「手仕上げ」印章の職人とは?

 

春風や闘志いだきて丘に立つ
【作者】高浜虚子

今日は、20度近くまで気温が上がるとか、春分の日を前にして、暖かい日差しに感謝です。
春が早く稼働しているようですね。

明治以降の日本の印章業史を振り返ってみると、制度による確立から、様々なところから触手が伸びてきて、印章という商品の在り方を左右してきました。
易者さんが見料の上乗せとして印章を下職に彫らせて始まった印相印、開運印がブームになった時がありました。
また、霊感商法の商材としても使われてきました。
それぞれ問題は大いにあったのでしょうが、印章を重要視していたというプラスな一面もありました。
ところが、印章の彫刻方法の区分として、その作業工程を手彫り・手仕上げ・機械彫刻と業界規定が行われてから、その言葉が一人歩きしだしました。
そして、パソコンフォントを使用しても「手仕上げ」印章と言う名の曖昧な印章が、市場を闊歩しだし、パソコン印章やフォント印章が大量に生産されています。
その影響力が印章の価値を貶めています。
印相印や霊感商法の時代には、まだその仕事が職人の所に回ってきていました。
今は、手仕上げと言う名の機械彫刻が職人仕事を罵倒し職を奪っています。

大手ネット通販のサイトが、初めの意志は「地方の疲弊した小さな商店の良品に光をあて、全国展開を」的なコンセプトから売れればよい式に、あるいは負けたらあかん主義が芽生え始め、その意志を変容させてきました。
それと、「手仕上げ」印章というのはよく似たところがるように思います。
技能検定2級に合格し、2級技能士の資格を名乗れば、手仕上げができると国家検定で保証されています。
それがなくても商売は勿論できますが、「手仕上げ」をネット上の看板にしている所には、技能士がいないという不思議さがあります。
今年に入り、その技能士を誕生させる技能検定が印章職種において廃止されるという検討が厚労省により行われました。
令和3年度後期技能検定において全国で120名の受検者が集まらなくては、廃止にしますよと言われています。
これだけ、「手仕上げ」印章の看板が多く上がり、その看板の下にパソコン印章やフォント印章が大量に販売されているのですから、多くの2級技能士が誕生してもおかしくはありません。
それに反して、技能検定受検者は減少の一途をたどっています。

世に偽物は沢山あります。
偽物でも良いという意見もあるでしょう。
世にはいろんな意見があります。
しかし、時としてその偽物やまがい物が、本物の価値を低落させ、職人仕事を奪う場合がります。
それに関しては、きちんとした職人に仕事を取り戻そうと闘志がみなぎります。
そういう人もいるのです。
いろんな意見はいろんな人からうまれるのですね。

明日は、春分の日。
大印展の課題決定の審査日です。
新型コロナウイルス伝染拡大の影響で、審査員が一所に集まり協議して課題を決定することは難しく、遠隔によりファックス通信で決定されます。
明日は、お店待機でじっくりと課題を検討させて頂きます。
このような時に、組合事務所での裏方作業をして頂く技術委員のみなさま、ご苦労様です。
明日は、手洗い消毒を忘れずに頑張ってください。

写真は春のお花を家内がかってきてくれたものです。

posted: 2020年 3月 19日

技術継承は恩送り

受験子に幼き日あり合格す
【作者】伊藤敬子

本日、令和元年度後期技能検定の大阪での合格発表がありました。
印章職種においても、最後のゴム印彫刻作業の技能検定の最後の合格発表がありました。
合格された方へ
おめでとうございます。
喜びはひとしおのことと思います。
その喜びを忘れないで、次に伝えるという具体的な行為に結び付けてください。
ゴム印彫刻作業は、あわよくば再開されるなどという夢を語る方もおられますが、『第25回技能検定職種の統廃合等に関する検討会』の議事録を読んでいても、もはや木口彫刻作業(実印や法人印を彫刻する作業)の廃止を様々な要素を検討して有識者は提起しておられます。
そういう状況です。
夢は夢かもしれませんが、ゴム印彫刻も技能検定再開に持ち込むには、ゴム印彫刻に情熱を傾ける、その具体的行動を示さないとダメです。
あったらいいなぁ~、誰かしてくれないかなぁ~とか・・・
他力本願では、まあ99%無理でしょう。
ゴム印彫刻作業の技能グランプリ復活においてもそうです。
それはここでは置いておきますが、合格の自らの喜びをその場で終わらせないためにも、令和3年度後期技能検定で実施予定の木口彫刻作業に全国で120名を集める活動に具体的にかかわって欲しいし、何も出来ないのではなく、技能士なんだからできるはずなんです。
ご自分が合格した道を考えてください。
誰かに教えてもらいながら、又誰かのお世話になって技能検定を受検されたと思います。
恩は返すのではなく、次に送らねばなりません。
恩送りです。

