冬眠する力

冬薔薇に開かぬ力ありしなり
【作者】青柳志解樹

私のブログに、印章の明るい未来を祈念して激励のコメントをくださった方の文章に、今日対面させて頂きました。
この場をお借りして、改めてお礼申し上げます。
印章業者の仮面をつけて、印章の価値をドンドンと低下させたアウトロー達が、印章業界の代表のような顔をして闊歩しておりますが、印章業を支えてきたのは、名も無き唯一無二を守ってきた職人であり、それを大切にしてくれた先人の商売人でありました。
年が改まってからの文章に時折、印章は冬眠の時代を迎えたと書いています。
それは、景気が悪くなった(自分で自分の首を絞めたとも言えます)印章業界であるということでもありますが、印章がその持てる力により、シャッターを閉め始めたという見方もできるのではないでしょうか。
これ以上、私の価値を下げることを止めてくれという悲痛なる叫びと共に。

時代は、どんどん変化していきます。
それとともに暮らし方も変化して、人の意識も変わってきます。
以前のテレビCMでは、みそ汁を作美しい女優さんの姿が映し出されていましたが、昨今ではご飯を作る夫とみられる男性の横で妻である女性がニッコリと笑っている。
男性女性の在り方も大きく変わってきています。
印章業界では、依然と男性実印と女性実印に区別され販売されています。
ネットの大きなショップでも、そのサイズを男性は大きく、女性は小さくしています。
男性用サイズ、18ミリ丸という怪物のような大きなサイズを勧めているところもあります。
技術力ではなく、素材サイズを大きくして少しでも利益をとされているのでしょうか?
昨日のニュースで紙の通帳からデジタルに変えると、千円をプレゼントという銀行が出てきています。
銀行印という名称も、何か最近の現状に合わなくなってきているようにさえ思われてなりません。
どういうところで、印章はニーズがあるのかを、整理して、こういう使い方がありますよと提案できる業界であるべきです。
また、その基底の技術の継承現場を大切にする業界であるべきです。
残念ながら、そうではありません。
静まり返っているのが現状、それどころでないとする姿勢を示すのが現状・・・
印章自身はそれを拒否して閉じようとしている。
まるで、戦国時代の花押(書き判)の全盛期に冬眠していた印章のように・・・
巻頭の冬薔薇は、咲かなかったのではなく、開かぬ力を有していたのです。

posted: 2020年 1月 22日

トライアルの空気

母情より父情がかなし大試験
【作者】田島 澪

大試験は春の季語ですが、私の心情に近いものを感じる句です。

ゴム印彫刻作業の技能検定は、実技試験を各都道府県単位で実施されます。
学科は全国統一の2月2日ですが、実技試験は早いところでは、もうすでに終わった所もあります。
大阪は、26日の実施です。
この連休の日曜日は、トライアルでした。
トライアルとは、本番の試験同様に行うものです。
今まで、作業を仕事や家事で通しで出来ていなかった受検者が、通しでしてみて、作業の時間配分などを考えるために行われます。
実施会場には、時折のぞきに行っていたのですが、会場のドアを開ける音も気を使うようなシーンとした緊張感が漂う空間となっています。
スマホを家に忘れましたので、その風景は残すことはできませんでしたし、たとえパチリと写真技術のない私が写せたとしても、その空気感はとらえることが出来なかったと思います。

技術、技術とか・・・
技能検定が危ないと会議の席上や紙の上で述べられている幹部の方にこそ、見て頂きたいトライアルだったと思いました。
組合幹部の方へのお願い・・・
技術が大切で、それが伝統や印章文化の立脚点とお考えならば、是非とも身近なトライアルを見学に、また技能検定会場に許可を事前にとり、見学されることを切にお願い申し上げます。

あれやこれやと受験生のお世話をして身近で力となるのが、受験生の母親です。
父親は、あたふたと見守るだけの悲しさがあります。
見守るぐらいはして頂かないと、その心情は理解できないと思います。

posted: 2020年 1月 14日

風邪が流行っている風の強い日

今ここで死んでたまるか七日くる
【作者】山本有三

山本有三のように、死をさまようような高熱ではありませんでしたが、正月後半から体調を崩して、中途半端な風邪ひき状態がダラダラと続いています。
次の日曜日には、ゴム印彫刻技能検定のトライアル、その翌週は技術講習会、そして26日には技能検定本番が控えています。
私は、全てにおいて裏方仕事なのですが、早く風邪を治さないと迷惑を変えると、半分「死んでたまるか」という心境です。
今日は、七種(ななくさ)です。
山本有三は、11日までは生き延びたとのことです。

