旅人に机定まり年暮るゝ

【作者】前田普羅

 

机・・・

 

学生さんの机

会社員の机

商売人の机

職人の机

 

きちんと整理整頓された机

ものが乱暴に置かれ、何処に何があるのか分からない机

傷だらけの机

それぞれの表情を持った机

 

職人の腕は、道具を見ると一目瞭然、その人の技量が計られます。

私の場合、机を見て想像するところがたくさんあります。

元来の怠け者の私は、そんなに机の上を片づけはしません。

仕事がしやすいように配置します。

また、左利きの私の机は、右利きの人と少し違うのかも知れません。

職人の机を見ることが好きな私は、若いころから講習会だけにせず、先生方の仕事場に押しかけていき、仕事をされている先生の手元を覗き込むのと同時に、机の観察もしていたものです。

また怠け者の私は、ほおっておくと修業をサボります。

机の上に『印の畑』講習会に課題を駒という材料に字入れして、常に見えるところに置いておき、仕事の合間に眺める・・・ああ、やらなくてはという気に自分を持って行きます。

そういう繰り返しを机の上でして来たことにより今があります。

昨日も印稿(ハンコのデザイン)を二つ考えるのに使いました。

他の仕事は出来ませんでした。

机の上や周辺、机の下にも字書やら印譜集、参考資料を置き、これでもかこれでもかと、さらに良い文字レイアウトを模索し続けました。

今の力量のギリギリのところまで自分を持って行く、後悔した仕事をお客様にお渡しすると、そのお客様は次には来ません。

技術を追求するとはそういう事ではないかと考えます。

いい加減なものを大量に生産して、集客ばかりに目が行き、それに悪戦苦闘することも大切なのかも知れませんが、きちんとした商品に満足感以上の感動を持たれたお客様は、必ず次にもお声をかけてくださります。

そこに力点をおいた机には、やはり表情があるのではと思います。

机を見ていると、その人となりが伝わってきます。

最近、フェイスブックやインスタグラムで、机の上を撮影された記事を見ると、記事よりも机を見て、いろいろ想像する私です。

ああ、来年のグランプリに向けて頑張ってはるなとか、それは私も6回も経験した机なので、よく理解できるのです。

今の私の机には、今年中にきちんとした仕事をして納めさせて頂く、字入れ中の二寸角のお寺の印が、忘れるなよ!と怠け者の私に向かって叫んでいます。

 

posted: 2020年 12月 11日

小国の想いと私の想い

3年前のブログの最後に、「ガンバレ!父ちゃん母ちゃん経営」で締めさせて頂きましたが、現在は小さな経営の利点のみでは生き残れない状態が到来することだろうと予測します。(大きなところは頭にないので、わかりません。)

 

国策である行政改革推進における「脱ハンコ」、即ち手続きの簡素化、電子化等により押印を不要とする政策に対して賛成の意を示しているのが、印章業界とのことです。

 

反対を声明している人は少なく、このままでいけば、おそらく国策は進行して、来年には国民の押印機会は激減することと思います。

 

印章店の仕事は、実印と銀行印になります。

 

勿論、認印を求められるお客様はいるでしょうが、その数は激減し、印章を商材としての商売は、余程の対策を立てていかないと成り立たなくなることでしょう。

 

印章業界は、目下、印章のみで生計を立てておられるところは少なく、それ以外にも印刷やオーダーグッズと色々な所に手を出されて大変な経営スタイルを展開されています。

 

いや、そうしないともたない経営スタイルを選択して来られました。

 

ですので、印章に耳を傾けることが少なくなり、印章の叫び声がどんなに大きくとも聞こえないのかなと推察致します。

 

全国各地の印章店のなかでも、印章という商材に思いをもたれる印章店は、コロナ禍にもかかわらず様々な工夫を展開しているところもあります。

 

印章の叫び声を置いておくとしても、印章を商材と考えるなら、遊びの印章以外には、実印と銀行印に力点を置くことが大切だと思います。

 

実印と銀行印のように押印機会の少ないものだが、大切な契約に必要な印章・・・きちんとしたものを持ちたいというニーズに応える提案をしていかねばなりません。

 

今まで通りの技術に対する向き合い方では、はっきりと言ってニーズもかすめない、意識を持って頂けないこととなります。

 

何故なら、印章業界が押印機会という重要な場の縮小を選択したからです。

 

