印章自身が欲している道

コロナ前から印章無用論や印章を無くそうという声がありましたが、最近は5日に一度くらいニュースになっているような気がします。
昨日も、NHKラジオから聞こえてきたのは、「テレワーク阻む押印をサントリー来月から廃止」というニュースでした。
その事実を伝えるだけでなく、大学の先生が述べていたのは、単なる印章無用論ではありませんでした。
如何にしてこれからの社会において印章を無くしていくのかという、無くすことを前提とした解説がされていたことには、驚きを隠せません。
企業のこのような動きは、良し悪しは別にして、一つの流行・・・それこそウイルスのように伝染していく事だろうと思います。
業界が無くなるような危惧を致します。
そうして、この問題は印章業界の経営問題でとどまらず、社会現象としての社会問題であるように思います。
一印章店や、はんこ屋が太刀打ちできる問題ではないように思います。
NHKが学者先生を立てて解説するなら、印章側も学者先生のお知恵を借りればと思います。
印章学というのは、あるにはあるのですが、物理学者のように印章学者はいません。
印章は文字や工芸とか、芸術であるとかとも考えられますが、実用印章は社会学です。
是非とも、そういう方向で問題を見つめ直して頂きたいと強く思います。
手遅れにならないうちに・・・
それとは別に、私も趣味で道楽で印章彫刻をしているのではなく、生きる糧として印章を商っています。
今までの何でも扱ってきた印章業とは区分して、これから印章を商いにするには、刀を商うようでなければならないと思います。
江戸時代には、多くの刀商がいたと思います。
明治になり、廃刀令がだされ、その商売は社会的になくなったようにも思えますが、現在でもあります。
江戸時代には竹光も含めて商われていました。
武士にとって、刀を携える必要があったからです。
しかし、今刀商のように印章店がなるためには、竹光やオモチャを販売していたのでは、笑われるだけとなります。
名刀を扱わねばなりません。
今より精進が求められるし、技術のみの厳しい修錬の時代をむかえると予言しておきます。
心も技も鍛え直さないと生き残れそうにない
そういう道を印章自身欲しているように思えてなりません。

posted: 2020年 5月 29日

見つくせぬもの

見つくせぬものゝ中に居る
見つくせず

今日も、河井寛次郎の言葉をご紹介致します。
人は、自分がしていることに厭きると、気が移るものです。
仕事は単調、続けるのはしんどい・・・
時代遅れ、旧態依然・・・
そういう時、何処からか新しい・・・とかオリジナル・・・とか、今流行りのという笛を吹く煽動者がやって来ます。
ところが、その者は我々をどこへ導くのでしょうか?
楽園にたどり着いた者は、今までにはおりません。

河井寛次郎の言葉に以下のような補足文が添えられています。
「人は少しを見て多くを見ない。然し一つを見る事はすべてを見る事だといはれる。そうだまさにそうだ。然し見つくせぬものゝ中にいればこそ見る事が出來るのだ。」

新しいものや他の考え方をペタぺタと貼り付けても何も見えては来ないし、かえって本来の在り方が見えにくくなります。

見えないとか伝わらないということや、在り方が社会に認知されない、されなくなったという大きな原因は、実はそのものの中にあるんだと思います。
だから、今ある在り方を反省し、軽視してきたことを補足していかないと、次には進めないと私はそんな気がしています。

posted: 2020年 5月 28日

広々とした四つ角を目指して

人々に四つ角ひろき薄暑かな
【作者】中村草田男

今日は、お昼から咲洲庁舎に行ってきました。
3月13日にゴム印彫刻作業の技能検定の合格発表がありました。
合格者のところには、大阪はまだ合格証書が届いていません。
緊急事態宣言が出されている間は、来庁を控えてくださいということで、解除後の先日、お許しがでましたので、合格者のみなさまの証書を本日頂いてきました。
合格者の皆様には、まだ直接お会いする機会ができませんので、組合事務所から送って頂く段取りを取りました。
ゴム印彫刻の技能検定は、その講習会から実に大変な思いを致しましたが、最後の合格証書受領の件でも、こんなに大変な思いをした技能検定は初めてでした。
そして、ゴム印彫刻作業の終了となりました。
社会的には廃止となります。
全国的には受検者数も少なく、大いに悔いが残った技能検定でした。
令和3年度後期には木口彫刻作業(1級手彫り、2級手仕上げ)がありますが、どれだけの受検者が集まるだろうか?
今のままでは、技能検定継続要件の100名の受検者など、夢のまた夢です。

