技能士資格は、これから始まる厳しい印章技術生存コースの入場チケット

先日、仏像彫刻をされているFB友達のSさんからご指摘頂いたことがあります。
海外の格安量産型の仏像が市場の9割を占めているが、それでも本物をとSさんへの依頼は絶えないとのことです。
その頼み手は、資格を気にしなくなってきて自分の目で確かめて決める人が凄く増えてきた気がしますとご助言をいただきました。
印章彫刻における資格は、技能検定です。
この資格のみで印章彫刻の上手い下手を決められるものではないという事は、この検定の運営や検定員を長らくしてきた私自身が一番よく知っていることと思います。
印章業界の技術の在り方では、この検定は技術を販売する者の通過点であり、最低限の資格であります。
ブログにもありますように、4年前の技能検定から2級の内容が変わりました。
試験内容を詳しくお話しても分かりにくいのですが、この試験内容が変わったことにより、はっきりとしたことがあります。
それは、1級は手彫りが出来る職人であるということ、2級は手仕上げが出来る職人であるということの最低限の社会への約束ができたということです。
印章業界の全国組合組織が導入し、それをささえてきた資格です。
また、今もそれを維持するために努力を続けているのですから、又続けていくなら、(公社)全日本印章業協会の会員さんなら当然受検を支持していただけることと考えます。
上手い下手は、その上の精進次第だと考えます。
これからは、このコロナショック後の印章技術の在り方は、その検定という資格にとどまらず、仏像彫刻のSさんに言われる方向で動いて行くと思います。
いや、印章が冬の時代に突入してしまった今、それしか生き残れる道はないと思います。
非常に狭い道です。
断崖絶壁で、多くの人が滑落していく事でしょう。
その入場門で提示を求められるのが技能士資格だと私は位置付けています。

4年前のブログです⇒https://ameblo.jp/kiann1213/entry-12164945989.html

posted: 2020年 5月 14日

ネバーギブアップ

昨夜、たまたま見たテレビに感動しました。
NHKのBSプレミアム「最後の〇〇 ~日本のレッドデータ~」
草彅剛さんがMCを務められていました。
芸能界の華やかな表舞台で活躍され、その反面の虚飾の世界に押しつぶされそうになりながら、大きな圧力に屈することなく頑張っている姿と、今回取り上げて頂いた最後の職人さんの仕事への姿勢が重なりあって見えました。
番組のなかで、料理研究家で民藝にも造詣の深い土井善晴さんが次のように話されていました。
「シンカ」という言葉を欧米では「進化」と捉えるが、日本人は「深化」と考える。
なるほどそうだと思いました。
「進化」は、合理性や利便性、迅速性を求めていきます。そして、進化していくことだろうと思います。
日本人は、一つの事を追求していきます。
その道一筋・・・
そして、とても細やかな事に気づき、それを大切にしていきます。
それには、丁寧な仕事、時間のかかる手仕事、そして継承が必要となってきます。
番組の中の職人さんは、みなさんが最後の職人さんです。
その方がいなくなれば、そのモノはもうできなくなります。
そういう中で、使命感を感じられています。
どなたであったか失念しましたが、経営が苦境に立たされた時、「ネバーギブアップ」と思い踏ん張り続けたとおっしゃっておられました。
今の私に足りない所かも知れません。
大変励みになった番組でした。
有難うございました。
https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=23157

posted: 2020年 5月 2日

ブレずにガンバロー!

