三田村印章店がTシャツを販売する理由(その2)

台風の目の中にあるプリンかな

【作者】蔵前幸子

 

台風10号が猛烈な台風に発達しているなか、福井での震度5弱の地震のニュースも飛び込んできました・・・みなさま、お気をつけてくださいませ。

9日から始まる国際雑貨エキスポに向けて三田村印章店は取り組んでいます。

といっても、家内と私だけ・・・私は日常業務に追われていますので、家内一人でバタバタしてくれています。

当日は中日の10日(木)以外、三田村印章店は臨時休業とさせて頂きます。

ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願い申し上げます。

 

【私がTシャツを販売する理由(その2)】

 

芸術家と職人の決定的な違いは、作品発表に対する姿勢かも知れないと考えるようになったのは最近であります。

現在、芸術家と呼ばれている過去の名人であるミケランジェロやラファエロ、ダビンチが、自分の作品を売り歩いたり、個展を開催していたという話は聞いたことがありません。

しかし、その名は各地に行き渡りパトロンよりお声がかかることはひっきりなしでありました。

それでもなお、より良い仕事を求めて、名声も上がり、自分の技量が思う存分発揮できる仕事をするために、ライバルと技量の腕比べをして、お互いを尊敬して、切磋琢磨することにより、後世に作品が残り、芸術家という称号を与えられるようになりました。

今の日本の職人さんはどうだろう。

職人の仲間内では、出る杭は打たれます。

無名性こそ尊いとする同調意識があるように思います。

本来の無名性というのは、民藝思想である、「無数の名も無き職人達の霊」のことを言います。

しかしながら、現職人気質のなかにある無名性というのは、名を出すな、杭を出すなという同調意識でしかありません。

仕事の平均化として使用されることを多々見てきました。

それでは、折角の手仕事が大量生産の仕事と同じになり、良い物、より良い物を世に出さない仕組みづくりをしていると感じてきました。

技術を量的に判断する「技能」という考え方もその一つです。

2級の仕事、1級の仕事と技量を限定的に区画していきます。

そこからは、より良い物は偶発的にしか生まれずに、互いに尊敬しあった切磋琢磨が見られません。

機械的な商品と言ってよいと思います。

印章においても、技術の平均化はある意味技術の固定化に繋がり、パソコンフォントを使用して機械彫刻されたものと、一級技能士が手彫りした仕事の違いが消費者の皆様に理解できるだろうか。

理解できる人もいるとは思いますが、きっと同じに見える方が多いと思います。それだけ技術が標準化された印影イメージが消費者に固定されてしまった。

そこに美などあり得ないし、既製の認印と同様に捺せればその役割は完結してしまう文具としての印章となってしまったのだと思います。

ですので、新型コロナウイルスの感染が拡大している中、危険を冒して仕事場へハンコを捺しに出社しなければならないという社会から悪者扱いの印面は全て平均化して同一物として捉えるしか仕方がなかった。

それだけ沢山の捺印行動が会社の中にあるようです。

印章店は、会社に依拠すれば存在出来ました。

平均的な印面を持つ文具としての印章を大量に納めれば、その経営を維持できたのです。

しかしながら、そこには平均化した面白くない美などあり得ない名前を確認する手段、責任を確認する手段としての文具としての印面しかあり得なかったのです。

それがハンコだ、印章だと認知されてしまったことへの私なりの挑戦を突きつけたい。

それが、実用印章作製のデザイン技術を表現したのが、今回の企画「HANKO KIAN」®となりました。

写真は、昨日出来上がった国際雑貨エキスポで使用するチラシです。

 

 

 

posted: 2020年 9月 4日

三田村印章店がTシャツを販売する理由(その1)

【三田村印章店がTシャツを販売する理由(その1)】

 

ブログやフェイスブック、インスタグラムを通じて、いろいろな業種の職人さんや工芸の作家さん、芸術家の方々とお知り合いになりました。

その方々の多くは、ご自身のお客様の為に作製された作品や商品を発信されています。

大工さんや設計士さんは、ご自分が作った家や建築物を写真で示されています。

陶芸家は花器や茶碗を、華道家やフラワーアレンジメントの作家さんは、花器に花を活けた作品を、写真家はもちろん写真を、書家は書作品を、根付職人は、着物につけられた根付を綺麗に写真にとられています。

自らが精魂込めてつくられた作品を発信されて、とても羨ましく思っておりました。

私の作品は、展覧会や競技会への出品作品以外は発信できません。

印面が私の作品ですが、同時にお客様の個人情報でもあり、けっして公開を許されない物なのです。

ここに印章技術が消費者のみなさんに伝わりにくいという理由の一つがあると考えられます。

絵や書、写真などの作品に対して、自らの嗜好が出来るくらいに身の周りに溢れています。

その分、鑑識眼が養われ、見る目も肥えておられる方が多くおられます。

ところが、印章の印影はどうでしょうか?