今日も咲洲庁舎に行って大変だとか
この間、技術講習会が休講状態で、通信添削を講師に依頼してそれを纏める作業が大変だとか・・・・
そういうことを逐一これ見よがしに業界内外を問わず発信しているのは、発信しなければ分からないからです。
技術もそうです。
自分が上手いとか、何々賞を頂いたとか、こういう苦労をしてお客様を思い彫刻しているということを、いくら自分が思っていても消費者には発信しないと伝わりません。
業界内で、この間のリモートワークの障壁としての印章やハンコ議連会長の発言の対応にいくら追われて汗をかいていた人がいても、それを話さなければ、業界内の人伝わらないのは勿論、日々社会からの軋轢を受けて不安に印章業を営んでいる人にとっては、却って不信に思われても仕方がないことです。

私は、叫び続けます。
今日も咲洲庁舎にいって合格証書を受領して合格者に届けるために組合事務所まで出かけましたと・・・。
影での苦労は今のご時世流行りませんし、伝わりません。
昔の宮大工は、お寺の屋根の柱の見えないところに、自らの名を入れたといいます。
自分のしたことや証は、足跡として残るように伝わるようにしないと、誰もしてくれません。
それを続けているうちに、印章の社会的認知は戻って来ると思います。
一部の優秀な人がするのではなく、コロナ後の社会は、みんなが認知して進む共生の社会に変わっていくと思います。

コロナ禍での鬱屈した日々の街角でも、ちょっと曲がった先には広々とした四つ角が待っているのだと、信じて生きてゆきたいと思っている今日この頃です。

posted: 2020年 5月 27日

助からないと思っても 助かって居る

毎日新聞の朝刊に「美術のちから」という命題で様々な美術作品が掲載されていました。
その中で、私の大好きな河井寛次郎さんの書が紹介されていました。
氏は、陶工であり柳宗悦らと共に民藝という考え方を世に広めた方です。
書に表されている言葉は、今のコロナ禍に寄り添うものです。

助からないと思っても 助かって居る

新聞によりますと、この言葉は将棋の大山康晴十五世名人が座右の銘にされていたようです。
また、河井寛次郎記念館の学芸員の鷺珠江さんは、次のようにも綴っています。
「悩める時、病める時、苦境の時に助けられる言葉です。自分ではもう助からないと思っても、その後ろには大いなる力があり、決して諦めることはない、終わりではないという思いで捉えています。」

印章がリモートワークの障壁であるとか、デジタル化の世の中に旧態依然の印章は社会悪であり、「さらば!ハンコ」とまで宣伝されていると、流石にめげてきます。
しかし大いなる力というものは、真面目にひとすじの道に励む者の上には大いなる光となり降り注いでくるものです。
毎日、印面に向かい精魂を傾けて仕上げた印章をお客様にお渡しした時の感激の笑顔、遠方の方とメールのやり取りをして、漸くお届けできた印章に対して頂くお礼の言葉、それこそが大いなる力であり、これからの私の進む方向を力強く示してくれています。
今朝、技術講習会の添削と纏めの作業を行いに店に行くと、ブログにコメントをいただいていました。
その大いなる力をご紹介しておきます。

「最近では弁護士会が作成した印章不用CM等が流されていますが私は日本に根付いた文化がそう易々と滅亡することはないと確信します。神社仏閣、敗戦後の剣道等の武道、茶道や詩吟もそうですし時代の荒波に翻弄されながらも本物は残ります。印章は今まであまりにもインチキ、まがい物が横行しただけの事であり現状の様な一大ショックにより使用者の本音が噴出し偽物が駆逐されようとしているだけです。しかし本物の修行をした職人達が生き残り文化の継承、発展をさせる為には先生のように正しい情報を発信し続ける方が増えるのが必須になると素人ながらに思えてなりません。インチキ開運印相屋でも人通りが多ければ流行るようですから美しい印章が目に留まれば使用者がどちらを選ぶかは必然であると思います。」

コメントを賜り有難うございました。

posted: 2020年 5月 24日

五月雨と久しぶりの『印章憲章』

五月雨や庭を見ている足の裏
【作者】立川左談次

目や耳が頭の周辺についているから、見聞きしたことをすぐに考え込んでしまう。
足の裏についていたら、脳に届くまで少し時間を必要として、くよくよしたりめげることも無く精神的によいかなと思う。
聞きたくもなく見たくも無くなれば、立ち上がり足の裏を地面につければよいのだから・・・便利だ。

