本質をきちんと伝えるために

もつれつゝとけつゝ春の雨の糸
【作者】鈴木花蓑

連続テレビ小説『スカーレット』がいよいよ佳境に入りました。
川原喜美子先生に観光客向けの陶芸教室の依頼をするなんて、自分を責めながら頼みに来た信作に、喜美子はあっさりと引き受けた。
他の窯元の息子さんは、アーティストであり、陶芸教室のようなことはさせないと断られた穴埋めであったようです。
またその時、信作の部下が喜美子の作品を見て、「どこがええんやろ?こんな地味なもの・・・」

私もアーティストではなく、一職人であると自負しておりますが、嘗てしていた「篆刻教室」のようなことを今は、しておりません。
「篆刻教室」で実用印章が伝わるなら、ドンドンとやりたいのですが、それのみをしていても、或いはそれをしていても印章の本質や実用印章の意味が伝わらないように感じています。
現に、実用印章は危機を迎えています。
篆刻教室で作るものは、実用印章ではなく、製作するのは落款印です。
その落款印を作るという事への参加者の創作活動に対する喜びはあるとは思います。
しかし、落款と実用印章の彫刻はある意味違います。
安直なところは、フォント文字を使用して、それを彫刻させているところもあります。
パソコン印章やフォント印章の宣伝にはなりますが・・・
勿論、印章を製作することを、広義には「篆刻」といいますが、篆刻教室でされるのは実用印章とは距離があるのです。
距離を縮めるプラスアルファをされていない。
(例外として、神奈川県の印章技能士会は字入れ体験も含めたり、実用印章の彫刻体験もされていると聞き及んでいます。)
あちらこちらから怒られそうですが、本質を伝えるという事からすると、「篆刻教室」というプロデュ―スは、今や業界や職人の自己満足かなと思います。

喜美子の陶芸教室は、はんこ屋さんの「篆刻教室」と少し意味が違うと思います。
「どこがええんやろ?こんな地味なもの・・・」という問いに対して、陶芸の本質を伝えようとしています。
陶芸は、アーティスト仕事ではなく、職人仕事である。
陶芸教室に来られた女性の感想・・・
「一週間の真ん中の水曜日に仕事に行くのが辛く、朝起きるのが嫌でたまらなかったが、陶芸教室でつくった湯飲みでお茶を飲んで、さあ頑張ろうと思えるようになった」
きちんと実用のなかに息づいています。
アーティストは、そんな事をしないのでしょうか?
しないというアーティストは、信の在る(思想を持った)アーティストだと思います。
今の似非アーティストは、体験教室的なことをされています。
それは、印章のそれと似て、本質を伝えるのではなく、パフォーマンスによる自己完結であるように思えますし、現実に何も伝わっていないと観察できます。
本当の意味でのプロデュースとは、生産と結びつきの在るものとマルクス・ガブリエルも昨夜のテレビで話していました。

現下、生産と直結している問題は、何といっても印章の技能検定廃止が厚労省により検討課題の議題となっていて、技能検定の世界から印章が消されようとしていることではないでしょうか!
私から言わせると、「篆刻教室」をしている場合ではなく、それは篆刻家と呼ばれる人達の役割で、カルチャーセンターでもやっておられます。
今のはんこ屋職人は篆刻教室をするのではなく、篆刻を勉強すべきです。
技能検定を守ることが出来るのは、印章制度や印章文化を守ろう!と旗頭を鮮明にされている方たちにしか出来ないことで、それは生業を守る喫緊の課題であると私は思いますが・・・。

今日は冷たい春の雨、週末にも雨模様の様ですね。
しっかり仕事が出来ます。

posted: 2020年 3月 4日

幸福の木の花

何なのこれ!
月曜日なので、植物に水を補給する日です。
黄綬褒章を頂いたお祝いとして、お世話になっている税理士事務所さんから頂いた「幸福の木」に花の蕾らしきものが・・・
バタバタしていたので、全く気がつきませんでした。
調べると、十数年に一度しか咲かない花とあります。
何か良い事があるかな・・・。