書や絵の落款印としては、目にされることもあるでしょうが、他人の銀行印や実印をじっと見ていると、契約の時は別にして、常識を疑われます。

それと多くを見て、見比べる事はありません。

業界外での実印の展覧会などは聞いたこともありません。

赤い小さな丸のなかに名前が入っている・・・そこに美などあると思っている人は少ないと思います。

捺せて写れば、印章の役割は済む、そこに美をシェアすることは考えない。

印章業界の中でさえ、篆刻は芸術作品だけど、実用印章には芸術性や美などを求めることなどありえないとされているのが、ごく普通であります。

ご自身の技術力や芸術性を発信したい人は、篆刻芸術や書家としての道を歩まれ、それを発信される方が多いように思います。

しかし、それが実用印章の美の発信に力を添えているとは思えません。

そこで、私の実用印章作製のデザイン技術を表現したのが、今回の企画「HANKO KIAN」となりました。

写真の文章は、家内が考えたものです。

ご一読いただくと幸いです。

posted: 2020年 9月 2日

久しぶりに夢を見ました

蚊帳の穴むすびむすびて九月哉

【作者】永井荷風

 

久しぶりに夢をみました。

技術講習会の大恩人で、私を可愛がってくれた故二葉一成先生の夢でした。

二葉先生主催の何かの集まりだろうか、主宰されていた檀香会(篆刻の会)でもないようである。

歴代の大印技術講習会の講師の先生方が座っておられます。

嘗ての私の先生(講師)が手招きをして座るように席を開けてくれました。

何の会だろうか?

と思ったところで、目覚めました。

68年間続いてきた技術講習会です。

あちらこちらに空いた蚊帳の穴のように、ほころびが目立つようになってきました。

この春から夏にかけては、コロナを背負った蚊がその穴から侵入してきて、休講状態が続いていましたが、先日のzoom講習会が好評に開催できてほっとしています。

振り返ってみると、二葉先生の偉大さを思わずにはいれません。

私が講師になりたての頃、講師不足の事態に陥り困り果てていた時に、先生は、「三田村君、講習会は去る者は追わず、来る者は拒まずの姿勢が一番だ」と言われました。

そのことをフト思い出した目覚めとなりました。

今また、講師不足で頭を抱えていた私に先生からの啓示かも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月になりました。

9日から国際雑貨エキスポ関西に出展します。

「はんこやが作ったユニークなTシャツ!」というコンセプトです。

何故Tシャツなのかは、追って説明させて頂きます。

写真は、大阪市魅力発信事業の小冊子です。

気分を転換して頑張ります!

posted: 2020年 9月 1日

zoom講習会

九月の教室蝉がじーんと別れにくる

【作者】穴井 太

 

明日から9月、今日は月末です。

コロナ禍により長らく休講しておりました技術講習会が、なかなか再開の目途が立たないので、昨日思い切ってzoom講習会を開催いたしました。

開催までの過程にはいろいろあり、技術委員長と現状と今後の在り方を含めて、夜遅くまで話をしました。

当日は、出欠をとっていなかったのですが、多数の講習生が参加してくれました。

何よりも嬉しかったのは、半年間お会いできていなかった講習生の元気な顔が画面を通してですが、拝見できたということです。

私を含めた講師は、通常の講習会の倍疲れたようでしたが、講習生には好評で、9月講習もzoom講習会となりました。

一人ひとりの講習生の課題作品を丁寧に図説講評と添削をしていただいたお二人のI講師のお蔭です。

この場を、お借りしましてお礼申し上げます。

デジタルに弱い私ですが、今の若い人にとって、既に当たり前の事となっていて、講習生の方から、こうしよう、ああしたらと意見が出ました。

何を言っているのかがよくわかりかねましたが、講習生はみんな理解できたみたいで、世代間格差を感じてしまいました。

挫けずに9月も頑張ります。

posted: 2020年 8月 31日

提言:「継承現場の疲弊が、業界を弱体化させてきた根本問題である」

提言:「継承現場の疲弊が、業界を弱体化させてきた根本問題である」

 

