最高の道具・・・手

こんにちは。
今日は、成人の日です。
お蔭様で休日出勤で、忙しくさせて頂いております。
成人を迎えた日本の若い人に、印章のみならず、手仕事の品物や道具を持ってほしいと心から思います。
それは、自らに共鳴した物であり、一生を通して友とも言える価値あるものとなるでしょう。
コンピューターは、一律なるものを大量につくる大きな塊であり、魂ではありません。
魂なき物を持って、すぐに飽きたり捨てたりゴミとすることのなきよう切にお祈り申し上げます。

以下、柳宗悦著『手仕事の日本』よりコピペ致します。
「前略・・・なぜ機械仕事と共に手仕事が必要なのでありましょうか。機械に依よらなければ出来ない品物があると共に、機械では生れないものが数々あるわけであります。凡すべてを機械に任せてしまうと、第一に国民的な特色あるものが乏しくなってきます。機械は世界のものを共通にしてしまう傾きがあります。それに残念なことに、機械はとかく利得のために用いられるので、出来る品物が粗末になりがちであります。それに人間が機械に使われてしまうためか、働く人からとかく悦よろこびを奪ってしまいます。こういうことが禍わざわいして、機械製品には良いものが少くなってきました。これらの欠点を補うためには、どうしても手仕事が守られねばなりません。その優れた点は多くの場合民族的な特色が濃く現れてくることと、品物が手堅く親切に作られることとであります。そこには自由と責任とが保たれます、そのため仕事に悦びが伴ったり、また新しいものを創る力が現れたりします。それ故手仕事を最も人間的な仕事と見てよいでありましょう。ここにその最も大きな特性があると思われます。仮りにこういう人間的な働きがなくなったら、この世に美しいものは、どんなに少くなって来るでありましょう。各国で機械の発達を計ると共に、手仕事を大切にするのは、当然な理由があるといわねばなりません。西洋では「手で作ったもの」というと直ちに「良い品」を意味するようにさえなってきました。人間の手には信頼すべき性質が宿ります。・・・後略」

posted: 2019年 1月 14日

超絶技巧の捉え方

工芸の超絶技巧という世界があります。
明治に日本の工芸を海外に輸出するために、作られた海外向け工芸と言って過言ではありません。
技巧を超絶しているのですから、それはもう芸術の世界、ある意味芸術としての輸出でありました。
それは、日常使用される工芸美とは少し違った世界観を表現しています。
ある意味、日常品としての工芸には邪魔な技巧かも知れません。
しかし、明治のそういう技巧があったから、技術自体は進化した。
そして、それを表現した職人にとっては、こんなこともできるんだという腕試しであったと思います。
それは、日常品としての工芸論と時代の在り方として無駄ではなかったと思います。
手技に無駄なことなど何もないのですから。
その反動として、暮らしに寄り添う工芸としての民藝や用の美という思想が誕生したのだと思います。

印章においても、超絶技巧とまではいきませんが、密刻という細密画と文字のコラボ作品が展覧会や競技会作品としてあります。
しかし、それは職人の腕試しであります。
以前にもお話したことがあると思いますが、現在の印章彫刻技術は日本独自に発展してきたものですが、彫刻方法そのものは、西洋活版技術の木口木版技法の伝来から誕生したもので、現在実用としては存在しませんが、版画美術として木口木版は生き残っています。
その作品は、細密画の表現としては、印章の世界の密刻よりも技巧的には勝るものを多く拝見してきました。
細密画だけならそうですが、密刻は文字とのコラボであります。
文字が生きていてこそ価値を有するものです。
それをフォントや他人の文字を使用して商品化しようなどということを考えると、木口木版の世界から失笑を頂くであろうし、今の文様や絵、キャラクター、似顔絵などを印章世界に取り入れた商品は、印章とは別物と考えないと、印章史に汚点を残すばかりか、印章を堕落させる一助になりかねないことを強く指摘しておきたいと思います。

posted: 2018年 12月 18日

印章が、そんなに簡単になくなってたまるかい!

NHKのドラマ10『昭和元禄 落語心中』が、昨夜が最終回でした。
もう少し、やっていてほしいなぁ~と思えた久しぶりなドラマでした。
今日は内容の感想を語るのではなく、師から弟子へ、そしてその弟子が師となり、そこに弟子が集うという「継承」というあり方について、思うところを述べたいと思います。

「落語心中」の中では、継承するものは、人を通しての落語でした。
私にとっては、印章です。
印章彫刻技術や技能ということではなく、あくまで印章なのです。
ここいらあたりから、昨夜の余韻がのこっているので、少しばかりお江戸の言葉でお話さして頂きやす。
ドラマの中でも、憲兵に「公演中止!」と制止されても、尚且つ落語を話し続ける・・・「もう落語は無くなっちゃうんじゃないか」という時代においても、師から弟子へという気の遠くなるような作業のなかで継承されてきたのが今日ある落語だと思います。
簡単に話しましたが、やっている本人たちにとっては、この継承はドラマになるくらい大変な作業だと思います。

