印章は工芸である

昨日、千里山の万博記念公園内にあります大阪日本民芸館に行ってきました。

目的は、秋季特別展の「濱田庄司と柳宗理―ふたりの館長」を学芸さんのギャラリートークを聞くためです。

とても上手な説明で、初めて行かれる方にはご推薦いたします。

展示内容から気づきというか閃く物を頂きましたの、備忘録を兼ねてご紹介させていていただきます。

柳宗理さんのプロダクトデザインらしい展示のコーナーで、「インク壺の容器」という展示説明に魅了されました。

その説明自体も柳宗理さんのエッセイ集からのもので、一部をご紹介させて頂きます。

「・・・(前略)・・・さてこの木製の容器は轆轤という機械で造ったものですが、木肌の故か、手工藝的な暖かさをもっております。河合寛次郎さんは機械は手の延長したものであるとよく言われましたが、なるほど、人間が造るものを、手工藝と機械工藝とに分けるのは、素直でないような気がしないでもありません。いずれにせよ、手工藝的製品であれ、機械工藝品であれ、良いものは良いのであって、その良いという絶対的な美の世界には、手工藝的とか機械工藝的とかいう区別された二元の世界は、自ずと解消されてしまうといえないでしょうか。」

 

 

 

 

 

 

 

 

印章もある時期に、「手彫り、手仕上げ、機械彫り」という作業区分的な見方を結論として市場に与えてしまいました。

そうすることにより、使用者からの見方に枠決めをされてしまい、「手彫り」は付加価値を得ましたが、「手仕上げ」から「機械彫り」という括りをグレーな価値観として位置づけされました。

その後、それらの言葉に規範を与えることなく市場を独り歩きして、印章の価値を低落させ、「唯一無二」の信用を無くした印章の足元を見られて「押印廃止」の号令に繋がる結果となりました。

 

柳宗理先生が言われるように、人がつくるものを手と機械に分ける発想自体が工芸的に素直な気持ちではなく、商業的な側面からの分類に過ぎないという結果が今日の印章の位置づけをもたらしたと私も思います。

 

では、どうしていったらよいのか。

「印章は工芸である」という観点が求められていると思います。

おそらく商業主義的な大方の業界人から反発を頂くことになる発想かも知れませんが、山梨の伝統工芸としての位置づけなどにみられるような取り組みとその屋台骨である思考の転換を強く求めるものです。

posted: 2022年 9月 12日

デジタル大臣を印章業界に起用しては?

切るだけで貼らぬ切抜き秋暑し

【作者】後藤雅夫

 

新聞や雑誌の切り抜きをして、スクラップブックに貼ったことがある人は少なくなっているのだろう。

私の住んでいるマンションは50軒くらいの家庭がはいっている。

新聞販売店の人に聞くと、2軒しか配達していないとのこと、他の新聞社もあるだろうけれど、おそらくそれほど変わらない数字であろう。

昨日、印章技術講習会の篆刻を受け持って頂いている先生が、グループラインで講習生に無料のweb字書を紹介して、「高額な字書を買う時代は終わったのか。」と話しておられました。

「押印廃止」を叫ばれた方がデジタル大臣になられました。

いろいろと改革を始めておられます。

もうすこし、アナログの良さも感知する能力をお持ち頂いたらとも思いますが、デジタル化社会の歩みを止める事は、誰にもできないことだと私も強く思います。

職人の技を学ぶことにデジタルは、手を止めることとなり逆作用しか示さないと思いますが、職人の技術を発信するのに紙媒体で残していても今の社会は何の反応も示さない。

行政への申請は全てデジタル化しています。

そこに印章がいるとか要らないとかの問題は置いておいても、紙媒体の印影、技術の在り方をいくらたくさん持っていても、個人の宝の持ち腐れで社会的存在を示し得ないのです。

印章業界には、先人が残した実用印章の印譜、印影が山のようにあります。

それを一回きりのイベント(展覧会・競技会)に終わらせ、多くの消費者の目に留まることを何故か避けられてきた印章業界・・・それは、一印影は一職人にあり、宣伝すると業界の利より上手な職人、技術のある店のみに利がいくとする・・・みみっちい、小さな思考からのものでありました。