今朝、毎日新聞の「シリーズ疫病と人間」という記事に目が留まりました。

慶応の小熊教授の教育に関する論考でした。

記事の内容をお話するつもりはありませんが、サブタイトルに今の気持ちが共鳴しました。

「教育放置3か月。下方への格差が広がる」

現在、リモートワークの邪魔者扱いをされていると大宣伝中の印章にも同様の事が言えます。

印章業界の技術の在り方への誤謬とその継承現場の疲弊は、このコロナ禍によりさらに進行しています。

技術の在り方への誤謬については、この際置いておきます。

継承現場の疲弊が、業界を弱体化させてきた根本問題であると、私はここで提言しておきたいと思います。

業界の技術競技会や大印展への出品者の減少の原因の一つは、技術講習会や研究会の数が全国的に減少したことにあります。

また、少なくなった講習会の指導者(講師)の成り手がいません。

嘗ては、競技会での大臣賞やグランプリ1位の名人名工と呼ばれた人が、名誉を以ってその任についていました。

名人名工と言われる人が上手く教えたかどうかは別ですが、そのくらい人がたくさんいた時代であります。

長らく現場に携わってきた私から見ても、継承という観点無き人もおられたと思います。

現在、そういう人に限定するととても難しく、地域を越境しないと講師がいない状態です。

しかし、全国には現役の一級技能士はまだ多くおられます。

ネットショップを見ても、その肩書に「一級技能士の店」が実に多く目につきます。

一級技能士なら、印刀の作り方や印刀を使用して荒彫りして、仕上げ刀で仕上げるまでの過程の基本技術を教授出来ないことはありません。

それが出来ないというなら、その方は一級技能士の名を語る偽物です。

何故、一級技能士が講師について、後継を指導しないのでしょうか?

不思議でなりません。

一級の人が次の人が一級を取れるように指導していけば、次へ伝える役割を果たしていけば、技能検定が国により廃止検討されることも無かったと私は強く思います。

しかしながら、継承現場は講師不足で疲弊しています。

講師がいないから講習生が集まらないのは自然の理であります。

また、講習会を運営する裏方さんもいないという問題もあります。

それが、現場の実情です。

そして、コロナ禍です。

私は大阪府印章業協同組合の講師をさせて頂いているのですが、新型コロナウイルスの感染拡大が始まった3月から、既に半年間の休講状態が続いています。

毎日新聞のサブタイトルを借りるなら、

「講習放置6か月。技能検定が危ない」です。

その間、何もしないという状態ではなく、通信添削講座を私が提起して、他の講師の先生にお願いしていますが、運営は私がしています。

学校教育ではオンライン教育も取り入れており、その弊害も小熊教授は述べられていますが、それさえ導入しておりません。

こんな還暦の私でさえ、お知り合いの大学教授のご好意でzoom講義に参加させて頂いているのに、業界人は技術講習会に誰も取り入れようとはしていません。

大阪では、この30日に実験的にやってみようと技術委員長と共に取り組むつもりです。

全国ではどうでしょうか?

誰か実態を押さえている人がいるのでしょうか!

技能検定二級の受検対策講座は東京で3回取り組まれています。

近畿でも9月初旬にようやく1回目が実施されると聞いていますが、この対策講座は、通常の技術講習会からの受検者にプラスを想定しての数字出しです。

今、技術講習会が危ないのです。

休講中なのです。

従来の一級受検者への対策対応が出来ないでいます。

そういう現状を理解されているのでしょうか?

 

ここで、「継承現場の疲弊が、業界を弱体化させてきた根本問題である」という提言への対策として三つの提案をさせて頂きます。

  • 全国の継承現場の実態把握

全国に技術講習会や研究会、講座等がどのぐらいあり、講師と講習生、運営者の数を把握すること

  • 講習カリキュラムについて

講師のいないところ、指導カリキュラムを考えられない所への『印章教科書』を利用しての援助、やりたくても予算がないところへの補助

  • 検定対策への補修、講座を都道府県任せにするのではなく、できないところへ全国から援助すること

 

