発したマスクや医療用具を届けたいという想いで仕事をされている方もおられます。
前者が悪いということではなく、それはピンチをチャンスに変えてという今までの経営論であるという事は確かで、その上には欲望が付加されています。
しかしながら、後者には欲望ではなく、想いという善が付加されて行きます。
その商品には善が結びつきます。
そういう商品は、これからの世界を圧巻していくというのがマルクス・ガブリエルの考え方です。
美に善を結びつける。
以前より、藤本胤峯先生の真善美の印章ということを発信しておりますが、テレビを見ながらそれを考えました。
今までの印章業界や技術者は、経営や技術(印章の美)を単独で推し進められてきて、善と結びつけることをされてこなかった。
それが、冒頭よりの厚労省という国からの見方をされるようになった。
これは、印章業界内部の責任であります。
それに対しては、私なりに引き続き努力はしてまいるつもりです。
しかしながら、それでも「技能検定の必要性が理解共有されない」のであれば、業界外部より、善との共鳴を求めて、そちらに比重を置いての思考と行動に転嫁していきたいと思っています。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11078.html?fbclid=IwAR3lEq1pyPM12JJCjQwVOBGJB8OmvbMwzMoZNf235S4ukXEyYUrdas80X5A

posted: 2020年 5月 7日

自分は何ができるか?

昨日は、ステイホームで一歩も外には出ませんでした。
緊急事態宣言が延長され、新しい生活様式が提言されました。
接触を避けるビジネスの具体例として、わざわざ名刺交換を止めましょうとしたのは、印章業界が印章だけで成り立たずに名刺の印刷が売り上げに占める割合を国はよく知っていて、リモートワークの障壁としたハンコ文化?の次の狙いとしてきたのだろうかとも疑ってしまいます。
これに乗じて、国は印章業界を本気で潰しにかかっていると・・・
夜のNHKニュースウオッチ9を見ていると、有馬キャスターが国際政治学者イアン・ブレマー氏にインタビューしていました。
コロナ後の世界は、次の産業革命が一気に浸透し、持てる者と持たざる者の格差は更に距離を深めて、全く新しい秩序で成り立つようになるだろうと予測しています。
また、パンデミックは、10年かかる変化をわずか18か月で行ってしまうらしい・・・。
最後の方に、変化は社会や政治、組織が行うのではなく、企業や個人が中心となるだろうと話されていました。
今、休業や延期、中止と、何もかもがとまった風に見えていますが、内実での変化、とりわけ意識の変化が加速されているという事を忘れてはならないように思います。
止まっているように見えるのは、その表面だけです。
それに摩耶化されて、内実の変化を見失うと、自分を見失うこととなります。
今まで通りにはならないという事なのかも知れません。
これからの在り方を考える大切な事は、「今自分に何ができるか?」という事ではないだろうか。
ステイホームは静的で、じっと静かに何もせずに止まっていなさい・・・それが自分と他者の命を守ることだ・・・そういうイメージを与えます。
しかしながら、何もしないと事態は急速に変化していきます。
その時、自分の肩書や資格、加入している団体組織は当てにはならないと私も思います。
この時期に、周囲や町や市、県、国、世界の団体組織は、それほど一つになっていないということが見られるからです。
その団体組織の会員さんである人の在り方よりも、その団体の対面や組織防衛に翻弄されているからです。
大切なものがザルで水をすくうように抜けていきます。
それよりも個人同士の助け合いが糧になっているという事を多く耳にします。
その時、「自分は何ができるか?」ということをよく考える必要があるように思います。
自分という個人は他者の為に何ができるか・・・
ネットでそのあたりを検索していると、ヒントになるものも出てきます。
ステイホームの良いところかも知れません。
ご参考まで・・・
https://jp.reuters.com/video/watch/idOWjpvCAU4LDCUSZM8K85XSPX79JBZTT