それが長年続き、姿のうつくしい印章の印影は、消費者の目から遠ざけられ、「啓蒙」が「啓発」という言葉に変わっただけで、未だなに一つの印影も提示できないでいます。

しかし、本物の印章はそこにこそあったのです。

それだけの宝をデジタル化する努力は今できるのではないでしょうか。

おそらく、しないでしょうが・・・。

業界団体のホームページには何回か前の展覧会や競技会の入賞印影が掲載されていますが、近々のものはなく、コロナを理由にやる気を感じないからです。

小さい思考とそれだけが理由ですが、それで充分な理由だと、最近周りを見ていてそう思います。

最後に、印章技術に機械化はあっても、その基本はアナログです。

すなはち、彫る力のみではなく、印影の持つ「美」の共鳴力の継承。

それを発信する力は今、デジタルにあります。

デジタル大臣を印章業界に起用した方がよいのかも・・・。

posted: 2022年 9月 6日

本当の美しさ

いつとなく庇はるる身の晩夏かな

【作者】恩田秀子

昨日、手にした文庫本『灯をともす言葉』花森安治著(河出書房新社)より

16頁

「美について」より

一つの道具が、暮らしに役立っているということが、

とりもなおさず、美しいということではありませんか。

よく切れる、ということが

包丁の場合には、美しさなのです。

よく切れるためには、包丁は錆びひとつなく

光っていなければならないし、

柄もしっかりした丈夫なものでなければなりません。

しかし、その柄には色んな飾りがついているとしたら、

それは包丁の切れ味には関係ないし、

だから包丁の美しさを、

それだけで傷つけることにもなるのです。

(以上、花森安治さんの文章)

 

 

印章の生命は、印章に彫刻された使用者のお名前でなければならない

その名前が、きちんとした文字で丸い輪郭の中に工夫を施されレイアウトされている

そして、使用者が丁寧に押捺することにより

示された相手に信用と信頼を約束する

そういうことが、

印章の場合には、美しさなのです。

しかし、その印面に名前以外の絵やキャラクターという飾りがあったり、

柄という印顆に「オシャレな」装飾がプリントされたプラスチックの印章は、耐久性が悪く、劣化するとマイクロプラスチックになり自然環境に悪影響をあたえます。

そういう装飾は、印章の信を示す道具としての役割には関係ないし、

だから印章の美しさを

それだけで傷つけることになるのです。

 

昨日は、最終日となった「陶技始末 河井寛次郎の陶芸」観覧のため、中之島香雪美術館に行ってきました。

若い方も多いのには、少し驚きました。

河井寛次郎というと、展覧会のチラシや看板にも出ているような扁壺と呼ばれるものや陶板への陶刻などが他との違いとして有名ですが、いきなりその境地になられたのではなく、1910年に東京高等工業学校(現東京工業大学)窯業科へ入学し、陶芸家の板谷波山の指導を受けたほか、窯業の科学的研究を行った。1914年、東京高等工業学校卒業後は、京都市陶磁器試験場に入所し、同9年に五条坂の窯を入手して京都で活動しました。

思想家柳宗悦との出会いから民藝運動の中心人物として活躍します。

その中で、全国各地の窯にある技法を自分自身の中に取り入れ、扁壺や陶彫による造形作品を展開できたのだと、改めて展示を観覧させて頂き、強く感じたところです。

 

 

月曜日の朝から長文をお許しください。

最後に、花森安治さんの言葉をご紹介して、私が何を言いたかったのかご推察いただければと思います。

 

暮らしと結びついた美しさが、

本当の美しさだ。

・・・『灯をともす言葉』15頁より

 

 

posted: 2022年 8月 22日

カフェ蘇谷(sokoku)

お盆明けから今日の土曜日までお仕事はゆっくりでした。

お盆休みに家内と帰阪していた長男とで京都に行っていたのですが、六月に一人で出かけた時に立ち寄った「河井寛次郎記念館」を案内してあげようと自慢げに行ってみると、何と!!!お盆休みを取られていました。

その前に、美味しいところがあるねんと案内したお店もお休みだったので、しかも暑い最中の話・・・面目ないと、ふと見ると、河井さんのはすかい前(斜め向かい)にカフェがありました。

家族をなだめるように、そこに入らせて頂きました。

座敷に上がらせて頂きました。

河井さんところ(カフェの女性店主の京都らしい言い方を真似ました)がお休みなので、お店にはお客様はうちの家族だけで、冷たいお茶(私はビール)をいただくと、汗が引いて行きました。

座敷には、陶芸品が無造作に置かれていて、火鉢のようなものや花器、何か分からないオブジェのような物もありました。

家内が、これはなんですかと店主に尋ねると、オブジェですとの返答から、いろいろとお話をさせて頂きました。

元々は、河井さんところと同様の工房であったようです。

しかも、そのオブジェが示すように、お父様が日展作家の工芸家の八田蘇谷という方とのことでした。

店主が子どもの頃は、中二階にはお弟子さんが住まわれて「お兄ちゃんがたくさんいてはりました」と内弟子の徒弟制度のお住まいであったようです。

おじいさまの八田蘇谷さんは、金沢から京都に出て来られて、一代で登り窯を有した工房で寺社仏閣やお茶の家元などに陶芸品を納め乍ら、青磁を中心とした作品作りも怠らずに精進されたようです。