印章は、職人一人ひとりの創作物であるので、世界で一つしかないものが作り出されます。
それは、摹印篆が唯一無二の論拠であるのと同時に、もう一つの論拠としての位置づけを持ちます。
また、物作りの原点である物への信用を計る試金石でもあると思います。
印章がパソコンやそれに内在するソフトで製作され、またAIで唯一無二を調整されているとすると、論理的に印章の存在は不要になります。
印章を介さなくとも、人が直接パソコンやAIと結びつけばよいのです。
パソコン印章やフォント印章の存在を認めてしまうと、そこには印章の本質的意義やその為にあるはずの印章への技術の在り方が変わってきます。
現在、印章の社会的存在を認められている技術というのは、彫刻技術です。
一つひとつ違うものを彫刻して印章に仕上げているという本質的意義を有した技術です。
パソコン印章やフォント印章には、それが不要となります。
彫刻は、プリンターという彫刻機がしてくれます。
それをいくら手仕上げしたところで、パソコン印章には変わらないので、技術はいらないのです。
技術がいらないということは、印章彫刻技術がいらないということです。
その証明として、技能検定が危機に瀕しても、それが印章業界にとって重要な課題で、その存在意義をも左右するということすら分からない輩が市場を独占し、市場が存在しなくなるまで、そのカスまで搾り取ろうと足掻いています。
量産しなくては成り立たない業は、既に印章業の在り方を崩しているのです。
当店も繁忙期の現在、休日出勤しなくてはいけないのは、量産できない、一つ一つを印章彫刻技術を以ってそれにあたっているからです。
決して、それほど儲かりはしないですが、多くの小さな職人的印章店により、印章業が支えられてきたことを忘却し、強き?ものになびいていると、いつか自分で自分の落とし穴に落ちてしまっている多くの印人を観察しなければならなくなることと推測いたします。

何度もいいますが、印章は大量生産できないものです。
秒速で販売されたものは、技術を通してのそれではありません。
印章は、職人の手により創作されたものであるので、唯一無二を維持できるのです。

以前、「幸福の木」に毎日水をやり、根を腐らせてダメにしたことがあります。
今回は、毎週月曜日のみに水やりをしています。
水分もやり過ぎてはいけませんし、やらないと死んでしまいます。
今、技能検定が出来ない業界なのは、継承現場を軽視してきたことにありますし、それに気づかないふりをしていると、さらに大変なこととなります。
少しは水を補給してほしいと思います。
令和4年1月に技能検定は実施されます。
来年になりバタバタさわいでいたのでは、もう間に合いませんよ!
根腐れなのか瀕死の状態なのか、継承現場は疲弊しています。

posted: 2020年 2月 24日

取材がありました

雛飾りつゝふと命惜しきかな
【作者】星野立子

のどかなお天気であった昨日の午後に、とある取材を受けました。
発刊されれば、詳細を再度お知らせいたします。
自分や自分の技術の事より、まず印章やその技術を取り巻く環境についてのお話を熱い想いを吐露するように、しゃべくりました。

業界自らが規範なき市場を作り出してしまい、印章の価値がドンドンと低下するなか、技術者や技術面をした者たちが、自分たちの印章をブランド化しようとしても、既に印章の価値低落に拍車がかかってしまっています。
ブランド化の土壌が無くなりつつあるということです。
その中において、需要減少の中において、自らの技を説明することには限界があるのと同時に、それでも生き抜きたいという「命惜しさ」の自分がいるという言葉も、ライターさんに向けて出ていたと気づかされました。

おそらく、印章は冬眠の時代に入っていくことだろうと思います。
それは、規範なき市場に背を背けることのできる力を印章が有しているうちに実施される事と思います。
戦国時代ではありませんが、ましてや二本刺しが武士のファッションとなってしまった江戸時代にさえ、刀鍛冶という職業は成立していました。
村の鍛冶屋は、ほとんどが姿を消した今日でも刀鍛冶はおられます。
刀鍛冶を職人と呼べるのかどうかは知りませんが、本物を鍛えておられます。
刀剣に既製品や、キャラクターやフォントを使用したものは、見たことがありません。
刀のデザインをパソコンで、学校出たての若いデザイナーまがいがされていると聞いたこともありません。
本物しか残らなかったのです。

この際、印章も本物思考が生き残りのキーワードになる事でしょう。
印章の本物とは、印面にきちんとしたデザインが表現された作者の創作物であるということです。
これからの印章の在り方は、手技で鍛えたその表現力を大いに生かして、本物思考を持つ人との共感を高めていくという事だと予想します。
それが、芸術と呼ばれるのか、美術と感じられるのか、伝統工芸として位置づけられるのかは分かりませんが、はっきり言えることは、偽物は自らの手で、その道を狭くし、自滅の道をたどる事だけは明確なことでしょう。
それでも印章は生き残り、冬眠期を経て次世代に引き継がれることと想像します。

posted: 2020年 2月 20日

印章も海を選ぶ日が来るのだろうか?

