向日葵に祈る

向日葵の ひらきしままの 雨期にあり

たまたまの 日も向日葵の 失へる

【作者】中村汀女(なかむら ていじょ)


大雨に友らの顔を思い浮かべて心配しています。
昨日、家内が向日葵を買ってきてくれました。
お日様のようにお店に輝いています。
大雨を想い、テルテル坊主のように災害無き事を向日葵に祈っています。

 

 

 

向日葵でもう一句・・・
向日葵が すきで狂ひて 死にし画家
【作者】高浜虚子(たかはま きょし)

向日葵に強い愛着を持っていた画家というと、誰もがフィンセント・ファン・ゴッホ(1853年~1890年)であると思い浮かべる事が出来ると思います。
それだけ、現在では評価の高い画家です。
しかし、生前に売れた絵は『赤い葡萄畑』の1枚のみだったと言われています。
彼の生涯は多くの伝記や、映画『炎の人ゴッホ』にもなっている。
しかし、いくら後世で「情熱的な画家」、「狂気の天才」といったイメージをもって語られるようになり、そのとりわけ晩年の作品が高い評価を得たとしても、生きている間に、自らの作品や生き方が評価されなかったという悔しい想いは、彼を死に向かわせたことだと、同じモノづくりの人として推察いたします。

技術力がある、良い印章だと黙っていても評価され、作品より名が先行して売れていた時代には、社会的な印章の価値が当然のようにありました。
今は、その価値の低下を止める手段を見失ってしまっています。
はんこ屋職人を名乗っていて、生涯に1本の印章しか売れなければ、おそらく今の人は転業されると思います。
すきで狂いて・・・というくらいの想いは、自己の中にあるでしょうか?
篆刻を高松で勉強していた時に、今は亡き関西篆刻界のトップの方が指導に来ておられました。
その折に私におっしゃられた言葉を今でも鮮明に覚えています。
「いいか、三田村君。篆刻の世界は地獄やで。」と・・・。

posted: 2019年 7月 4日

お香を焚く

今にも大きく泣き出しそうな空を見上げながらの休日出勤となりました。
6月最後の日曜日にシャッター半分にして仕事量の調整をさせて頂いております。
その後、激しい雨の後、晴れ間がさしていました。
ヘンテコなお天気ですが、蒸し暑いです。


ここ3日間くらいお香が切れて焚くことが出来ませんでした。
家内が昨夜に買ってきてくれました。(ありがとう!)
お香を焚いていると、心が静まりますとおっしゃってくださるお客様もおられます。
それだけでなく、自分自身も毎日のお香を焚き、それを感じるという一連の所作に喜びを感じられるようになります。
お香のみでなく周りの空気に感謝し、今日みたいな日には、水分の含み香を感じられることも出来ます。
日々続けることが大切ですね。
今日も仕事に感謝して、精魂を傾けたいと思います。

posted: 2019年 6月 30日

6月の綺麗な風

六月を奇麗な風の吹くことよ
【作者】正岡子規

今日は大安吉日。
ここのところ、随分と印章業界の問題指摘ばかりしているような気がします。
良き日には、少しでも前向きになれる話もしたいと思います。
以前にも紹介させていただいた『2019 中印連 競技大会』の締め切りの7月10日(消印有効)が迫ってきています。


