継承現場に光あれ!

とどまらぬ水とどまらぬ雲の秋
【作者】若井新一

台風19号の爪跡の報道がテレビから聞こえる朝、いつもの時間帯に印章組合の事務所に着くと、私より早くから大印展の仕事でパソコン画面を睨む技術委員の姿がありました。
出品者、組合理事、審査員、裏方の技術委員・・・みんなの力でできるのが大印展です。
印章もそうです。
彫刻のみでなく、そこへ至る全ての工程が最終の仕上がりを支えます。
職人は、全ての工程から学びます。
ある工程のみを引き出して、云々するのは間違いです。

新年度の技術講習会が始まりました。
私は講師として、印面の修正や補筆をと思い、硯と筆は常に持参しています。
ところが最近の講習会で、筆を持って印面に向かわれる講習生の姿をほとんど見ません。
印稿(印章のデザイン案)をエンピツやサインペンを使い紙に向かっています。
その原稿をパソコン技術を駆使して調整し、コピーしたものを印面に転写して彫刻するとのこと・・・そういうことは、家でこっそりとしてください。
嘗ては、そういうことを講習会ですることを恥としていましたが、今は・・・
彫刻機全盛の時代です。
「時代だから・・・」と言われる方もいましたが、私は時代だから全工程を手で作っていく技を講習会では、伝えねばならないと思います。

第三日曜日は、全国的にも講習会をされている所が多いようです。
広島で講習会をされている印友が、講習会風景の写真をフェイスブックに発信し、次のような文章を記されています。

「今日は技能士会の印章講習会です。朝からハンコのお勉強しております。一人一人がたかい技術で唯一無二の印章を彫ることが印章の価値を担保し、署名捺印の安全性で社会のお役に立っていると自負しています。
そのために日々の精進は欠かせません。若手も頑張ってくれています。」

各地の継承現場を健全化していくことにより、世に一つだけの価値ある印章を印章業者は、お客様のために、ひいては社会の為に作製しているという事を示していけると考えます。
いくら巷で訳の分からぬハンコまがいが出現しても、それを覆いつくすような継承現場であり続けることが我々の業を守る手段であると強く思いました。
そこに嘘や妥協があってはいけません。
強くそう思います。
継承現場に光あれ!

posted: 2019年 10月 21日

10月は技術講習会の新年度です。

屋根草も実となる秋となりにけり
【作者】巌谷小波

明日は、昭和28年から続く大阪府印章業協同組合技術講習会の新年度です。
第67期ということになります。
大阪の印章組合が連合会となり技術委員長の堤箔堂さんが創設したのが技術講習会でありました。
東京の技術に対しての大阪の遅れを最大の課題として出発したと聞いております。
今は亡き二葉一成先生や二階堂五雲先生によくお聞きしていたのは、誤字や俗篆が平気で使用されていた。
自店の親父の文字を一番と考え、字書で文字を確かめることなく彫刻する。
それを是正する事を旨とした講習であったようです。


現在は、はんこ屋さん用のパソコンフォントを字書と同様に考え、間違っていても気にせずに彫刻してしまう。
そうなると、文字の立ち位置、レイアウトなどあったもんではありません。
少しは違っても、根本は今も同様なような気もします。
しかし、意義の再確認はしなければなりません。
大阪の技術講習会の在り方も当時とは、随分と変化してきています。
私が講習生として参加し始めた27年前と比較しても変わっています。
まずは、大阪の組合員やその御子弟、従業員の講習生が激減したということ。
当時から、近畿圏内の方はチラホラと来られていましたが、今や西日本や東海からの他県の講習生の方が多くなってきています。
来年の技能検定も実は、大阪会場は同じ状況です。
役割や意義が少しずつ変わってきています。
再度整理し直す必要が私はあると思います。
また、他県の講習生を受け入れ、組合員でない一般のはんこ屋さんに向けても門戸を開いているということは、公益事業だと私は思います。
公益ということの大きな意味は、現場における継承を第一に考え、それを公のために還元していくということではないかと思います。
技能検定が実施できなくなっている都道府県を見てみますと、技術がスローガン倒れしていて、技術講習会が空洞化しているところが多いように感じます。
そこへの援助が必要だと思います。
印章業界の土台は技術です。
技術が軽んじられ、継承現場への援助もなく、土台を知らない又見ようとしない人達が机の上で決められた在り方が公益ではないと強く警告致します。
土台である技術が崩壊するという事は、印章業界が消滅することに繋がるのは明白であります。
どうか、継承現場に光を!
熱心に来られる講習生のニーズを受け止めるために、朝一番に大印会館の鍵を開ける仕事が当面続きそうです。
明日も頑張ろっと・・・。
※嘗ての講習会風景の写真は大印展の40回と50回記念誌からです。