 

水温む鯨が海を選んだ日
【作者】土肥あき子

今週は、野暮用多く、仕事も多く、バタバタ致しました。
この日曜日は、技術講習会。
この日は、大競技会出品者にとっては最後のチェックの日。
講習会が終われば、遅い新年会・・・。
来週も、家内の頑張りを以って取材が入っています。

初期の鯨は、化石によると後ろ脚の跡があるらしい。
水が温んで、陸から海に入ったのかどうかは、定かではありませんが、海を選んだのかもしれませんね。

印章も今は、朱肉で紙の上に捺印されますが、時代の変化と共に、違う生き方をしていくかもしれません。
その力は、印章には内在しているのです。
今、パソコン印章が巷に乱売され、従来の職人が生み出す創意の産物である印章が、それらパソコン印章人?により失笑され駆逐され追い込まれています。
にもかかわらず、技術の継承現場が軽視され、パソコン印章族を擁護するような業界の動きに疑問を感じます。
そして、悲しきことに技能検定すら維持できない技術水準の印章業界です。
きっと、印章は海に向かいます。
その持てる力を発揮できるうちに・・・。

posted: 2020年 2月 15日

フォント印章やパソコン印章は、舞台から退場願います。

早春や藁一本に水曲がり
【作者】田中純子

春先の三寒四温とは、また違った変なお天気ですが、しばらくは暖かいのかな・・・。
お蔭様で大変忙しくさせて頂いております。
しかし、昨年消費税増税後の閑散期を思うと、怖いものを感じます。
当店は、印章のみで生計を立てています。
それが良いとか悪いとかは別にして、そうするには大変努力しています。
フォント印章やパソコン機能を使ったデザイン?印章に負けないように、本物のきちんとした印章の魅力ある印面デザインをどのようにしたら消費者の皆様に知って頂けるかの工夫を日夜考え続けています。

連続テレビ小説『スカーレット』に、我々の年代には懐かしき烏丸せつこが新しい登場人物として出てきました。
喜美子が作った作品が欲しくって800万円を用意してきました。
丹精込めて作られた芸術作品には、作者の想いがこもり、その想いと会話したり、奏でる音を聞いたりできる人が、烏丸せつこの役、謎の女性・アンリです。

印章彫刻に携わっている職人が、それほど魅力的な作品をお客様にお渡ししているか・・・それがこれから問われる時代です。
フォントでごまかしの大量生産をしたり、パソコンの機能を使用して印章には門外漢のデザイナーが文字を曲解したりすることは、印章への不信を生む玩具としての価値しかありません。
以前は、もう少し寛容な姿勢でありましたが、ここまで不信が広がったものは、舞台から退場してもらわなければなりません。

私が作成した印章から、音が出るか何が出るかは分かりませんが、私の手が私の想いを伝えてくれている印章だという事は間違いがありません。
きちんとした印章は、その印面のデザインにきちんと手間暇をかけて沢山のデザインを苦労して考案します。
その中から、お客様に合うものを共に模索し、決定されます。
そして、荒刻し、仕上、浄刻、だめ押しと結ばれます。
美を備えたきちんとした印章は、このように慎重にして想いを込めて作られるものでなくてはなりません。

posted: 2020年 2月 14日

立春にて

ご破算で願ひましては春立てり
【作者】森ゆみ子

暦では、立春です。
節分が過ぎ、暦を分けて春を呼ぶ
易では、この日を境に運命が変わるらしいとのこと・・・
いろいろと、ご破算にしてほしいことが多い年でした。

夫婦で連続テレビ小説『スカーレット』を見ています。
八郎と距離を取ってまでも穴窯に執着し、自分の道を貫く喜美子に共鳴していると、家内が「あんたは、やはり芸術家肌や。でも、そういう人が家に二人おったら対立するのはあたりまえや。」と言います。
私は芸術家ではなく、職人肌で一つの事を追求しだすと夜昼関係なく、寝食をとらずにでも突き通す性格(たち)です。
もう一人、自分と同じたちの人間がいたら、喧嘩が絶えず、上手く付き合うことは難しいと思います。
黄綬褒章の受章の折に、受章会場で出会った職人さんや芸術家の人達は、やはりどこか変わっていました。
向こうも私を見てそう思っているかもしれませんが、一つの道を貫いて何かを作り上げ後世に伝える努力をしている人には共通点があるのかもしれません。