印章店は、嘗て業界大手が嫌い、同調圧力を使い回避してきた「印房化」が、逆に求められていると思います。

 

日常使用の印章が、工藝や美術として捉えられることには、私は反対の意を唱えてきました。

 

しかし、これから出番が少なくなるであろう印章は、まず工芸の道をたどるべきかなと思います。

 

生半可な技術は通用しないことだろうと思います。

 

技能士資格や組織に胡坐をかける時代は終わったように感じます。

 

個の創作性を求める職人が、印章の声を聞くことが出来て、自然淘汰の道を歩むと推測いたします。

 

簡単に書こうと思っていたのですが、やはり長い文章となりました。

 

出来れば、下の3年前のブログと合わせて読んでいただけると、私の想いが伝わるかなと思います。

 

3年前のブログ→https://ameblo.jp/kiann1213/entry-12335023798.html

 

posted: 2020年 12月 9日

攻めの印章の在り方を模索したい

昨日、ご縁あり「三田村有純漆藝展」にご案内を頂き、観覧させて頂きました。

ご案内をいただいたハガキの写真にもあるような作品で、伝統的な漆の技法を用いてアートとしての形状表現を利用した攻めの漆藝であると、奥様よりご説明を頂きました。

その後、三田村有純先生と三田村家の先祖について話をしました。

姉川の戦いから難を逃れたご先祖様たち、武士としてあまり活躍されなかったので、生き延びて今我々がいる。

その後のご先祖様たちが、物を作るという事で活躍されたというお話をお聞きしました。

元々、滋賀県の三田村城から北陸や大阪に散っていき、有純先生は東京ですが、紙すきや能面師、蒔絵師、杜氏・・・

私が印章彫刻というモノづくりに惹かれていった理由みたいなところが、先生とのお話で自然と入ってきたことにとても驚きと喜びを感じました。

先生の展覧会から、混沌としている印章を取り巻くすべての環境に対して嫌気を感じていた私ですが、技術の継承へのこだわりを強く持つことも大切だが、生き残るためには、そこへの活躍のみでなく、攻めて行く工夫を考え出し、行動していかないと、周りの在り方に流されて行くばかりだと気づかされました。

 

先生の漆藝展は、明日まで難波の高島屋6階美術画廊で開催されています。

posted: 2020年 11月 30日

認印よ!きちんとした職人の創作であれ!

口論は苦手押しくら饅頭で来い

【作者】大石悦子

 

昨日、重要な契約に使用される実印や銀行印が、残っても認印という考え方を残さないと、たとえそれが行政手続きにおいての押印廃止でも、官印からはじまった日本の印章ですので、民にはウイルスのように伝染してしまうというお話をしました。

認印の考え方というのは、日本古来の「おしで」の考え方であります。

人と人との約束事を重んじる考え方、極論すれば、それを無くすことに繋がっていくわけです。

考え方は残るかも知れませんが、薄まり、多くの人心からやがては消えていきます。

考え方を維持するのは、繰り返しの行為・・・押印機会が多いということです。

その押印機会が、来春より極端に少なくなります。

人と人との約束を大切にしたい人は、敢えて認印を使用して頂きたいと思います。

敢えて使用して頂くのですから、それなりのクオリティを持つ物でなければなりません。

 

話は変わりますが、朝ドラ『エール』が本日最終回を迎えました。

まだ見ていない人、ごめんなさい。

出演者のコンサートでありました。

『エール』を見て来た人にとって、凄くクオリティの高い内容で、SNSで「アンコール」放送を求める大反響であったとのことです。

年末の知らない歌と知らない人の出演する「紅白歌合戦」より私にはクオリティが高いものでした。

 

どんな認印なら使用して頂けるかは、ここにヒントがあると思います。

使用者にとってクオリティの高い認印です。

押印廃止の大きな原因となった誰でも直ぐに購入できて、他人でも捺せるオモチャのようなハンコには、到底もたらされないような押印満足度を上げる美と技術力のある認印をコロナ後の社会に提供することが重要となってきます。

それは、どんな認印でしょうか?

グランプリや技術大競技会、大印展などで優秀な賞に入られた方の作品は、紅白歌合戦の出場歌手の歌声です。

素晴らしい歌唱力の在る歌声だと思います。

しかし、私のように流行り歌を知らない人にとってはあまり価値を感じないことでしょう。

それを超越した『エール』の出演者の歌声が今、印章業界に求められている大切な「これから」の認印ではないでしょうか!