大印技術講習会でも多くの方が出品意欲を持ち取り組んでいます。
PC彫刻機の使用を可としたことにより、裾野は広がっているようです。
しかしPC彫刻機をフォント使用のみで出品したのでは、意味がありません。
何ら勉強にならずに、出品するだけで終わってしまいます。
大印技術講習会の、とりわけ基本科の講習生は何度も何度も印稿(はんこのデザイン)を書いては、指摘を受け、書き直しを繰り返しています。
PC彫刻機で彫り、手仕上げするのですから、本当に文字の選択やレイアウトが重要になって来ます。
それを繰り返している内に、文字の上がり下がりや左右への一方的な寄り、文字の大小、偏と旁のバランスの理解が少しずつ深まっていきます。
最初に書かれたものと比較すると大きな差ができ、良くなったという事が自覚出来ます。
そして、何より一番大切なことは、その課題の文字においてだけではなく、どんなお名前でも、どのような課題でも次にも繋がるようになるということです。
自らの頭で考え、何故そうなっているのかを指摘して直すようにすることが大切です。
名人上手な人の印稿を手に入れて、それを彫刻しても、それで何かの賞をもらえたとしても、次には繋がらない、別の課題になると、また人の知恵を貰わないとできない・・・それの繰り返しになります。

何度も自分の頭で考え、先輩先生の意見を伺い、やり直して良きモノをつくる。
専門性を持つという事は、そういう事の積み重ねではないでしょうか。
嘗ての印章業界には、自らが彫刻しない経営者でも専門性をもっていた方が多くおられました。
あっ!また問題指摘になりそうなので、これは言及せずに置きます。

きちんとした印章を販売するという事は、必ずしも手彫りであるとか、名人名工の作品、高級印章というのではなく、この専門性を培うこと、さらには専門的技術を高めていくことにあると私は思います。
ガンバレ!中印連技術大会出品者のみなさん。
みなさんの周りに6月の綺麗な風が吹きますように。

posted: 2019年 6月 21日

近連京都大会

15日の土曜日は、近畿のハンコ屋の大会で京都に行ってきました。
いろいろな人といろいろなお話が出来て、楽しかったです。
挨拶のスピーチから・・・
デジタル化が進行している昨今ですが、パソコンやスマホを持っていない方や持っていてもメールを使えないとか、ネット弱者と呼ばれる人も多くおられます。
また、それどころか水道代が払えない水道局にお勤めの方もおられるというお話を聞きました。(ほんとかな?)
そういう方も含めて国民に平等に使用して頂けるのは、印章だということらしいです。
だから印章は残るし残さねばならない。
しかしながら高級手彫り印章は、水道代を払えない人には購入できない。
もっと簡単に手元にすぐ届くハンコ普及しないとだめですという事らしい。
こんなお声もありました。
みなさん、どう思いますか?

印章は、すべての国民の前に平等であり、どなたでも捺印使用できるというところまでは大賛成ですが、その後の結論が、印章という商品の本質を失いかねないお話で、商品を平均化させるお話には少し疑問を抱きました。
手間暇かけて製作した印章は、高級であろうとなかろうと、その手間賃はある程度のものになります。
それを水道代が払えない人に提供するのは、印章業者の責任ではなく、国の責任だと私は思いました。
ボランティア的商売をして、水道代を払えない人に手間暇かけたきちんとした印章を提供していると、印章業者が水道代を払えなくなってしまいます。

京都は「京印章」という歴史的な看板を掲げて商売をされています。
お土産に「京印章物語」というコミックを頂きました。
有難うございました。

翌日曜日は、大印技術講習会に少し二日酔いの体にムチ打ち朝早くから鍵を開けに行きました。
疲れた二日間でしたが、帰宅すると長男から「父の日のプレゼント」で、鰻を送ってくれていました。
ありがとうね!

posted: 2019年 6月 17日

読書欲

読書欲が頭を擡げ始めて、抑えることが出来なくなり、昨日、最終のお客様に完成デザインをご提案させて頂いてから、近くの本屋さんで目星をつけていた2冊の本を購入しました。
よく嫁に、「あなたの本は、マイナーなので高過ぎる!」と怒られます。

民藝とデザイン・・・頑張って読みます。

明日は、近畿のはんこ屋さんの大会で、京都に行きます。
この会の理事のお役目が解任されます。
フ~っ・・・気持ちが楽になります。
いろいろ提案しましたが、何もできませんでした。(力なしで、ごめんなさい。)
でも、一つだけ実現できました。
ゴム印彫刻技術講習会の開催です。
これは、来年の技能検定実施まで続きます。
それについては、理事職を降りますが、責任をもって運営していきたいと思います。