写真は、お客様にお渡しする時の印面を捉えた写真です。
黒水牛です。
作業時には、文字が見えやすいように印面に朱墨を添付して作業します。
それは、職人の都合です。
上手な職人は、朱墨の粒子を細かくして、ささっと添付するので、仕上をかけた後は、刀の切れがくっきりと出て、とても綺麗な線が表現されます。
しかし、それも職人の自己満足です。
この自己満足から下請け仕事が多かった私は、なかなか抜け出す事が出来ませんでした。
しかし、使用するのはお客様です。
印面にはどんなに上手な職人さんにより粒子が細かい朱墨が添付されても、それを洗い流している化粧無しの印面の方が、はるかに綺麗に捺印できます。
最近では、これを添付する機械も出現、呆れることに金箔を添付して喜んでいる商売人もいるとか・・・本末転倒とは、こういうことです。
化粧もし過ぎるとお化けになります。
節分が過ぎ、本日の立春ですので、「お化け」は終わりにしたいものですね。
化粧で膨れ上がった醜い、お客様不在の印章をお渡しすることは、そろそろやめませんか。

posted: 2020年 2月 4日

ウイルス退散祈願

節分や 鬼もくすしも 草の戸に
【作者】高浜虚子


1月の日曜日は、全てゴム印彫刻技能検定関連のお仕事で埋まり、お休みらしき日がありませんでした。
今朝はゆっくりと起きて、午前中は休息を頂きました。
午後からは、仕事量調整で店に出てきています。
大阪城が近くにあり、海外からの観光のお客さんが多いので、皆さん対策のためにマスクをされている人やお店の定員さんが多いように思います。
アルコール消毒が良いとのことで、店に持参して拭きフキさせていただきました。

今日は、(公社)全日本印章業協会(以下全印協)の理事・地域統括者会議が東京で開催されています。
2月6日には、厚労省による「第25回技能検定職種の統廃合に関する検討会」があり、印章職種もおそらくその審議対象として課題に上がる事だろうと推測されます。
技能検定が印章業界からなくなるかどうかの瀬戸際の全印協の地域統括者会議となります。

パソコンのフォントを利用した仕事ではなく、手で仕事をして「きちんとした印章」をご提供出来る技能を有している(するかどうかはべつにして)技能士の資格を得ることのできる国家検定試験が技能検定です。
それさえ維持できない業界は、技能という考え方のみではなく、技術を重視していない、粗悪な品を消費者に提供し滅びていく業界であるという事を社会的に認知されても平気であるという事だと私は思います。

今の業界には、体を蝕むコロナウイルスではありませんが、「きちんとした印章」を侵蝕していくウイルスが蔓延し闊歩しています。
そのウイルスとは、全印協が掲げる『印章憲章』《印章業者は、印章の本来の目的、信証の具としての約束を忘れてはならない。信証の本質は「唯一無二」である。》において明記されている印章の立脚点を踏みにじる同型印の危険性をはらみ印章の価値を貶める商品を蔓延させているものであります。

ウイルス自体の退治が難しいのであれば、その予防をする方策を示さない限り、印章はその力を持ち冬眠していくことでしょう。

全印協の地域統括者という方々は、各都道府県組合では理事長や組合長と呼ばれている方々です。
本日、その英知を持ちまして、喫緊の課題である技能検定存続に向けた方針と行動指針を示されることと、大きな期待を持ち、休日であるにもかかわらず、東京に集まり会議をされているご苦労に感謝したいと思います。

明日は節分です。
コロナウイルス退散、印章業界のウイルス退散を祈願したいものですね。

posted: 2020年 2月 2日

< 3 4 5 6 7 >