技術力があり、美があり、コロナ禍でも人との繋がりを保つために自分の信を示したいと思えるような認印を、職人の技術と知識、経験を総動員して作製する認印をご提供することに、全力あれ!

今は、「全集中の呼吸」であれ!かな。

認印よ!きちんとした職人の創作であれ!

posted: 2020年 11月 27日

今、認印!と叫ばせて頂きます。

サルトルもカミユも遥か鷹渡る

【作者】吉田汀史

 

昨日書いたブログ『重要な契約には職人の手による印章を備えましょう!』に次のようなコメントをいただきました。

「業界団体なる組織が先生の様なマトモな意見を主張できないのが不思議です。重要な押印をする道具を作る際、生年月日を占う必要があるのか?自販機で適当に作るもので良いのか?それらに異議を唱えたり何故しないのか?今の状態は間違いなく偽物を許容してきた己にもあるとの自覚はないのか?認印という殆どの日本人が日頃使ってきた道具を捨てるにあたり使用機会の少ない実印が忘れられていくのは近い将来当然やってきます、その時に抗えるのは本物の実力、技術と組織団体は心得てほしいと思います。」

 

次のように返信させて頂きました。

「業界団体も政治にモノを申し、大きな役割を発揮されましたが、どうしても商売を守る団体であり、印章を守ることに【全集中】というわけには行かないのは理解できます。

何故、私が認印の意義を叫ぶのか?・・・それは、嘗ての印章彫刻の作業が手彫り、手仕上げ、機械彫りと分割された後に、多くの技術者たちが、手仕上げというグレーゾーンの為に職を失っていったという経緯を見て来たからであり、業界団体が作業を3区分した折に、叫び方が足らなかった、声が届かなかったという悔いを残したからです。

認印を、たとえそれが官公庁の押印廃止の認印だとしても、日本における印章の始まりは官印であり、それが民にひろがっていったという歴史を捉えても、今度は逆に民に押印廃止が伝わる事然りであります。

一つの砦を壊されると、敵はなだれ込んできます。

陣中にはいったウイルスは、デジタルと言う名に形を変えて、味方を欺き始めます。

それを以前に経験してきた故に、今叫ばないとと、業界ではうざい、非マトモな意見でありますが、今後の印章の為に【全集中の呼吸】で行きたいと存じます。」

 

※あの漫画には、あまり興味がなく、内容も知らないのですが、流行らさせられている言葉を使わせて頂きました。m(__)m

posted: 2020年 11月 26日

重要な契約には職人の手による印章を備えましょう!

草々の呼びかはしつつ枯れてゆく

【作者】相生垣瓜人

 

先日、特別国際種事業者登録の更新を致しました。

それは、象牙材を扱う業者としての登録更新です。

パソコン画面から登録申請用紙に登録内容を書き込み、プリントアウトして、認印を捺印して郵送すると、新たな登録番号を頂けるというものです。

ここには、認印が必要でした。

また、新たな仕事の関係上、特許庁に申請をしたのですが、それにも認印を求められました。

お店のお客さんですが、猟銃所持の申請更新手続きに、認印を忘れられたので、既製の認印をご購入下さいました。

それらの認印が来年には法律を変えてまでも廃止になります。

今現在は必要なので、それらの手続きには認印は求められます。

印章店に購入に来られるお客様が、来年春から無くなるということです。

99%以上の押印廃止となるので、今までの押印機会が一挙に無くなります。

無くなると、おそらく規制の認印はゴミとなる事だろうと予測します。

卒業記念にもらった認印もあまり活躍しなくなります。

業界団体の政府への働きかけにより、【実印や銀行印など重要な契約に使用する印章は今後も変わらず必要です】という回答を明白にすることが出来ました。

お蔭様で、実印と銀行印のご注文が現在増えてきました。

有難うございます。

しかしながら、使用者の立場に立てば、重要な契約は日常茶飯事ではなく、めったに捺すことの無い重要な印章となります。

来春より印章需要は明らかに激減することと思います。

そして、その重要印章をオモチャのようなパソコン印章やフォント印章で作製していたのでは、重要という言葉が、将来的には瑣末という言葉に置き換わらないように作製現場への規範とモラルの在り方をしっかりと徹底して頂きたいと希望致します。