昨年届いた業界誌1月号の年間行事として、相変わらず大印展は無視されていますが、フト・・・10月の行事を見ると、全印協「技術検定」の受検申請云々とあります。
これも、「聞いてないよ!」と声を上げました。
今年の10月は、全印協全国大会が仙台であり、大印展準備の真っ最中・・・
思わず、どうするの???と腐りかけました。
思い直して考えると、今回でゴム印彫刻作業は廃止となりますが、木口作業の技能検定が統廃合の検討会の議題に上がり、まもなく討議されようとしています。
それに対して、業界の取り組み方の本気度を示していく為かなとも、或いは業界人の低い技能検定に対する意識の向上を求めての事かと、考えを改めました。
しかし、どうする・・・「腐ってたまるか」「死んでたまるか」というきもちはありつつ・・・どうするの?対応できるの?とパイの小さくなった業界を見回すのみかな・・・。

写真は、それとは反対の雄大な風景。
何があってもびくともしません。
しかし内部より噴火すれば、どうなるのかな・・・。
写真提供は、昨年暮れに帰阪途中に思わずパチリの長男より。

はよ風邪治そっと!

posted: 2020年 1月 8日

プロデュースの意味とは・・・

たくさんのお休みを頂きましたが、後半風邪をひき、少々体調不良の仕事初めとなりました。
お正月に、二人の息子はバラバラに帰阪してきました。
二日に、家内と長男と三人で京都へ行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

八坂神社から清水へ、八坂の塔を目の前にしたお店に入りました。
一番奥にあるTシャツの前に来ると、お店のオリジナルの様で、印が捺されていて素敵だなと見ていると、誤字を発見、よせばいいのに、「あっ!間違っている。」と声に出してしまいました。
大印展の審査員をしていると、まず間違いに目が行きます。
いくらきれいに彫ってあっても、綺麗な線が出ていても、文字が間違っていたのでは、全てが台無しになります。
一般の方には、可読性のない篆書体ですが、これが楷書や可読性が高い書体なら、どういうイメージを与えるでしょうか。

「間違っている!」と声を出してしまったので、近くにいた店員さんが「どうされましたか?」と聞いてきたので、逃げようと思ったら、家内が「うちの主人はハンコ屋さんですので、この印の文字が分かり、間違っているみたいです。」と説明してしまいました。
ずいぶん前なのですが、家の近くのお蕎麦屋さんのロゴマークが篆書体風で、誤字に近いと、ご丁寧にも説明してしまいました。
奥から店主が出てきて嫌そうな顔をされ、次からその蕎麦屋に行きにくくなったという過去がありました。

その店員さんには、一応この文字は、別な文字になってしまいますと説明しましたら、上司のような方に話されていました。
今日、店で業界団体からの字書を見てみますと、正解の文字の隣に、誤認されたであろう文字がありました。
そう、一行見誤れたのだと思います。
フォント文字ではないようです。
京都の知り合いの職人さんだったらどうしよう・・・。

その後、そのお店の商品を見て回ったのですが、何か少し色あせて見えてしまいます。
本物や伝統を謳っておられるのですが、それも嘘くさく玩具のように感じました。
そのお店をプロデュースしたのは、めちゃくちゃ有名なデザイナ―です。
多くの著書を出されて、何冊かは私も読んでいて、考え方には大いに共鳴するところがありますが・・・そして、プロデュースの力は凄い影響力を持っています。
本物をプロデュースするのは、本物を知らないと難しいが、お金儲けは別世界かなとも感じました。

Tシャツの印は、4個であったと記憶しています。
そして、印は全て小篆風でした。
生意気にもご助言指をさせて頂くと、京都には京印章というカテゴリーがあり、印篆で文字構成をすると、更に京都らしさと風格が出るかなと思います。
どこかで手を抜くと、折角のプロデュースがおじゃんになるので、気を付けたいものですね。

posted: 2020年 1月 6日

この一年

ただひとり風の音聞く大晦日
【作者】渥美 清

狂言師が来りて、狂言のような日本経済の大納会でしたね。
花がある物に人は踊らされてしまうものです。
技術の根幹は、己一人です。
先人や先生、諸先輩に教えて頂いたり、仲間やライバルに影響されることはありますが、技術に向かい合うのは、みんなで向き合いのではなく、己ひとりの孤独な修業であり、自分との闘いです。