印章の継承もそうですが、今ちょっと事情が変わってきてやしませんか。
印章を継承するための技術です。
その既存の継承現場が、今まだあります。
技術講習会
技術研究会
技能検定
技術検定
技能グランプリ
大印展
全国印章技術大競技会
何度も言うようだけど、今!ここにこそ力を注がないと、印章の継承にとって大変な時期がやってくるよ。
いや、今進行しつつあるよ。

その一つが、デジタルガバメントかも知れない。
印章は公益的なるもんだとして、全国組織自体をちぐはぐさが残存する中で、「公益」というお墨付きを国から頂いた。
デジタルガバメントという問題が起こり、その「公益」が対応しようとすると、政治連盟を窓口にしてしか対応できないときやがった。
なんなんだ、大きな犠牲を払いながら得た「公益」という看板では話もきいてくれないのが日本国かい。
業界自体も文句の一つもいやあいいのに、それなら政治連盟を作りますといって、いとも簡単にそれをおっぱじめやがった。
何のために多くの印章とその本質を守ろうとした仲間を見捨ててまで、「公益」という看板を得たんだい。
えっ!
激安店や同形印販売店を多く受け入れるためにかい。
『印章憲章』に対して恥ずかしくないのかい。

菊彦と助六のようなやつは、もうこの業界にはいないのかい。
印章は、人と人との約束事を司る想いを運ぶ大切なツールなんだぜ。
そのことを、くれぐれもお忘れなく、宜しくおねげえしやす。
あたしゃ、まだ希望は捨てていないよ。
印章が、そんなに簡単になくなってたまるかい!

posted: 2018年 12月 15日

印章の正しき価値を取り戻そう!

今回の京都大の本庶さんのノーベル賞の授賞式を通して一番印象に残ったのが、在スウェーデン日本大使館が主催した記者会見での日本の製薬企業の現状についての発言でした。
「研究所を廃止し、外から(創薬の)種を拾ってくる方向にシフトしている」と指摘。
また「トップがそろばん勘定しているだけの人ではまずい。サイエンスが分かる人でないと、(研究の)価値が分からない」と注文を付けたと報道されています。

トップとは、物の本質を理解し、それを発信できるだけの能力のある人のことを言うのだと思います。
本庶さんの場合はサイエンスであり、私の場合は印章です。
印章への理解度が低い人、それをそろばん勘定にしか置き換えることのできない人がトップになったり、そろばんを貼り付けた印章を発信するならば、長い目で見ると、印章の継承はあり得ないと考えます。

本庶さんにとっての研究者は、印章にとっての技術講習会や研究会と言って過言ではありません。
そこに一番力を注がないと、技能検定は勿論のこと、全国グランプリや展覧会、競技会も無くなっていくでしょう。
技術の継承とその思想が無くなるということは、どういう事なのかを、今真剣に考えないと大変なことになります。

派手なパフォーマンスや宣伝行動が、印章制度や文化を守れると思っているのでしょうか?
勿論、技術だけでは印章は成り立ちません。
大切なことは、何を彫るかです。
我々は、何を彫っているかということです。
印章業者は、何を扱わなければいけないかということです。
文具や玩具を扱っているのでしょうか?
芸術作品を扱っているのでしょうか?

いえ、印章を扱っているのが印章業者で、それを彫刻しているのが印章彫刻技能士や職人ではないでしょうか!
だから、価値ある印章がつくれる
だから、世にひとつだけの印章が販売できる
他事は、他の人やパフォーマーやおもちゃ屋さん、芸術家がなさることだと思います。

posted: 2018年 12月 11日

プロ野球と草野球

明日に向けて更に寒くなるとのことです。
体調を崩しておられる方が多いようです。
お気を付けください。

流石に極月の師走ともなると、忙しくバタバタしております。
が、朝刊に気になる記事が掲載されていましたので、どうしてもご紹介したくなりました。
ノーベル賞の授賞式に臨まれる本庶さんがニュースになっています。
その本庶さんの一番弟子の松田さんが、本庶さんへのお祝いと思い出を語っていました。
松田さんが97年にヒト免疫グロブリン遺伝子の全遺伝情報を解析した研究成果に対して、本庶さんは次のような祝辞を贈った。
「有名学術誌に打ち上げ花火のような論文を載せることが大事ではない。君たちも教科書に載るような仕事をしなさい」と・・・

印章業界には、技術力への評価としての展覧会や競技会があります。
来春には技能グランプリもあり、課題も公表されました。
いくらそこで金賞や1位をとっても、その技術をお客様に還元できないものであれば、それは職人の技術力ではなく、単なる自己満足の趣味になり果てる。
科学者と職人が同じではないかもしれませんが、向かう方向が大切だと思います。
自分や自分の満足、幸せにのみ向いている自己実現的なものなのか
他の為に、周りの人の為に、お客様の為に向いているものなのか
それにより仕事が大きく変わってくると思います。