posted: 2020年 5月 6日

かたじけない

あるけばきんぽうげすわればきんぽうげ
【作者】種田山頭火

昨日は、憲法記念日であると同時に、結婚記念日でした。
中寺町の普段なかなか一緒に行けなかったお墓参りへ行きました。
スパーにも一緒に行きましたが、ステイホームで何もすることがなく二人で一日を過ごしました。
息子らも、それぞれの地でステイホームで、帰阪することが出来ません。
本を読んだり、テレビで「JIN-仁」の再放送がやっていたので見ていましたが、普段の疲れからかいつのまにか眠っていました。
夢の中で、中国の儒学者であり焚書坑儒で、坑に生き埋めにされている場面が出てきました。
息が出来ない・・・苦しくて起きました。
ドラマ「JIN-仁」のなかで、南方仁が現代の医師として江戸時代にタイムトラベルした自分の役割というより存在意義を考えて悩みます。
なんとなく自分の想いとそれらが共鳴しあったのかな。

山頭火はこの句に次のように添えています。
「五月は物を思ふなかれ、せんねんに働け、というやうなお天気である、かたじけないお日和である、香春岳がいつもより香春岳らしく峙(そばだ)つてゐる」
山頭火は、よく乞食坊主といわれて嫌われますが、農村の大地主の出であります。
この時期の農村の忙しさを身を以って知っています。

夢の中の焚書坑儒で生き埋めにされた儒学者と南方仁がまじりあっていた昨日でしたが、今日はシャッターを三分の二閉めて、仕事量調整に向き合うかたじけない日よりです。
かたじけない、かたじけない。

posted: 2020年 5月 4日

こういう時こそ、技術を意識しよう!

旅にて今日八十八夜と言はれけり
【作者】及川 貞

ネットニュースに今日は八十八夜だと気づいて、この句に行きつきました。
誰かに言われたりして意識しないと、気づかないことは沢山この世にあると思います。
全ての事を意識すると、とても疲れます。
それでいいのだとも思います。
旅人にとって八十八夜というのは、綺麗な言葉ですが、農村からするととても忙しい時期であります。
それも意識すると、旅もできません。
旅人にとっての意識は、くつろぐ、旅情を楽しむということでしょう。
農村にとっては、種まきや田植えの準備、茶摘みなど春の農作業を行う時期です。
それぞれの役割と分担があります。
それが交互して成り立っているのが世の中かも知れません。

ただ印章においては、その根幹を担っているのは技術であり、それを支えている職人であるという事を忘れてはなりません。
長い間、印章業界はそこに意識をすることを忘れてきました。
それをパソコン印章やフォント印章に代替させて、それでも良いとしてきました。
技術っぽいことは、それ相応の人に任せて、後は経営、具合が悪くなると政治に意識を置き始めました。
技術は常に意識の外、スローガンとして飾られた言葉の使回しです。
消費者が意識し始めました。
どこにいけば、パソコン印章やフォント印章ではない職人の創作物である「きちんとした印章」を販売しているのだろうか?
そういうお店がドンドンと消えていってます。
その反面、売り方の上手な今時の販売方法を駆使するパソコン印章やフォント印章は市場にて乱売を繰り返されています。
消費者は意識します。
それが、印章か・・・そうなら、いらない・・・。
デジタル印鑑・・・自分でもパソコン上で印影が作れる。
それなら、わざわざ印影まがいの形にしなくともデジタル署名でよい。
それでも、印章業界は技術を意識しないのでしょうか?
今、コロナ禍により常に意識しないことが、ドンドンと噴出してきています。
それへの対応に追われ、根幹を見過ごすと、もう消費者は印章を意識しなくなります。
ネットニュースで、「嘗て印章という社会悪があり、10月1日を印章の日と呼んでいた」というのを見て、少しは意識されるかもしれませんね。
技術は印章業界から分離し、それはそれにて意識して頂ける対象を模索することになるだろうと思いますが、その末裔は消えてなくなることだろうと予言できます。
今のままでは・・・。