 

posted: 2020年 8月 23日

誰も行かない、誰も何もしない夏

家はみな杖にしら髪の墓参

【作者】松尾芭蕉

お盆のお墓参りは、父方と母方の日にちを分けてのお参りとしました。

コロナと熱中症の両方を心配しながらの墓参となりました。

両親がはいっているお墓は、歩いて行ける距離ですが、母方は電車に乗り、バスに乗り換えて行かねばなりません。

母方の伯母さんから「今年は、危ないからお墓にいかなくていいよ。」と言ってもらいましたが、毎年の墓参なので、やはり気になります。

その墓地には、親戚のお墓もあり、みなさん気遣って下さっていました。

ところが、みなさん墓終い(はかじまい)をされたと伯母さんに聞きました。

それなら、高齢な叔母さんらはお参りしないし、他の誰もお参りしないことになります。

誰も行かない・・・というところに、引っかかり、例年のごとく墓参いたしました。

新型コロナウイルスの感染拡大により、この夏はいろんなものが中止になりました。

お盆の帰省、夏の甲子園大会、夏フェス、夏コミ・・・

中止になれば、誰も行かない・・・何も残らない・・・

昨夜は五山の送り火をテレビより手を合わせました。

火床の数は減らされましたが、それでもLEDライトの点灯よりも、ご先祖様の魂が帰られる点火に心が動かされました。

灯りが点けばよいとするのではなく、その心を大切にするのが日本的霊性の在り方だと思います。

印章も、押せればよいから、押すのが面倒だ、形がデジタルで残ればよい・・・まるでLEDライトの大文字ですね。

五山の送り火も中止にするのは簡単です。

伝統を引き継ぐには知恵がいります。

知恵のみでなく、経験の継承が大切です。

何もしない

誰も行かない

誰もしない

では、経験が継承されません。

 

さあ、お盆が明けました。

技術講習会の通信添削の郵便が届き始まました。

頑張ります!

技術継承も何もしない誰もしないなら簡単ですが、それでは墓終い同様になります。

お盆最中に大競技会の結果返送作業をされていた東京の技術委員のみなさま、ご苦労様でした。

火床を減らしても、その灯火を絶やさないようにしたいものです。

誰かがしないとね。

受け継ぎ伝えるために、貴方は何かしていますか?

 

posted: 2020年 8月 17日

当たり前の話ですが、印章はアナログです

盂蘭盆会 遠きゆかりと ふし拝む

【作者】高浜虚子(たかはま きょし)

 

明日よりお盆休みのところも多いと思います。

当店もそうさせて頂きます。

コロナで今までに等閑にしてきたことが露呈してきて、10日の五十日を挟んでも9日間のお休みをされているところが多いように思います。

等閑にしてきたこととは、印章はアナログであるということです。

大量消費大量生産の時代に印章はアナログであるという事を忘れて、その生産方法をデジタルに頼ってきました。

その当時は、これに規範を与えるなら、それも時代の趨勢であると思っていました。

技術講習会にPC型彫刻機を持ち込み、その操作方法を教授せよとの理事会よりの圧力もありました。

しかしながら、それに呼応する講習生はいなく、上手くそれをかわしつつ、印稿指導という形にして上を誤魔化してきました。

技術講習会という継承現場にさえ、デジタルでの生産方式が入りつつありました。

市場では、どんどんとオモチャのようなハンコが乱売され、印章の価値を低下させることに一役買ったのが、デジタルでの生産方式です。分速で販売されるネット市場において、分速で生産されるハンコは、職人が手間暇かけて作製するアナログ式印章とは、大きな隔たりを世間に露呈していきました。

しかし、業界はそこに線引きをせずに、印章を販売するという一点で公益とすると、それらを許容して仲間に引き入れました。

デジタルによる大量生産型の合理的経営姿勢が評価され、アナログ型の製作現場は無視され、印章技術の継承者は質量ともに低下の一途を辿っています。

そこに新型コロナがやってきたのです。

 

東日本大震災での津波被害に対して河川をコンクリートで固める護岸工事に反対したのは、この春亡くなられたC.W.ニコルさんでした。

森林を伐採し続けた国の在り方に根本的にモノを言ったのは、日本に帰化した彼でありました。

根本的なところに目を向けないと、このwithコロナ社会は乗り越えられないと私も思います。

 

嘘に塗り固められた商業主義的なる在り方が印章の価値を低下させてきたことは、事実です。

はっきりとデジタル式生産方法と訣別する時は、今であります。

印章はアナログだから意味を持つのです。

目先を変えた、デジタルで加工されたキャラクター入りハンコを文化としてほめたたえる業界には、もう未来などあり得ないと思います。

あまりにもデジタルによる生産方法に慣れてしまった業界人からすると、今更何をいっているのかと失笑されることと思いますが、いままで目をつむり失笑してきたことが本来大切な印章の本義であったということを忘れないで欲しいと思います。

https://www.tfm.co.jp/forest/index.php?itemid=164907

 

posted: 2020年 8月 12日

< 3 4 5 6 7 >