女性店主は二代目蘇谷の娘さんです。

家内が、店主に「跡を継ぎはらへんかったんですか」と尋ねると、「私は陶芸に何の興味も持ちませんでした」と、家内も実家の印章業には何の興味も持たなかったのと一緒ですねと、しかし今は主人が印章を彫刻する職人ですと話すと、それからいろいろと更にお話下さり、とても楽しいひと時を過ごしました。

技術の継承というのは、一子相伝という言葉がありますが、職人なら誰しも思っているように、世襲制にならないのが技術です。

自分の技術は、そうやすやすと子どもには伝わりません。

かえって、自分と共感力のある他人の方が、その技は伝わるものです。

だから、カフェの店主が陶芸に全く興味がなく、娘だからといって窯を継がなかったのには大いに理解できる所が私にはありました。

お店には、とても大量の香合や鉢、花器などが大量にあるそうです。

工房をカフェにリノベーションされたときに、それらの一部を上手く使っておられました。

香合の蓋を足元に埋めて、その文様の亀が顔をだしていたり、茶巾筒を並べて、竹の節に見立てた装飾につかってありました。

この茶巾筒は、寸分違えずに焼いて同じ色に仕上げなければならないので、お弟子さんの修業の一環として行われたものらしいです。(まるで印章の柘駒での練習作品に向き合うようです)

装飾に使われているのは、大量に残ったその失敗作であったようです。(これも私の採用されなかった完成デザインという印稿のようです)

それだけ練度を積まないと、一人前にはならないのだということです。

今、修業中の印章彫刻職人さんは、どのくらいの作品を作り且つ失敗したのだろう・・・それが自分の軌跡になることを、ここへ行かれてその数の多さの前に猛省が必要かなと自分の指導も含めて思いました。

また、この店のリノベーションを見ていて、自分の修業の軌跡が何かこれからの商品としての印章に役に立たないかなと、印章の価値が低落し続ける今をどうにか生き残る一つのヒントを頂いたようにも感じました。

門口までお送り下さり、また立ち話で、京都らしい言い方しはるなと思ったのが、「蚊取り線香たいているのに、蚊が大谷さんからびゅーっと飛んできはるんです。かんにんです。」・・・久しぶりに聞いたホンマの京都弁でした。

https://rurubu.jp/andmore/article/16636

 

posted: 2022年 8月 20日

夏休み

われここに 啄木はそこに 夏休

【作者】山口青邨

 

学校行きは、どうも今日から夏休みとのこと。

大阪のはんこ屋組合の技術講習会も8月は夏休みだ。

昔むかしは、この講習会には夏休みの宿題などなかった。

それは、公教育でも義務教育でもなく、職人の自発性によるものなので、当然の事であります。

普段の講習も、敢えて課題という方法を大阪は取ってなかったように思います。

参考作品はありましたが、それを講師の先生は敢えて課題とは言わずに、やる気のある者しか相手にしていませんでした。

それが、公教育とは大きく違うところですが、そんな事を言っていると、誰もついてこないのが今なのでしょう。

だから、技術講習会というか職人の技術継承の在り方も変えていかないとダメだと、これは本当にダメになる一歩手前だと思います。

昔の技術継承現場にいた古株がそう唱えているのに、不思議なことに後発組が今までを変えようとしないのには、最近驚きを隠せません。

出された課題をひと月でこなし、提出するには労力が必要です。

しない人は、昔はほったらかし(放置)で、その内来なくなることを当たり前としていました。

その人が、技術が身につかないのは、自分のせいではなく、その人が努力しないから・・・いつも夏休みだから、課題をしない、その人に他の季節はないでおわりでした。

もうそんなことを言っていられない状態です。

巷の技術なき、ある意味規範なき印章が、ドンドンとその価値を低下させる役割を発揮している時に、それを放置するのも、技術講習会に課題を提出しない状態を放置するのも同罪だと私は思います。

さらに言うなら、木口に集中しそれをある意味「教育」することが業界全体に求められているように強く感じます。

今の所、他は要らないと思います。

嘗ての講習会のように、いろんなことをする講習会のような余裕のある状態ではないし、きちんと木口を教える事のできる人材バンク(講師バンク)を今こそ設立すべきだと、このくそ暑い夏に切実に訴えたい!