写真は、毎日新聞の本日付け朝刊「余禄」です。
コロナ禍の情勢のなかで、ドンドンと印章が邪魔者扱いされています。
まるで落選し、議員バッチをうしなった政治家のような扱いです。
これは、印章史にもありました「印章不要論」という一つの論ではなく、国民からの「印章不信」が原因のような気がします。
その多くの不信の世論に押されて、IT大臣である自民党の「ハンコ議連」会長が、自分の議連をかなぐり捨て「脱ハンコ」へと舵を切り替えました。
うちの息子は、「嘘つきは政治家の始まり」と言っていましたが、風見鶏もいいところです。
しかし反面、世の風はテレワーク(在宅勤務)にはハンコ文化は邪魔者で、命を懸けた出社が求められるという勢いが増しています。
これは、民と民の問題だとしていたのですが、コロナ対策の為に役所の窓口での申請押印を廃止する方針を打ち出してきています。
それは、コロナ禍で命が優先されるので「仕方がない」という問題なのでしょうか?
邪魔者から敵に印章の存在が変われば、印章はもう終わりです。
世に支持されての印章です。
印章への世論を否定する前に、「印章不信」の大きな原因の一つである技術なきパソコン印章やフォント印章の在り方を否定するか規範を早急にまとめ上げるかのどちらかではないかと思います。
そうして、令和3年度後期技能検定を120名の受検者を確保し、技能検定維持をまずは推進するための方向性をきちんとと打ち出すことが(公社)全日本印章業協会(全印協)に求められていると思います。
この間のテレワークの障壁ニュースには、全印協が名指しされているからです。
また、ハンコ議連を擁する全国印章政治連盟は、その在り方を見直す必要性が問われていると思います。
また昨日、嘆きました「大印展の中止」ですが、昨日の記事を見て飛んできてくれた技術委員長との間では、中止はやむを得ないが技術継承の為の代替案を模索していくという一致点が見いだせました。(わざわざ来て頂き、有難うございました。)
しかし、その技術継承の代替案を元に大印展の主催者である大阪府印章業協同組合(大印)での理事会に議題として再議論して頂き、その代替案をきちんと大印の組合事業として位置づけて、世にきちんとした技術の存在を発信して頂きたく思います。
大印展は、文化の日に行われるイベントとしての展覧会のみで完結されるものではなく、その背景には、今までの出品者の思いとこれからの出品予定者の切なる思いにより作り上げて来て、創り出すものだという事を忘れないで、ブレないで向き合ってほしいと思います。
大阪の天神祭りや生國魂神社の夏祭りは中止になりましたが、その根幹の神事はきちんと挙行されます。
太鼓やお神輿というお祭り行事が中止となるだけです。
根幹は外してはいけません。
どうかよろしくお願い申し上げます。
コロナ禍を無事に過ごした収束後の社会でも印章は価値あるものとして位置づけられていますように願うだけです。
その為には、収束後に動き出していたのでは遅いと思います。
今すぐに、何度も言いますが、宜しくお願い申し上げます。

また、現在も印章技術研鑽のために真摯に向き合っている技術者のみなさん、ブレないで頑張りましょう!

昨日の私の記事にコメントを頂いた大印展の審査員の先生と、出品者の皆様有難うございました。

posted: 2020年 4月 26日

コロナ禍ということで悔いを残したくないので発信します

「大勢の犠牲者が発生するなか不謹慎ですがこの様な未曾有の災害時こそ本物が残る、試される絶好の機会であると思います。不要不急の高額商品、安っぽい知ったかぶりのメディア、マスクやトイペの買い占め等々人間の普段からの欲望、弱い部分、みっともない面が洗い出されている気もします。印章もしかり、能率や商業主義に陥り印章本来の役目である自分の信念を押すのだという心を我々は忘却していたのではと考えます。在宅という現代人にとって贅沢な時間が今あるのですから日本の美学や伝統を考えられれば良いのかなと思います。」

上記文章は、アメブロにいただいたコメントです。
昨日の岡江久美子さんの訃報は、同年代の私にとってもショックでありました。
命より大切なものはないと思います。
しかし、言わなければ悔いを残してしまうと一言物申したいと思います。

コロナ収束後の在り方についての話が出始めています。
経済の後退は容易に想像できます。
6月には、製造業の倒産が増えることもニュースとなりました。
政治や文化、暮らしや人の考え方は、私にはどうなるのか分かりませんが、
手技に関しては、確実に後退していくと思います。