posted: 2019年 10月 19日

意義の再確認

やゝ寒く人に心を読まれたる
【作者】山内山彦

ついこの前まで、半袖シャツでウロウロしていたのに、朝夕の冷え込みさえ感じる今日この頃となりました。
ついつい忙しく、朝のご挨拶もほどほどにしてきました。
仕事のみならず、いろんな事をしなければならずにいました。
今年60のおじいさんという童謡がありましたが、おじいさんになれたと思っていたら、人生100年時代と言われるようになり、いつになればおじいさんになれるのだろうと少し不安になります。

大印展、技能検定、技術講習会・・・ハンコ屋さん組合の技術分野のことだけですが・・・そういうことを下支えする人がいなくなりつつあります。
大阪だけでなく、全国的にそうです。
今まで当たり前のようにできていたイベント、行事が出来なくなりつつあります。
技能検定だけを取り出してみてみても、昭和45年に技能検定制度に印章組合が参画するようになり、技能の向上や印章技術の社会的位置を発信するという大きな役割を発揮してきました。
それも、多くの下支えをする先輩たちのお蔭です。
今や、その技能検定を行えない都道府県が多くなりつつあります。
受検者の減少とともに、それを企画運営し実施できる力量が業界自身に無くなってきたと私は思います。
それと同時に、その意義の忘失も大いに関与していると推察します。
印章業界にとって技能検定とは?
・・・・・
印章業界にとっての技術講習会とは?
印章業界にとっての大印展とは?
印章業界にとっての技術とは?

個人にとってのという思考は、とてつもなく大切にされる時代ですが、何か根本的な事が消滅しているように感じる秋最中です。

posted: 2019年 10月 18日

3枚のお皿

時間が経つにつれて、今回の台風の被害が大きくなってきていることに驚いています。
大阪は、きつい雨風くらいの程度でした。
もっと西の方は3連休を楽しんでおられる方もおられました。
日本列島の長さを感じます。
被害に遭われた方には、心よりお見舞い申し上げます。

連続テレビ小説「スカーレット」が三週目に入りました。
今朝の放送を見ていない人ごめんなさい。
少しだけ立ち入らせて頂きます。
信楽から大阪に出てきた喜美ちゃん、元女中の大久保さんに「女中」としての資質を確かめられます。
・・・ここに3枚のお皿があります。
一つは、家族の為に磨きます。
二つ目は、仕事として磨きます。
3つ目は、心を込めて磨きます。
さあ、どれが一番きれいに磨けたでしょうか?
・・・・
喜美ちゃんは、三番目を指差しますと、
答えは、どれも同じと言われます。
さらに、誰がしても同じだと言われます。
それが「女中」の仕事だと言われます。
「あんたには、できないから信楽へかえり」・・・

誰のせいかは知りませんが、印章の価値がドンドンと低下しています。
誰によりかは知りませんが、誰がしても同じ仕事、同じ商品に成り下がっています。
印章彫刻という仕事の社会的な地位は向上したのでしょうか?
いつより・・・
上がったのか
下がったのか
印章の価値は?

