「印章の日」啓発ポスターから考える

七月のなにも落さぬ谷時間
【作者】秋元不死男

先輩を見習ってスマホの予定表を使うようにしています。
行動記録としても残り、昨年の今頃は何をしていたかを見ることが出来ます。
1月と2月に何をしていたかと家内に問われ、スマホの予定表を見てみました。
ゴム印彫刻の技能検定で忙しかったのを思い出しました。
その後、3月、4月、5月と予定表には何も記されてはいませんでした。
あっという間の、コロナ騒動での半年間であったように思います。
何もしなければ、半年を棒に振ったことになるでしょう。
コロナだから、ステイホームだから、行事をせずに代替を見つけることに終始すれば、それで終わりのように思います。
今までやってきたことを、どう工夫して前に進めるかとか・・・
商売において、減収減益が続く中で、本質を歪めないようにwithコロナ社会をコロナ後の社会とどう取り組むかを考えてきた人には、有効な期間であったことと思います。
コロナは、今まで蓋をされて誤魔化してきたことを全てさらけ出したように、ここ数日、それを感じざるを得ない話や事象を目や耳にしました。
大事なことは、常に本質を見つめ続ける事かなと考えるようになりました。

写真は、10月1日の印章の日の啓発ポスターです。
言いたいことは、凄く真っ当な事だと思います。
しかし、消費者を脅しているようにも感じます。
印章の価値が低下したのは、私は消費者の責任ではないと思います。
コロナで浮き彫りになったことは、一つだと思います。
リモートワークの障壁となったオモチャのようないい加減な印章とその在り方だと思います。
リモートワーク中でもしっかりと意思表示をしなければならない時に、回数を減らして、その時を熟考して会社に赴き、会社を代表して想いを込めて捺印できることの価値を感じられる「きちんとした印章」を印章業界は世に輩出してきたのか、それ相応の努力をしてきたのか、継承現場を重んじて、技術を大切にしてきたのか・・・
そのことが、問われた唯一の事だと私は感じています。

ポスターが字だらけというのは工夫がなく、このことは公益組織としてマスコミや様々な発信経路を使い、もっと早く世に出して頂きたかったと思います。
字だらけのポスターは誰も読まないと思いますが、9月くらいに掲示すれば、さらに効果が落ちると思い、今日から店頭に貼らせていただきます。

posted: 2020年 7月 2日

令和印章修錬会

昨日は午前中に仕事をさせて頂いて、午後から印章組合の事務所に向かいました。
久しぶりに事務所の扉を開けると、技術委員が懸命に事務作業に汗を流していました。
それから、20時近くまで作業を続けながら、漸く「令和印章修錬会」作品応募要綱が出来上がりました。
大印展が中止になり、その代替事業としての技術研鑽の発表の場を設けようとして、withコロナ社会に於ける、技術展覧会の在り方を模索し続けてきたことが、形になり始めました。
三密を作らないで運営していく、審査を集まって実施しない、表彰式も懇親会も行わない、そういうこれからの社会の技術継承事業になるかも知れません。
そして何よりも嬉しかったのは、久しぶりに集まった技術委員がみなさん元気でいたことです。
朝早くから夜遅くまで、みなさん本当にご苦労様でした。

日本社会が、人口が増加していき、大量生産大量消費の時代から人口の減少に伴い、様々な弊害が表に出始めている時に、このコロナは突如として我々に様々な啓示を与えてくれました。
伝統工芸や伝統技術の産業が衰退していくのと同時に、その技術の担い手が減少していき、知らないうちに消滅していく技術の数が増え、その影響は計り知れないところにまで来ています。
また、同業組合の組織率の低下からその業自身の在り方が問われている時代でもあります。
このコロナで、大学の講義に潜らせて頂いた時に、お聞きした話では、人口が減少する社会を英語では、シュリンキング・ソサエティといいます。
これに「縮退社会」という訳語が当てられます。
人口増加の社会では、進歩や繁栄という言葉が用いられます。
先の万国博覧会のテーマは、「人類の進歩と調和」であったように記憶しています。
そういう社会は、もう終わりを告げたんだという自覚なしに、社会が物事を今まで通りに進めようと試みても、今まで通りにはできない社会がそうであると思います。
量的な利益、量的な期待、量的な規模、量的な豊かさ・・・
大学の先生は、「濃縮社会」「凝縮社会」に切り替えていくことが大切だとおっしゃっていました。
小さくなった社会が、何もしないで濃縮な状態には、ならないと思います。
今まで通りなら、ただ単に数が減っただけ、もっと悪くとるなら、質も低下していく社会となるのではと思います。
濃縮されない社会、技術が途切れ、嘘偽りのモノが溢れ、それを真実と思わせる新たな技術が開発はされるが、その繰り返しの輪のなかに溺れ行く社会・・・そうならないために、小さくなったことを意識して、質を高めていける在り方を見つけ出す社会、それが私は求められていると、この間の大印展の代替事業を模索しながら考えました。
これからも動きながら、職人は手を動かしながら、考え続けないといけないと強く思います。