印章技術は後退するどころか、技術継承という繋がりが断たれるような気がしてなりません。
技術を学ぶ姿勢にもいろいろあります。
ほおっておいても、机に向かい、印面に向かい、ひたすら技術に打ち込む人
親に言われて、仕方がなく技術講習会に来ている人
技術展覧会や競技会の作品作りを一生懸命される方
大臣賞や金賞よりも普段の仕事に精魂込めて向き合う人
展覧会や競技会の作品作りは懸命に励むが、パソコン印章やフォント印章に毛の生えたオモチャをお客様に渡している人
独学でされているが暗闇から抜け出せない人
近所の名人に教えて頂いていたけれど、名人が亡くなり、途方に暮れている人

私の周りを見渡しても、大競技会の審査は6月に延期になりました。
できるのかな?と言われる方もおられます。
6月には、どうなっているかは私には分かりません。
しかし、やるという気持ちが先行していることが大切だと思いますし、それを尊重して、収束をいのるばかりです。
現在、大阪の技術講習会は休講状態です。
私は急遽、代替案を出しました。
通信添削です。

技術に向かう姿勢は様々です。
どうなるかは、私には分かりませんが、通信添削は技術に正直な人にとっては勉強になると思いますが、それ以外の人をアナログの技術講習会のように許容はしないと、今までの経験から想像します。
印章業の技術関連の事が、おそらくドンドンと中止となる事でしょう。
それについて代替案がないなら、もうそれで終わりです。
代替案がある場合でも大きく後退していくことだろうと推測します。

技能検定の対策については、まだどこからも代替案も含めたものも提起されていません。
120名の受検者が集まらなく、技能検定を手放すこととなるのは、おそらく間違いがないでしょう。
そんなことを何度も言ってとお叱りがあるのかもしれませんが、何ら解答があるわけでも、代替案が示されているわけでもありません。
その代替案がなにも提起されない
ですので、空白期となっています。
3か月くらいとか1年くらいとか、1回くらいとかの空白はたいしたことはないとするのは、日頃より技術継承に真面目に取り組んでいる業界の言うことです。
初心者や、中習者にとっては尚更、少しの空白が技術を人を元に戻してしまいます。元の木阿弥というやつです。
技能検定に向けては、尚更一日一日が大切になります。
令和3年度後期実施日の令和4年1月までは日がありません。
使用者の見識も今以上にドンドンと低下していきます。

リモートワークの邪魔者扱いにされている印章ですが、業界関係者は裏では法的には云々とかの論を述べられていますが、公的にはそれに対して何も発信されていません。
一部文具メーカーさんがデジタル印鑑?をアピールされているのみ・・・それもよくわからない論理ですね。
リモートワークの邪魔者という認識が先行し、人の意識の落ちているというのには、それだけ印章の価値が下がっているという事の表れではないでしょうか。
アメブロの私の記事に頂いたコメントは、「信証の具」の重要性を説いていただいておりますが、そういう方が少なくなった原因が、業界側の商売の姿勢と技術に対しての軽視が根本にあるという事を言っておきたいと強く思います。
随分と考えましたが、今ここで言わないと悔いを残すと思い発信しました。

posted: 2020年 4月 24日

「はんこバカ」がいらなくなったバカな業界

「私事ですがボランティアでフォークリフトの講師をしています。無資格でも内密に作業する人間はいますが矢張堂々と仕事をするのには資格が必要です。印章の世界は技能士の資格が無くても彫刻できるようですが他人の氏名を彫るのに、さらに言えば代金を貰って生業にしているのに無資格というのは筋が通らないと思います。技能士の技術も甲乙があると思いますが責任が生じる書類に使用する道具である以上技能士の資格は必要としてほしいですね。今まで野放しにしてきた無責任な業界が招いた結果であるとしても今一度、日本の文化を取り戻す為に勇み立っていただきたい、本物の印章を周りに紹介する等微力ながら応援してます!」