写真は、この前の日曜日の技術講習会研究科実印課題の印稿「柳宗悦」です。

お名前は、4文字ばかりとは限りません。

篆刻芸術の字法・章法と違い、実用印章(木口)には次のような数学的ロジックがあります。

苗字が一文字の「柳」、名が二文字の「宗悦」の場合、各文字の大小違いを抑えるために、丸の中の一行目に入る苗字の一文字の幅取りを狭くします。

同じ幅にすれば、柳の位置する面積が大きく、柳だけが巨大に目に飛び込んできます。

この数学的ロジックは、パソコン画面上の技術の指導でもできることです。

しかし、それを説明出来る人が実に少なくなりました。

講師バンク制度は急がれる課題だと思います。

 

この夏、8月私は敢えて夏休みの宿題を出して、手の動かない夏を少しでもストップできるようにしたいと思いましたが、どうなる事やら。

posted: 2022年 7月 21日

手が止まった夏

三連休の真ん中にあった技術講習会は、コロナ感染者数の増加もあり、参加者は少なかったです。

毎年8月は講習会がお休みになるので、9月初旬に〆切の大印展出品の為にお尻に火が付いた状態です。

9月講習会は〆切後ですので、作品づくりは間に合いません。

ところが、今年から大印展は隔年となり、作品作りという点ではストップしている状態、手が動かない夏となっています。

全国の自覚有る皆様の働きで、多くの2級技能士が誕生しましたが、その後のケアや1級を目指す道は、各自にお任せ状態ですので、そこでも手は動いていません。

一部では、秋以降に企画を考えておられると言うお声も聞こえてきますが、この夏は手が止まった状態を定着させるかなと一人想像しています。

一昨年は、「コロナに負けるな!」と『令和修錬会』を位置付けましたが、今年は何もない雨と暑いだけの夏となるのかな・・・。

 

今朝、2025年に開催予定の大阪・関西万博の公式キャラクターの愛称が「ミャクミャク」に決定されたと朝のニュースで報じていました。

万博のテーマ、「いのち」の“ミャク”ともつながっていて、歴史、伝統、文化を脈々と受け継いでいくという意味が込められているとのことです。

歴史、伝統、文化という聞こえのよい言葉が並んでいますが、それを重んじ日本の為に奮闘してきた技術の現場が疲弊しています。

できましたら、聞こえのよい言葉だけでなく、具体的にそういう処、伝統技術や伝統文化、歴史ある町工場の技術などに光を当てて頂きたいと心より訴えたいと思います。

そういう処の灯火が消えるということは、仕事が無くなるということであり、手が動かなくなるという様相で示唆される苦しみであります。

 

日曜日は、そういう技術に光を当てられている大阪に市区にある「CEMENT」さんへ家内と一緒に商品企画の勉強に行ってきました。

説明いただいたショップの方も丁寧な商品説明と知識を持っておられて、感動して帰ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

雨と暑さに加えてコロナですが、私は負けずに手を動かしていたいと強く思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

写真の印影は、7月講習会課題の参考作品として彫刻した印影です。彫刻面も補刀前の物でありますが、何かの参考にして頂ければ幸いです。

印文は、「地平天成」(世の中が平穏で、天地が治まること)です。

posted: 2022年 7月 19日

印章の観察とマッチング

朝の職人きびきびうごき百日草

【作者】植村通草

印章の観察は、印面と印顆に区分されます。

印面に向かい、持てる技術を発揮するのが職人であります。

唯一無二を掲げる職人なくして印章は成立しないのです。

全国の印章に関わるきちんとした職人が激減しています。

何故そうなったのかには、理由がありますが、敢えて触れないことにします。

結論として、きちんとした職人は激減しました。

先達ての技能検定では、業界諸氏の努力により多くの技能士が誕生しました。

そのことは、技能検定が後に続けたので喜ばしい事だと思います。

誕生した技能士や今までの有資格者としての技能士の方も、技術を向上させるために日々精進しているかというと、競技会などの展覧会への出品状況、技術講習会や研究会などの様相を見ますと、そうとも言えないのが実情ではないかなと思います。

勿論、技術向上に向けて必死に立ち向かっている人もおられますが、非常に少なくなってきているのが現状で、教える人も教わる人も両方の所でそうかなと思います。

行政サイドの押印廃止以降、使用者にとっての印章の価値は更に低下しているように私は感じています。

今必要だから購入される方ときちんとした印章を求める方とに消費の在り方が変わってきているように思います。

今必要な人は、きちんとしたものは要らない。

早く、安いもの(印章)がいり、直ぐに使用するので、役所や銀行に登録できれば印面の彫刻にはあまり興味がありません。

何故、そういう方が多くなったのかにも理由があると思います。

きちんとした印章を探されている方も多いのですが、職人の激減のために、きちんとした印章とのマッチングが出来ていません。

それにも理由があります。

人生をかけて、さらに言うと、命を懸けて技術鍛錬に向き合ってきたきちんとした職人さんとのマッチングがされていない。

きちんとした印章(#本物の印鑑)とは何なのか。

きちんとした職人さんは誰なのか。どこにいるのか。

そういう汗と先人からの労苦を受け継ぐ継承者はどこでどういう仕事をして進化(深化)しているのか・・・それを発信することが今、一番求められています。

 

最後にもう一度・・・

印章の観察は、印面と印顆に区分されます。

posted: 2022年 7月 14日

1 2 3 4 5 >