posted: 2020年 6月 29日

和裁士さんの声

今私は、コロナ影響で、呉服業界の復活を待っていては生活が出来ないので離れることを決意し、アルバイト生活をすることにしました。
少なくともある仕事をこなしている仲間たちもいます。
私は、そんな仲間たちが大好きです。
大手の呉服屋さん、和裁士への扱いがぞんざいになって、上から話をしていませんか?
やってもないことを、わかったふりしていませんか?偏った知識で接客をしていませんか?
出来ることと出来ないことありますよ。
出来なくてはないことでも、おすすめ出来ないこともあります。
お客様のことを本当に考えるのであれば、お客様の御要望を全て聞いたあと、仕立てる側に確認して、お客様にその旨を伝えて下さい。
そして、それは1回で終わらないこともあることも念頭において、それもお客様にお話下さい。
反物も、直し物も、開いて、全て見ないとわからないものです。
初見の見積り程度のことで、完結ではありません。
それこそ、日本では普段着だった和装。
江戸時代くらいまでなら、女の人なら誰でも仕立てやお直し出来たかもです。
今は、着る人も少なくなれば、作れる人も少ないんですよ。
修行して、いろんな知識を身につけた和裁士がいるんです。
私も私の近い人たちも。
お客様が満足してくれる仕事をしたいと、常々思っています。
なので、和裁士の声を面倒くさがらず聞いてください。
お願い致しますm(。v_v。)m

・・・・・・・・・・・・・・・・

上の文章は、昨夜インスタグラムに掲載されていた和裁士の方の投稿を少し簡略化したものです。
何とも云えない、思いがこみあげてきました。
多くの人に伝えたいという和裁士さんのお断りを得て、掲載させていただきました。
モノづくりのあらゆる現場で、その技術が軽視され、職人仕事が後回しにされているのが現状です。
印章でもそうですが、ここでは具体的に述べることを控えておきます。
コロナにより延期になりましたがオリンピックを招致して、2025年には万博を開催しようとしている国の継承現場が疲弊しています。
いくら着物文化でおもてなし・・・といっても、着物を仕立てる人がいなくなれば、着物文化の本質は無くなっていき、形だけのものとなるでしょう。
ハンコ文化・・・いくらデジタル化もできますとアピールしても、印章そのものを作り出す職人がいなくなれば、それは絵空事。
もはや、このことも社会問題化していると私は思います。
そうして、大切なモノや事、人(継承者)が無くなっていくのです。
このことをwithコロナ社会は、どう答えてくれるのだろう。

posted: 2020年 6月 25日

今、勉強が楽しい!

コロナは私達にいろんな惨劇を見せてくれましたが、反面、私に多くの機会を与えてくれました。
今から40数年前、一浪して入学した京都のとある大学での講義に嫌気を感じていました。
教授は年季の入ったノートを板書して、ブツブツと話される・・・おそらく毎年、同じことを繰り返しているのだろうと、試験になれば、その板書が近くの店で販売される・・・その繰り返しに身を置いているようで、講義に出ると吐き気を感じて、大学にはサークル活動以外には行かないような怠惰な生活を送っていました。
当時、そういう教授?ばかりでなく、他の大学には面白い先生がいるよと賢い友人に誘われて、賢い大学の京大や立命のユニークな教授の講義に潜りに行ったことがあります。
もう大学などやめて、東京に行こうかとも思っていた時期に、それらの行動は私を助けてくれました。
お蔭様で留年しましたが、無事卒業出来ました。

リモートワークの障壁扱いを受けた印章は、そのマイナス感を引きずって、印章の本質を更に見えなくされています。
その一方で、何百年前の貴重な寺社印を復元したいというご依頼を頂いております。
今や、ゴム印をスタンプインキをつけて御朱印帳にノルマをこなすようにポンポンと何気なく捺されているお寺さんもおられます。
そういう中で、如何に印章が価値を有して、権威と品格を人々の為に示していた時代があったかという事を知って頂きたい。
そして、印章の価値と権威を復活させたいと強く考えるようになりました。
元々、印章は庶民が使用していたものではなく、公印から始まりました。
それが漸く市民権を得て、はんこ屋さんで印章を調整してもらい、使用できる時代になったのに、それが邪魔とは・・・。
業界自体も印章の価値を復活させる動きはなく、小細工を繰り返しているようにしか私には思えない日々に、その真只中にコロナはやって来ました。
色々と悩んでいると、答えになるかは分かりませんが、私のリモート講義に「潜りに来ませんか」という懐かしい声が聞こえてきました。
当時の友人ではありません。
私よりも年下の先生でした。
お蔭をもちまして、今いろいろと潜っています。
今週も潜りたいのですが、チト仕事が私を追いかけ始めました。
7月に入ると、延期されていた大競技会の審査会も東京であります。
もう少し、頑張るかという気になり始めています。
有難うございました。
お送りいただいた資料、勉強させていただきます。
今、勉強が楽しいです

posted: 2020年 6月 23日

無一物

【無一物】
「本来自分のものだと、『おれが』とか、『これは私のものだ』という執着心、これがさまざまな形で人間を阻害しております。本来何一つ持って生まれたわけではなく、何一つ持って死ぬわけじゃない。これさえしっかり胸におさめておれば、ほんとに素晴らしい生き方ができるんじゃないか。これが禅の生き方なんですね」(相国寺の有馬頼底老師による「本来無一物」の説明)