上記は、18日(土)のアメブロ記事として掲載させて頂いた『そして「はんこバカ」はいなくなった』という文章にいただいたコメントです。
「技能検定すらできない業界」という業界内部の技能士や技能士資格に対するものの見方と、消費者目線の技能士の資格にたいする見方は、やはり少し違う。
印章制度や印章文化を守ろう!と息巻くなら、消費者にそれ相応の印章を提供しなければなりません。
それと、その商品を作成するにあたり、それ相応の資格を有していなければならないとするのは、当然の論理であります。
コメントを下さり、この場をお借りしてお礼申し上げます。

印章制度はデジタルに媚び、印章文化はキャラクターに依存するという業界
文句も言わずに、他所事を懸命に吠えている業界
私も印章業界に嫌気を感じながら、他の職種の方は、自分の技術に誇りを持ち、寝食を惜しんで、換言すれば命を懸けて仕事に打ち込む「バカ」が多くいます。(敬意を表して「バカ」を使っています)
そちらの方々との交流を多くした方が、私自身もより高まるのではないかなと、最近のコロナ禍の情勢を見ていて、益々その想いは強くなりつつあります。
一生懸命に技術継承現場の存続や技能検定の維持を声にしても、届かないどころか、迷惑がられるという現状があります。

そのついでに、少し技能検定廃止がどのような意味合いを持っているのかをお話します。
平成17年12月24日の行政改革重要方針として閣議決定された技能検定廃止という要件についての文書ご紹介致します。
「廃止 ・ 当該技能に対する需要や当該技能を必要とする製品の需要等が減少し、今後とも その需要の増加が見込めないこと。 ・ 当該技能を有する人材に対する需要が減少し、今後ともその需要の増加が見込め ないこと。 ・ 技能検定試験の実施等において、業界団体等の協力が得られないこと。」

令和3年度後期技能検定を今のまま迎えると、とても120名の受検者は期待できません。
よけいな事かも知れませんが、今までの経験上50名を超えればよい方と推測します。
これでは、印章業界は技能検定を制度の規程により手放すことになります。
手放すとはどういうことかと言いますと、国の要請に基づいて技能検定を実施しているのではなく、技能検定に参加を望んで実施してきたという歴史があります。
望んで参加した制度に適応できないということは、上記閣議決定文書の中にもあるように、自らの手で相応の職種では無くしてしまったということなのです。
または、その制度は印章業界にいらないと放棄したことになります。

私は「はんこバカ」ですが、本当のバカがいるのだなと色々な意味で思います。

posted: 2020年 4月 20日

そして「はんこバカ」はいなくなった

相変わらず、テレワークの邪魔もののように印章が報道され、話の筋の行末が電子印鑑、そして最後に某文具メーカー?の会社名の宣伝?・・・と朝から嫌気がさすような情報番組の一コマでした。
家内が、「職人さんのことやっているよ!」と『サワコの朝』を見てみると、左官職人・久住有生さんが出演されていました・・・途中からでしたので、見逃し配信を見ました。

私は、外から印章業界に入りました。
入って驚いたのは、「はんこバカ」というような、そればかりを考えている人が少なく、職人気質や徒弟制度の在り方を批判する若手商売人が多かったことです。
印章を見つめ、そこから明日を見出すのではなく、他の経営論や流行を追い求めることが時代を生きる業界人と言われていた。
手技に憧れ、職人気質を追い求める私としては残念でありました。
時間を忘れ、寝食の時間を削り、厭きずに印面に向かい、技術の事を話していたい私には興醒めな業界でした。
良い先生にも恵まれましたが、技術の事が軽視されている業界だなと思いました。
そのような中、技能グランプリにも出場しました。
今の参加選手よりも少なかったが、もう少し質が高かった。
一生懸命に印面に向き合う技術者がドンドンと減っていった時代です。
その当時の仲間は、今では戦友なのかも知れません。
また、その当時の先生、師匠らも私が年を取ったのと同様に年を取られた。
また恩を返せずに、あちらの世界からエールを送ってくださる先生も多くなりました。
今の事態はさらに悪化し、技能検定も満足に出来ない業界になり果てている。
技術をしていると、骨董品のように言われる。
技術、技術というと疎まれる。
しかし、どう考えても印章は技術の産物
職人の創作により唯一無二を堅持できるアナログの商品
それを何とかしてパソコン機能を駆使してオモチャのようなハンコをつくりだして、却って社会から信用を失っていく印章とその業界
市場にはパソコン印章やフォント印章が乱売され、
そのオモチャのようなハンコを文化だとする業界内部よりの見方・・・
消費者からは呆れられて、きちんとした印章を提供してくれる職人の姿が見える印章店を探すのは至難の業だと、私も時折、お客様から叱責を受けます。
「はんこバカ」は、益々少なくなりました。
技術をしている者のなかでも、呆れられるのが「はんこバカ」です。
はんこのこと、印章のことしか考えていません。
視野が狭いとも言われます。
他の業界、技術を大切とする業界には
まだまだそういう人がいるんやなと思います。
印章業界の人達の技術やその継承への意識の低さを見聞きすると、技術バカの他業界の人との交流の方が自分を高めてくれると、意識の低さに今を投げ出したくもなります。