久しぶりに『印章憲章』を眺めてみた。
世間の印章への風当たりもそうだが、業界内の風当たりも強くなってきた。
普段、技術、技術と言っているので、あまり気持ちがいかない項目2を意識した。
「2.印章業者は、社会の秩序と最もつながる業であることを確認すべきである。そして社会人として、技能及び営業に於いても範となるべき意欲と理念を持たなければならない。」

「社会の秩序と最もつながる業」とするとこらへんが、思いあがっているようにも感じるが、そうだとすると、今の事態をどう解釈すればよいのだろうか。
社会の秩序は、印章を社会悪とまではいかないが、邪魔者扱いしていることは確かだ。
言い換えれば、技能及び営業に於いて範となるべき意欲に欠け、理念をもたない印章店が多くなってしまったということが社会の秩序をおかしくしてしまったのだろうか。
私は、既に印章が自らの力で冬の時代に入ったといっているのだが、副題(スローガン)の言葉を借りれば、印章の権威は失われてしまった。
ただ、それは『印章憲章』に基づき、きちんとした印章業を営もうとするベクトルを見失ってしまっているとも考える。
少し優しい言葉にしてしまったが、要は、『印章憲章』を目も耳もついていない足の裏で眺めているに違いないとさえ考えてしまう。
当たり前の、きちんとした印章店がなくなっていて、新しい?印章店?が増えたのだから『印章憲章』は破棄した方が、時代の趨勢に合っているように感じます。
私自身も、『印章憲章』という在り方を今までのベクトルとは、上記と違う意味で変えていきたいと強く考えるようになった。
その在り方を模索していかないと、時々本当に嫌になり、投げ出したくなる。
『印章憲章』と今の印章店の現状と、私の新しいベクトルを時々お話していこうと考えている。
文字にすることにより、次が見えてくる。
http://www.inshou.or.jp/inshou/about/inshoukensyo.html

posted: 2020年 5月 16日

印章業界への征矢

征矢ならで草矢ささりし国家かな
【作者】小川双々子

通天閣の灯が緑色に変わったと、近くながら新聞報道で知りました。
勿論まだ気を緩めてはいけないとは思います。
しかし、この一連のコロナ騒動の為か、元からなのか分かりませんが、印章技術の灯は消えて見えていません。
少しばかりの動きや話が、私の周辺では囁かれつつありますが、それも業界内です。
社会では、印章という灯は大火に繋がるからと、消防車が走り回っています。
それでも、業界は黙って耐えているように見えます。
この騒ぎが静まれば・・・と。
しかし、空白期間というのは、技術者を退化させます。
昨日お話した基礎力というのは、毎日の地道な修錬で身に腕につきます。
何もしなければ、退化していきます。
それと同時に、技術者のやる気が無くなります。
目標がなくなるのです。
基礎力を習得中の人は、何をすれば良いか分かりません。
指導者が課題を出して講評を返さねば、自分が正しい事をしているのか、間違ってはいないかが理解できません。
他の業界は、お前は店を開けるなと言われているところもありますし、全く社会悪のように言われている業界もあります。
時間以降にも開けていると、石を投げられたリ、閉めろと張り紙をされたりしています。
様々な工夫を凝らして、お弁当のデリバリーをしたり、企業の技術を生かしてマスクを製造したりと・・・
ハンコ屋さんは、店をあけていられますし、ハンコを彫刻できています。
それなのに、後進のための技術継承に対してなんら工夫もしていません。
休講、延期、中止のオンパレードです。
今まで通りにしろと言っているのではありません。
元々、技術継承の現場を軽視してきた業界です。
本来なら、技能検定の継続は出来ない状態でした。
それを工夫を凝らして、2級の受検生を底上げするはずでしたが、それも実施されていません。
できることはあるはずです。
具体的な手仕上げの対面講習できなくとも、やろうと思えば印稿作製の通信添削は簡単にでるはずです。
テレビ会議に使用するアプリを用いれば、手仕上げの一連の動作を見せることが出来るはずです。
何にもしていません。
業界内での技術空白を厚労省や国は見ています。
それでいいのかな・・・。
関東のことのみでなく、近畿も何もしていませんし、業界内への話すらありません。(コロナ以前に少しは耳にしましたが・・・)
できることがあるはずですし、進めないと・・・いろんな意味で業界がダメになります。
国からの征矢が飛んでくる前に、草矢で滅びてしまわぬようにと祈るだけです。
何度も言いますが、基礎力は毎日やらねば身につきません。
まだ、何もしていません。