以前にもご紹介致しました山口誓子の句に次のような作品があります。

学問の さびしさに堪え 炭をつぐ

学問も芸術もモノを創るということは、向き合う対象は、最終的には自分自身だと思います。
それを強く意識できた一年であったように思います。
印章業界に足を突っ込んでから、技術ということを重んじない商売姿勢が横行する業界だなとつくづく思い知らされてきました。
技術と商売が意識的に切り離され分断され、技術で完成するはずの商品が、誰にでもできるような玩具化されると、本当の技術への攻撃が始まりました。
その過程を長く見て来て、この間(はざま)に埋没すると自分が見えなくなると、この一年に学びを得、多くの気づきを頂きました。
おそらく来年も印章業界はこのまま突き進むだろうと推測いたします。
その風を感じながら、自分の意志を強く持ち、風を切り祓い乍ら突き進んでいきたいと思います。

この一年、拙い私の文章を読んでいただき、誠に有難うございました。
来る年も、技術を研鑽し、きちんとした印章とその役割、印章から学んだ事を皆様にお伝えしていきたいと強く思っています。
ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

posted: 2019年 12月 31日

焚火

ひねもすを御用納めの大焚火
【作者】今井つる女

今時、大焚火どころか小さな焚火をしても怒られる世情です。
子供の頃の実家は、船場の糸へん景気を頂いていた印刷物裁断加工の町工場でした。
30日までフル回転の仕事をして、大晦日に一家総出で大掃除をします。
家の前の道は、既に車は通りません。
その道の真ん中に、祖父が一斗缶を持ち出して、大掃除で出たゴミ類を焼きます。
機械を拭いたボロ布には、たっぷりと機械油が染み込んでいます。
その布を入れると、すごい勢いで炎が揺らぎます。
近所の人も、燃やしといてとほり入れていきます。
今でも目に焼き付いている、子供の頃の大晦日の風景です。

三田村印章店は、今日が仕事納めです。
明日は大掃除。
新年は、6日より営業を致します。
来年は、年明けよりゴム印彫刻の技能検定準備等で忙しくなるのと同時に、仕事も新しい企画に向けて走り出します。

posted: 2019年 12月 27日

売文の 筆買ひに行く 師走かな
【作者】永井荷風


先日のお休みに、久々に書道具屋さんに行きました。
売文(小説家)ではありませんが、一応はんこ職人です。
この頃の売文も、パソコンで仕事をされますが、はんこ職人も同様らしい・・・。
嘗て、お得意先のご好意で、今は有名になりましたコミケに落款印の実演販売に出かけていた時がありました。
お得意先は、画材関連のお仕事で、最初の頃は、コミックを手で書く道具がやたらと売れていました。
ペン先、ロットリングペン、彩色用のマジック、インク・・・
それらが、段々と売れなくなる代わりに、パソコンでコミックが描けるソフトが飛ぶように売れていくようになりました。
手ではないですが、スクリーントーンなどもパソコンでできるようになると、全く売れなくなったようです。
はんこ職人も作品作りは別として、お店ではパソコンフォントを使い、仕事をされている方が多くなっています。
筆がいらなくなってきているようです。
パソコンはキーボードを打つために、指先は使うかもしれませんが、形を司る感覚とは違う頭と連動しています。
筆は、その特質から書体を表現するのに利用する頭脳と手が繋がる感覚を身に着けさせてくれます。
それを忘れると、きっと大変なことになるだろうなぁ~。
自分は、そうはなりたくないし、手と連動できる筆を大切にしていこうと思います。
パソコンは便利なようですが、感覚や感性という世界から、人の表現を切り裂いていく道具でもあるような気がします。
昨日、『楽篆』という篆刻の専門誌が届きました。
その中で、故河野隆先生の初世中村蘭台の印を解説する文章がありました。
掲載すると、著作権上問題がありますので、ここでは控えますが、篆書の特質を知るためには、筆で書く力が第一に求められるとしておられます。
勉強になりました。
有難うございます。
パソコンは、手を抜くことができます。
それは、手の退化を意味しています。
手抜きで良いモノが継承されることは、ありません。
身に染みて思います。
故河野先生に合掌。

posted: 2019年 12月 25日

1 2 3 4 5 >