でも印面しかない
印面に向き合うことに厭きない

左官職人・久住有生さんは・・・
壁しかない
壁に厭きない
よければ、「見逃し配信」を見てください。
https://dizm.mbs.jp/title/?program=sawako&episode=131

posted: 2020年 4月 18日

最近、危惧すること

職人の腕が見えるお店が、きちんとした印章を提供出来るお店
嘗ては、技能士でなくても上手なハンコ屋さんがおられた。
極端な話、遠い昔には、文字が読めない印章彫刻職人もおられたと聞いたことがあります。
しかし今それらの職人さんは、いないか高齢で現役ではありません。
技能士資格がなければできない商売ではありませんが、技能士資格を持たない職人は現在では見受けられません。
(ここにいるよ!という人は、業界人なら技能検定を受けてくださいね。)

職人のお店や「手仕上げ」を名乗られているところで、技能士を有していないお店は、きちんとした印章を製作できない所と言って過言ではありません。
(おりますよ!という方は、令和3年度後期技能検定を受けてくださいね。)
国は、技能士の存在で印章業の在り方を価値判断の基準として捉えるために、技能士資格のデーターベース化を模索しています。
国にとっての印章業者の数は、けっしてコンピューターの彫刻機の数でなく、技能士の数なのです。
業界のあらゆる組織より、そのデーターを持っております。
業界の組織は、そこには力を傾注してこなかったために、また軽視してきたために、全容を把握していません。
技能検定は、受検者の個人情報から受検年月日、合格日まで全てのデーターを国が職業能力開発促進法の下に保管されています。
全国の職業能力開発協会を通じてデーターを共有しております。
データーベース化はいとも簡単です。

もうそういう状況ですね。
しかし、その技能士という継承者をつくる技能検定が廃止になる可能性が大きくなるというか、コロナ禍で仕方がない論調に押され、何もしなければ検定を手放すことになるのは必至です。
とても今の状況下で、令和3年度後期での全国120名の受検者数は不可能です。
しかし、方法はあるはずです。
国が技能士資格をデーターベース化するのは、技能士を優遇するためではありません。
技能検定を廃止にして、技能士の高齢化による技能士数の減少=唯一無二の論拠の一つである職人の消滅=印章業界の自然消滅=印章の消滅をねらっていると言えます。
今!命が大切だから、仕方がないので何もしないは技術放棄に繋がります。
何もしないと何も起こりません。
いや、退行といえます。
ステイホームでもできることはあるはずです。
会議や飲み会は、ネットを通じて工夫をされるのに、どうして技術継承については放置や中止を当たり前とするのでしょうか!
何故、意識が何もしないに行くのか・・・
何らかの方法を探るという努力が今こそ求められています。
売名行為で商魂たくましい方法も見受けられます。
コロナ禍は、いろんな在り様を浮き彫りにしてくれます。
ご注意を!

posted: 2020年 4月 16日

< 1 2 3 4 5 >