最後に、アメブロの「大切な基礎力」という記事に頂いたコメントをご紹介して終わります。
「基礎力とは素晴らしい言葉だと思います。先日若い後輩が「僕の存在価値が分かりません」と言っているのを聞き自分の若い頃からの経験で目先の結果にとらわれず一つ一つの動作を地道に続ける事が信用を得る一番の近道だと伝えましたが本日の先生の記事を読み間違った事を言ったわけではないのだ、と安心しました。思えば若い頃は目立つ者、大言を吐く者が評価を得ていた感じもありますがどんな困難にも打ち克つのは真摯な態度、熱血の情熱であると信じます。どんな職業も目先の利益や評価に囚われれば陥落あるのみであると信じ日頃の業務に励みたいと思います。」

posted: 2020年 5月 15日

立てよ職人!立てよ印章業界!

「認印一つでも自分の責任として正しい印影を正しい姿勢で押印する、今の印章不要論はそれを否定するものではないと私は思います。否定されるべきは鑑定印というまがい物、印章店に入ればすぐ生年月日を聞く技術そっちのけの商法、技能士の資格すらもたない、取得する努力もしないインチキ職人が横行する業界を見限った、その程度のオモチャが不要と言われているのです。いつの世も本物は残ります。インチキ職人がいくら象牙印章を彫ろうがそれはゴミにしか過ぎません、私も一介の公務員でなければ日本の美である印章技能を取得してみたいです、しかし副業が禁止ですのでままなりませんが・・サインをササッと適当に書いてそれで責任を感じられるのでしょうか?今のコロナこそ本物が復活する絶好の好機です、立てよ職人!立てよ業界!となるよう門外漢ですが応援させていただきます。」

上の文章は、4年前に書いた「本物(ほんまもん)思考の世界へ」という記事をリブログした追加文章にいただいたブログ友達からのコメントです。
門外漢と書かれているように、印章業界の人ではありません。
そのコメントへの返信を次のように致しました。

「世のコロナ禍とそのショックを利用して、印章を追いやろうとしている勢力が浮き彫りとなってきました。
それに追いやられるのは、オモチャに化してしまった偽物印章です。
洋服が着物に取って代わった現代日本ですが、それでも本物の着物を愛する日本人はいます。
町を歩いていても和装の人に出会います。
印章もそうなると思います。
全体としての印章業界というものは、無くなるかも知れませんが、本物は残ると確信しています。
それは、お客様が教えてくれている毎日です。
自らのお客様を大切に今後も歩んでいきたいと思います。
ただ、印章業界にお世話になってきた以上、さらばというわけには行きません。
最後まで業界の技術継承のために頑張ります。
有難うございます。
励ましのお言葉を頂き、元気が出ました。
頑張ります!」

この間お話させて頂いておりますが、国は技能検定の廃止検討会の報告書で明らかにしているように、印章は本来手で彫刻するから唯一無二が表現されるものであるのに、今のはんこ屋さんは、フォントを使用してオモチャのようなハンコを機械で彫刻されている。時にはキャラクターをパソコンでデザイン?されそこに盛り込み、これがハンコ文化だと言われている。
もうどうしようもないな・・・
デジタルで印章を残そうとしておられるようだが、そんな技術もないモラルもない印影をデジタルでするより、サインをクラウドに預けた方が簡単だと経団連会長や弁護士も言っている。
まさに八方塞がりです。

しかし、そんななかでも本物を求める人がいます。
必死に探されています。
どうか、真面目に技術を習得してきた職人さん
自らとその技術を発信してください。
この間、コロナ対策のステイホームによりお客様の来店が少なくなっても、多くのご依頼を頂けるのは、ホームページやブログで発信しているからです。
何もしないで、業界内で技術はトップ、お前より上手いのは私だとひとり呟いていたり業界内で噂したりでは、貴方の素晴らしい技術は伝わりません。
現在の状況で、より伝わりにくくなっています。
収束したとしても元通りにはならず、この間広く大きく静かに消費者に浸透している「印章を追いやろうとしている勢力」による印章自然消滅の方程式で、印章の在り方は大きく後退している事でしょう。
コロナ以前より印章冬の時代を訴え続けていますが、その冬の時代を既に迎えているのです。
この認識を持ち、本物(ほんまもん)の技術を有する技術者は、今胸を張る時だと思います。
共に、パソコン印章やフォント印章、技能士資格なき手仕上げ印章を駆逐して、本物を残すために頑張りましょう!
https://mitamura-inshouten.com/

posted: 2020年 5月 11日

1 2 3 4 5 >