技能検定は、この会の実施ではなく、各都道府県組合が該当職能より委託されて運営・実施するものです。
よって、大阪もその担当は、是非理事職から出してしただきたいものです。
そうしないと、技能検定が組合運営に反映されません。
担当補助はさせて頂きます。
読書もしないとなりませんので・・・よろしくお願いします。

posted: 2019年 6月 14日

ゴム印彫刻技術講習会が盛況です。

昨日は、近畿印章業連盟主催の「ゴム印彫刻技術講習会」でした。


欠席者なしの全員出席で、大印会館5階は、講師の先生方も含めると22名の有志が来年の技能検定に向けて学んでいました。
近畿圏内は勿論、東海、岡山、九州、北海道からの受講生もいます。
先生方も非常に熱心に教えて下さいまして、有難うございます。
ゴム刀の研磨や仕上げの技法、小切手用判下作成と転写・・・と盛りだくさんの内容でした。
驚くことに、ほとんどの人が1級を目指されていると昨日知りました。

厚生労働省の技能検定ご担当の方々
中央と地方の職業能力開発協会のご担当の方々
公益社団法人全日本印章業協会の役員の方々
近畿印章業連盟の理事のみなさま
大阪府印章業協同組合の理事のみなさま

どうか継承現場での奮闘を一度でよいので見学に来てくださいませ
心よりお願い申し上げます。

ちなみに、次の開催は8月11日(日)です。

継承現場から三田村がお伝えしました。

posted: 2019年 6月 10日

連続テレビ小説『なつぞら』は面白いよ!

今日の連続テレビ小説「なつぞら」は良かった。
十勝から東京に舞台が移り、視聴率が悪くなったとか、いろんな揶揄が聞こえてきますが、大河ドラマよりよっぽど本も良いし、面白い。
東京でのアニメ制作の話になってから、益々面白くなったと私は思います。

アニメというより漫画映画で育った私には、「なつぞら」で進行中の「白蛇姫」(実際は「白蛇伝」)の絵が懐かしく、その後、東映漫画まつりの走りになった「わんわん忠臣蔵」「太陽の王子 ホルスの大冒険」を、その後のテレビで見た思い出が残っています。

なつ(広瀬すず)はついに東洋動画に入社。
今日は、女性アニメーターの麻子(貫地谷しほり)から疎まれ、先輩の下山(川島明)から、アニメとアニメーターの麻子について語るシーンが、モノづくりの原点であると思いました。
アニメーションとは、ラテン語で魂を意味するアニマという言葉を語源としていて、生命のない動かないものに命を与えて動かすことを言うと教えられる。
そして魂を入れるのだから、アニメーターの麻子や作画をする人達は、真剣そのもので毎日どのように表現したらよいかを悩んでいるので、麻子も怖く思えるのかもしれないと諭される。

毎日の手慣れた仕事に埋没するのではなく、印章は動かせないけれども魂を吹き込むという点ではアニメと同じだと思います。
お客様のお名前が一人ひとり違い、日々の仕事も文字を彫るということだけでなく、その人の信を示す意思表示を彫刻させて頂いていると思うと、そのお名前を決まった丸のなかにどのようにレイアウトしたら、その人なりを表現できるかというところを悩み苦闘し、文字と闘い、文字に相談し、先人の印例を調べて、仕事をする。
そうすると、苦しいときもあるが、毎日が生きがいを持ち仕事ができます。
そのことにより、最終的には魂が吹き込まれます。
そして、そのことを精魂込めた仕事と言います。

今日も悩み苦しみ、且つ楽しく仕事をさせて頂きます。

posted: 2019年 6月 5日

< 1 2 3 4 5 >