明石家電視台の収録で、明石家さんまさんにプレゼントさせて頂いたのは、「明石家さんま」と彫刻した印章と写真の「無一物」をデザインしたTシャツでした。
「無一物」の印章デザインの下には、アルファベットがありますが、英文ではなく、「IKITERU DAKEDE MARUMOUKE」とあります。
「生きてるだけで丸儲け」・・・さんまさんの言葉なのです。
収録の時は、まだコロナの猛威がここまでになるとは予想がつきませんでした。
コロナ不況で苦しんでいる多くの人の心に、この言葉は元気になるアプリかも知れません。
さんまさん、プライベートで着てくれているかな・・・。

posted: 2020年 6月 19日

心外無法

【心外無法】

この言葉、ず~っと「しんがいむほう」だと思っていました。
そして、続く言葉もありました。
ネット検索したものをコピペさせて頂きます。

心外無法 満目青山
[しんげむほう まんもくせいざん]心のほかに法はありません。見るもの、聞くもの、すべて自分と受け取っていくのです。

心の外に法はない。これがきれいだとか楽しいとか苦しいとか、そういった感情やルールを作っているのはすべて自分の心なのです。

目の前に鮮やかな山が見えるのは、あなたのこころが澄み渡っているからです。もし、あなたの心が曇っていたら、いくら目の前に美しい景色があってもその美しさを感じることはできないでしょう。

野に咲く花が美しい。そう感じるこころが美しいのです。

写真は、「心外無法」の印影と今から30年くらい前に技術研鑽の為に彫刻したものです。
当時は、技術に熱心な業界誌もあり、月一の通信添削をされていました。
技術に向かい始めた当時は、墨打ちでなく、朱打ちをして仕上げをしていました。
故事成語の課題が多く、あまり意味を考えないで、唯々上手くなりたい、綺麗な線を出したい、その一心で印面に向かっていました。
懐かしい作品群で、今も捨てられずに手元において、挫けそうになった時に眺めています。
また、当時あれだけ一生懸命、何も考えずに基本に打ち込めた苦労を考えると、今あるのはそのお蔭だと思います。
修業期間というのは、目の前にある鮮やかな山に気が付かないものです。
しかし、一心不乱に打ち込めば、心が耕される。
そういう心が耕された時、目の前にある美しい景色を「うつくしい」と感じることが出来るんだと思います。

もう一つの写真は、今取り組んでいる商品です。
お客様にお渡しする印影は、ひょっとすると工芸作品なのかも知れませんが、それがそうとして捉えられないのは、印章の商品としての宿命があります。
世に一つだけだけれど、お客様の印影は見せられない。
印影のもつ工芸の側面や芸術性を違った形で世に出したいと模索している商品です。
大阪市魅力発信事業としてこの秋の展示会に出したいと考えています。

posted: 2020年 6月 18日

実印を調整する

夏痩せて嫌ひなものは嫌ひなり
【作者】三橋鷹女

コロナの影響で、ご来店のお客様が少なくなり、ご来店されても、必要な事項だけお話して、短時間のやり取りで店を辞して頂くことが普通になっていました。
昨日のお客様とは、マスクを互いにしながら、久しぶりに一時間以上お話をさせて頂きました。
今の人の買い物は、実印や銀行印をつくる、法人を立ち上げの為の印章をつくる・・・ということだろう。
さらには、既製の認印を購入する。ネットで実印を買う・・・。
何が問題なのと聞こえてきそうですが、問題なのではなく、購入者の姿勢が印章においては、随分と変わってきたと思います。
薬は買うとも言いますが、お医者さんに診てもらった処方箋を調剤薬局に行き、調合してもらうとも言います。
実は、印章も遠い昔には、実印を調整してもらうという言葉がありました。
インターネットでいろんなものを購入される便利な時代かも知れません。
また、ステイホームでは欠かせないのも事実です。

しかしながら、自分に合ったものをゆっくりと選択したい・・・
オーダーメイドは、時間をかけて手作業でお気に入りのお店でという考え方も、その一方では多くあります。
日用品をオーダーメイドされる方は少ないかも知れませんが、それでも歯ブラシやお箸、靴やカバンも自分に合った物を持ちたいと思われる方が少なくないことも事実です。
そういう方は、商品への手間暇の味わいと共に、商品に内在する本質に触れたいという気持ちを持っておられます。
しかし一方で、それを販売する側が、商品の本質を見失っていたり、驚くべきはそれを叫び続けなくてはいけない職人自身が本質に背を向けたがる時代です。
そういうお店や職人さんがいるお店を探すことが大変ですと、昨日のお客様はおっしゃられていました。
ピンとくるものがない・・・そのようにも言われていました。
そういう時代なのかな、一抹の不安と責任を感じました。

posted: 2020年 6月 16日

1 2 3 4 5 >