それは、今回の押印廃止を引き起こした土壌がコロナ禍という問題だけでなく、印章業界の製作現場にあり、価値無き印章の大量生産をしてきたつけであるということを再認識する必要があるという事です。

そうしないと、いずれは実印や銀行印も同じ道をたどる危険性が潜んでいる、いや今も進行していると言って過言ではありません。

http://www.inshou.or.jp/inshou/common/pdf/2020datsuhanko.pdf

この公益社団法人全日本印章業協会の「脱ハンコについて」というアピールに、私としては付け加えたいことがあります。

それは・・・

【実印や銀行印など重要な契約に使用する印章は今後も変わらず必要です。そのご依頼は、きちんとした職人の手づくりの印章店へ】

posted: 2020年 11月 25日

「シヤチハタはハンコの会社ではありません」

菊人形問答もなく崩さるる

【作者】藤田湘子

 

「シヤチハタはハンコの会社ではありません」

この記事を読んで、なるほどなと思いました。

 

私のお店は、何代も続いてきた老舗の印章店ではなく、私が初代、しかも脱サラの印章業界外部から仲間に入れて頂き、技術一筋で、今は古株としてうるさがられる存在です。

外部から入った修業時代、この業界に違和感を持ったのが「シャチハタ」と消費者から呼ばれているインク内蔵の浸透印(?)でした。

修業当初、明けても暮れても印刀を砥ぎ、印影を見つめるという生活でした。

その後、業界誌の誌上講習会への出品を始めました。

印影を取って送って添削して頂くのですが、「印影の取り方悪し」とか「印影にムラがある」「丁寧な印影に心がけましょう」という講評が帰ってきました。

印影一つ取るのも技術なんだ、奥の深い世界だと驚きました。

先生、先輩に聞くと、印泥という中国産の朱肉を使っている。

しかも、その種類も多く、扱い方も難しい。

流石に、プロの最先端は違うなぁと思いました。

朱肉の勉強もしていくと、朱肉あっての印章だという事が理解できるようになりました。

通常の印刷インキは、経年劣化して印刷が薄くなり、ついには消えてしまいます。

墨と朱肉は経年劣化せずに残ります。

高級な朱肉には、地球環境に悪い硫化水銀が入っているから紙が劣化してもその姿かたちを留めるのです。

シャチハタ(シヤチハタ)と呼ばれる浸透印はインキが紙に写るもので、経年劣化を前提として存在するものです。

ですので、登録印としては使用できないのです。

何故、それを印章店は一生懸命に販売されるのだろうかという疑問がありました。

昔からの慣習なのだろうか?

売れるから売っているのだろうか?

未だに、私なりの解答はありません。

印章店で印章としての付属品や、ゴム印を販売することは理解できます。

朱肉から対立軸にあるインキですので、必然的に印章の価値を低下させる役割を少しずつ消費者に啓蒙していくもので、朱肉を付けて捺す印章を売れ無くしていくものです。

 

先日のシヤチハタさんの記者会見や、25年前からデジタル分野に進出してきたという方向はよくわかります。

それは、「シヤチハタはハンコの会社ではありません」からなのです。

私が分からないのは、印章店は印章を商材として販売するというアイデンティティがあるのだろうかというところです。

 

脱ハンコ騒動後の印章業界は、デジタル化と共に歩む塊と、きちんとした印章を販売しようという塊の二つに分断されていく事と思います。

デジタル化と共存される塊は、印章の本義を捨てると思います。

そうしないとデジタルと共には歩めません。

 

先日、大印展や大阪の技術の在り方を作ってきた古参の先生方と会食をした時に、現役で商売をされている80歳をまわられた先生がこのように言われました。

「今まで、既製の認印のタワーとシヤチハタのネーム印のタワーを命がけで毎朝外に出してきたが、コロナ禍の脱ハンコ騒動で、それらを全て廃棄して、きちんとした印章の販売に専念するようにした。

考えると、それらは店の売り上げの一割に現在満たない状況だ、それを命がけで毎日出す事より、より良い接客に心がけた方が、心身ともに健康でよい。」

大先生に拍手です。

 

菊人形を作る職人さんには綺麗につくろうとか、動きを感じられるようにしようという問答があると思いますが、壊される方には問答がありません。

脱ハンコ騒動もコロナ禍により、いろんな疑問が洗い流されていくように感じます。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/72df538fc895f281cafb4e1434e45ce9c0cea869

 

posted: 2020年 11月 21日

< 3 4 5 6 7 >