posted: 2020年 5月 1日

「パソコン印章やフォント印章から真面目な印章彫刻職人に仕事を取り戻…

眉に闘志おおと五月の橋をくる
【作者】野宮猛夫


非常事態宣言が延長の兆しを見せ始めています。
大変な時期だと暢気者の私ですら思います。
そんな大変な時期に、はんこも大変なことになっており社会悪のような発言も見受けられます。
そんな大変な時だから、少しは黙っていろ!というお言葉も聞かずに、うるさがられ、煙たがられても一生の悔いを残すぐらいなら嫌われても良いと思い、今日も眉に闘志を漲らさして発信いたします。
「ハンコはいらない」とした経団連会長さんの発言は、ある意味正直な発言です。
毎日新聞の「余禄」の文章の江戸期の印鑑の取り扱いについて書かれた『印判の歴史』という書物についての記載がありましたが、同じ著者である石井良助の『はん』(昭和39年初版)という書物には、次のような内容が書かれています。
石井良助さんは、東大の学者でありましたので、印章業界よりの方でもなく、印章や印章文化を残したいということでもなく、ただ学問的に印章を論じておられます。
先生が印章とせずに「はん」とされたのには、理由があります。
日本印章史に残る中世の花押は、書き判や「判」とも呼ばれたサイン(署名)の一形態であり印章ではありませんが、
欧米のサインというのも「はん」の一形態であるとされています。
それを踏まえて、「むすび」に書かれている文章を拾い読みしてみます。
「・・・官庁における判コ行政が今のままでいいということにはならないであろう。・・・判コの数を減らすことは必要である。・・・特殊な事情がない場合には、自署、花押を建前とするのが良いのではなかろうか。・・・印章のように偽造、紛失や盗難の心配もないのである。・・・いずれにしても、署名(花押)と印章との何れかがよいかは、場合を分けて考えるべきで、一がいに論ずることはできないであろう。」
先生の論からすれば、自署も「はん」の一形態であります。
故に、経団連会長の言われるように電子署名でも「はん」の役割は果たすことは可能だと思います。
なぜそこに至ったのかという背景が大切で、もう「はん」の一形態である印章は、不便であるのと同時に、その印影をIDとする必要が感じられなくなったという事ではないでしょうか。
印影をデジタルで作製している。
このことは、社会的周知であります。
本来の印章は、職人の創作の産物であります。
それを誰でも簡単に作製できるようにしたのは、印章業界自身です。
そして、そこに規範を作らず、放置したのも印章業界であります。
技能検定を自らが導入して、自らが手放すこととなりつつあるのが事実であります。
コロナ禍で、リモートワークやリモート会議、リモート授業ができるのはパソコンやスマホ、ネットの普及によるものです。
印章をプリントアウト(作製)するプリンター(機械)はなくとも、だれでも印影をつくることができるようになりました。
ある意味、印章業界のお蔭かも知れませんが、反面、唯一無二でないということが、フォントを使用して誰にでも印影のようなものを作ることが出来るという事が周知であれば、自署のほうが、自署をクラウドに預けた方が、まだましなのであります。
印章は冬の時代に自らの力で入りますと私は断言しました。
既に入っています。
今日のアメブロに次のような予言を書かせて頂きました。
「コロナ禍が収束した後の世界
いや、今からも
生半可な技術は生き残れない
コロナと共に
パソコン印章やフォント印章と共に
死滅していくと予言いたします。
今ある技術の上に
更なる精進をして
新しい境地を目指すもの
のみが
生き残ることだろう」
(きあんおじさんの大予言より)

そして、眉に闘志を漲らせ、おおと次の時代に印章をよみがえらせるために五月の橋をくぐります。
「パソコン印章やフォント印章から真面目な印章彫刻職人に仕事を取り戻すプロジェクト」を進行させていきたいと強く思います。
「大印展」は中止になりましたが、代替案を提案中です。
他の印章技術に関する企画や行事もドンドンと中止を宣言されて行くことと思います。
それ以外でのプロジェクトです。
真面目な職人できちんとした印章を社会に提供していくことを発信して頂ける方のご賛同があれば、簡単です。
それを発信していけば良いのです。
何のパフォーマンスも組み換え予算もいりません。
暇だから、こんな長い文章を書いてと思われる方もおられるかも知れませんが、実はとても忙しくしています。
私を信頼してくれる多くのお客様が私の見方です。
きちんとした真面目な印章職人さんは、皆みなさんそうだと思います。
ほんの少しの時間を取って頂いて、発信してください。
徒党は組みません。
私も職人ですので、群れることは嫌いです。
各自にお任せいたします。
みんなの力を合わせて頑張りましょう!

posted: 2020年 4月 30日

< 1 2 3 4 5 >