昨日、ある方からご相談の電話がありました。
おじいさんがはんこ屋をしていて、道具があるので、自分ができるだろうかというお話でした。
詳しく聞いて行くと、技術を覚えてはんこ屋を経営したいというものでした。
業界内のご子弟なら、どうぞ技術講習会に来てくださいというところになるのでしょうが、おじいさんのお店はとうの昔に廃業されていて、一からということでした。
今の業界の状態をお話して、今から初めてご飯を食べていけるだけの業界環境ではないというお話もさせて頂きました。
その上で、技術講習会に来られるかどうかを検討されるという運びとなりました。
業界内の人やご子弟からすると、ある意味技術講習会や展覧会、競技会は仕事に直結するものではないのかな?
技術を覚えないと、食べていけないという切迫感を講習生からあまり感じません。
外から見れば、食べていくための技術であり商売であるのが当然だと思います。
私や同僚の講師の先生方の講習生時代には、技術を覚えることの目的がはっきりとしていたのだと思います。
明日からの仕事のためです・・・。

勿論、自分が身に着ける技術ですから自分のものです。
それは、誰から教えて頂いたのか
そしてそれをどこに向けなければならないか
また身についたものはどのようにして還元していくのか
後進に伝えて自分の技術が生きて来るということを意識出来ているのか

それがない業界ですので、次に続かない今の現状があり、それを社会が見ているということなのかな。

最後に、新聞の記事にもありますが、本庶さんが研究室のミーティングで院生らに問いかけた言葉の中に答えがあるようにも感じますので、ご紹介しておきます。
「野球には草野球とプロ野球がある。サイエンスもそうや。ぼくはプロ野球をやりたい。君たちのは草野球になってませんか?」

posted: 2018年 12月 7日

師走に想う

昨年の暮れに楽天市場に出店させて頂いていた「煕菴印社」を卒業させて頂き、その後に充電期間を頂き、自らの世界観を打ち出した経営方針に大きく転換させて頂きました。
より広く、多くの人にご提供するというのは、聞こえが良いようにも感じますが、量産体制とそれに応じた多額の宣伝方法を駆使しなければなりません。
そのどちらとも、私の世界観とは大きくかけ離れるものです。
勿論、印章という概念やその社会的役割が多くの人に受け入れられなくては、世界観の押しつけになるし、商いをする意味がありません。
その根底が崩れると、趣味の世界観になり果てます。

今年の3月には、「三田村印章店は印章をきちんとデザインする印章店である」というコンセプトに基づきDesigned & Crafted.三田村印章店「姿の美しい印章」として「捺捺捺」というブランドを立ち上げました。
その後、業界環境は著しく変容悪化していきました。
世界観の違うやり方で、今あるうわべを救い取るようなやり方が横行するようになり、それが印章制度や印章文化を継承発展させると、誤認されているような動きが目立ち始めました。
うわべに対してあがく事よりも、何故うわべにある表層状態が発生しているのかという根本を正すことから顔を背けても、次には違ううわべが表層化してくるだろうと思います。
世界観を同一に出来ないやり方に巻き込まれている本来は同一な世界観の方もおられるようですが、印章から学ばずに、印章の在り方まで利益優先型に変容させるような世界観には、驚愕し賛同しかねます。
本来の印章の在り方を追求し、印章と先人から学んでいくという姿勢を回復していくためにも、そのあり方から距離を置きたく考えます。
「おしで」の思想から大陸の政治制度や文化と融合して発展してきた日本印章史を、とりわけ私印として定着してきた実用印章の信用性と価値を守っていくことが私の世界観であり、私のお客様への還元だと改めて思いを深める師走となりました。

 

posted: 2018年 12月 4日

大阪万博は炭をつげるのか

学問の さびしさに堪え 炭をつぐ
山口誓子

寒い朝でした。
朝刊には、「大阪万博決定」の文字がありました。
嬉しくもなく悲しくもなくというのが感想です。
1970年の万博は、小学校5年生で、地元ということもあり、友達と一緒に何回も行きました。
楽しかった思い出も残っています。
今は、当時と時代が違います。
同じような事をまたやるのでしょうか。
イベントを国や自治体が誘致して、何かメリットがあるのでしょうかとFB友達が発信していました。
2025年というのは、7年先です。
イベントはイベントです。
この頃、国や自治体が政治よりも商売人のような事を言い出したり、行おうとしているのも不思議な現象だと感じます。
嬉しくもなく悲しくもなく、興味がありません。

1970年の万博の頃は、祖母が火鉢に炭を毎朝おこしていたのが思い出されます。
消えかかる火鉢に炭をつぐのは、学問でいうと、孤独な作業をコツコツと積むということです。
技術習得とその継承や伝統文化を受け継ぐのも、消えゆくことに炭をつぐ作業と同様で、イベントで派手なパフォーマンスをいくらしても、一時の盛り上がりや流行を作るかもしれませんが、そんなことより黙々と炭をつぐ作業の方が、効果があるし尊い仕事だと思います。
地道な炭をつぐ作業が無くなれば、いくらイベントをしても火は受け継がれずに虚無なることだと思えてなりません。

posted: 2018年 11月 24日

< 2 3 4 5 6 >