流通の在り方が大きく変化してきています。
それは、そうだと思います。
デパート、百貨店という在り方が問われ
スーパーにおいても・・・
ネット通販が羽振りのよい状態

固定観念がまた破られました。
小さな店である当店で、QRコード読み取り型のスマホ決済により実印と銀行印を購入されました。
2件目です。
大きなところならば、当然でしょうが・・・
当店のように小さな印章店で・・・

印章の価値がドンドンと低下している中、それでも「きちんとした印章」を求めて、当店に来て頂けることにプライドを持ち、お客様のステータスをあげていくためにも、もう少し頑張ります。
逃げ出す事は容易い、自分勝手に生きる事は楽でしょうが、
元女中の大久保さんも、自らの女中という仕事にプライドがあるからこそ、喜美ちゃんに意見できるのだろうと思います。
三つの気持ちを一つにして、
家族の為、仕事として、心を込めて
が大切かなと思います。

posted: 2019年 10月 15日

固定観念を脱して、何事も挑戦!

昨夜、19時閉店後に嫁と腹ごしらえをして、リフォーム後のマンションの窓に防災フィルムを貼りまくりました。
最初は、慣れていないので上手くいかずに、新聞紙が付着したり、空気が上手くぬけなかったりで、悪戦苦闘・・・最後の方になると、上手にとまではいかないですが、スピーディーに見栄えよくできました。
2時間半くらいかかり、クタクタになりました。
不慣れなことでも、何かと挑戦していかないと生きていけないのが渡る世間ですね。

昨日、スマホでバーコードを読み取る決済方法で、実印を購入される方がおられました。
リピーターのお客様です。
娘さんの実印をご購入されました。
固定観念がありました。
息子は、スマホがお財布だと言っています。
若い人が少額のものを購入されるのだと思い込んでいました。
まあスマホで購入されても、既製の認印や朱肉、ゴム印くらいだろうと、思い込んでいました。
時代はドンドンと変わり、変えてはいけないものを作製販売しておりますが、固定観念を持ち事象にあたってはいけないなぁ~と、自らのお客様がご購入しやすい環境づくりも大切だなと考え直しました。
・・・現金なものですね。!(^^)!
ただ、みんな必要だとした強要はよくない、人にはそれぞれのやり方があるのだから。
現金商売のみで、きちんとされている方もおられるのだから・・・。

posted: 2019年 10月 11日

第67回大印展の審査が終了しました

窓あけば家よろこびぬ秋の雲
【作者】小澤 實

連休中は、大印展の審査会とその実務に追われていました。
皆さまのご協力を持ちまして、審査が無事に終了しました。
審査時には、近畿経済産業局より担当官様のご臨席を賜りまして誠に有難うございました。
少しというより、先週からの連続となりますので、かなり疲れました。

今朝、お店を開けて新しい週の風を入れました。
お店が喜んでいるように感じました。
お客様のお仕事が重なり、月末まで大変ですが、より良い質の高い仕事を目指して頑張ります!

posted: 2019年 9月 24日

秋の表側

紙袋たたまれ秋の表側
【作者】上田睦子

今朝の大阪は、随分涼しく秋めいてきています。
借り暮らしの住まいには、半袖しか持参していずに、後残すところの10日間を心配しております。
明日は、大印展の審査会です。
私にとって、大印展は「たたまれた紙袋」のように清楚できちんとしたものです。
審査員になる前から、その運営のお手伝いをしていた若いころから、審査会はきちんとするもの、身だしなみもきちんと背広にネクタイと先輩諸氏から叩き込まれました。
今では、審査員の方ですら普段着で審査をされているのを見て、時代と大印展のあり方の変化を感じますが、それでも私はきちんと背広で臨みます。
作品を出品するために、多くの時間と労力を費やしたことへの敬意を示さなければなりません。
それと、今は社会人の二人の子どもの運動会に行けなかった事に対しても、悔いなき思いで臨んでいるその姿勢を示さなければなりません。
だから、私は背広で審査会に行きます。
秋の表側は大切にしたいことでいっぱいです。

posted: 2019年 9月 21日

< 1 2 3 4 5 >