もし、令和3年度後期の技能検定に120名の受検者を集めなければ、確実に印章業界から技能検定は無くなります。
技能検定も維持できない業界が、印章制度や印章文化を守ることなどできません。
それは、国(厚労省)がよく理解されていることだと思います。
組合員や非組合員、安売り屋さんやネットショップ、フランチャイズといっている場合ではありません。
是非、合格された喜びを次に伝える行動を考えてください。

おめでたい合格発表の日ですのに、長々とすみません。
写真は、新型コロナウイルス感染拡大の為に、お花屋さんの販売が大変だというニュースを聞いて、家内が買ってきてくれた花です。
お花は、心を和ませてくれますね。

posted: 2020年 3月 13日

大好きな卒業歌

口に出てわれから遠し卒業歌
【作者】石川桂郎

3月、卒業式の季節ですが、新型コロナウイルスの為に式自体が中止となっているところも多いと思います。
この季節を迎えると、思い出す卒業歌があります。
二十四の瞳の『仰げば尊し』です。
この歌は、2番に「身を立て 名を上げ やよ励めよ」というところがあります。
これのみをさして、批判される方がおられますが、「二十四の瞳」のなかでは、大石先生(壺井栄)は、お国の為に死んできますと出征の報告に来た教え子に対して、「死んでもらうために、あなたがたを教えたのではありません。」と強く叱ります。
また、反戦思想といわれていた『草の実』を今の作文の授業である綴り方の教材として用い、人の暮らしをありのままに表現することの大切さを子ども達に説いていました。

私が、大阪府印章業協同組合の技術講習会にお世話になり30年ほどになります。
その内の半分以上は講師としての役割も果たしてきました。
多くの技能検定合格者を輩出してきたという自負もあります。
技能検定1級が合格すれば、ある意味卒業です。
そういう意味では、多くの卒業生を見送り、気持ちとしては「身を立て 名を上げ やよ励めよ」という想いを抱いてきました。
もう少しのくだくと・・・
技術により、稼げることができるように、身を立て
さらに研鑽に努めて、今ある技術に満足せずに上を向き、大印展や大競技会に出品して、名を上げ
お客様に技術を還元し、丁寧な仕事を続け、後進の指導にあたり、やよ励めよ・・・

現下、技術に身を置き、やよ励めよとは言いづらい業界環境です。
パソコン印章やフォント印章の乱売、技術をすることに価値を見出しにくい現状があります。
ず~っと、二十四の瞳の『仰げば尊し』の気持ちでありたい。
そういう意味からも、パソコン印章やフォント印章は印章ではありません。
本当の印章は、講習会で勉強をして技能士になられた人やさらに上を目指して励んでいる人が思いを込めて、モラルある印章製作の中にこそあると叫び続けたい・・・そういう気持ちをさらに深めます。
そういう季節になりましたね。
今は、この卒業歌も聞けなくなってきました。
今年は、さらに・・・
ぼ~っと生きてんじゃねえよ!という人が多い昨今です。
そういう方にもおくります。
画面の映像をよく見てお聞きください。
https://www.dailymotion.com/video/x6y7huw

posted: 2020年 3月 6日

パソコン印章と印章の本質

三月は人の高さに歩み来る

【作者】榎本好宏


印章の起源となる円筒印章について・・・
このポスターは、呪術的側面を説明していますが、もう少し勉強を進めていきましょう。
印章の必要性の思想により誕生した円筒印章は、交易活動により普及していきました。
古代バビロニアにおいては、ハムラビ法典により印章はその法的価値を深め、商業契約文書への捺印の優位性を確立していきました。
その後アレキサンダー大王のヘレニズム時代からローマ帝国までの約3000年の間、円筒印章はオリエントの交易に重要な役割を発揮したに留まらず、国の興亡に大きく関与していったと言って過言ではありません。
それが示すことは、人と人との契約から国の統治、国と国との交易・・・そういう役割の考え方としての「印章」・・・印章の本質とも言えます。

その本質から遊離しているのが、いまの日本の印章市場です。
パソコン印章やフォント印章では、その本質は示せません。
それどころか、その影響を受けて、印章の価値はドンドンと低下しています。
「印章」という考え方は必要なのですが、実際の印章がその役割を担う価値を放棄しているというのが現状です。
それは、唯一無二を守る技術とモラルがパソコン印章やフォント印章にはないということです。
あるならば、令和4年1月実施の技能検定を受検し、唯一無二の技術とモラルを示して頂きたいと強く要望致します。

世間は新型コロナウイルスの感染拡大で大変です。
ニュースなどでは、スペイン風邪などを例にとり、早いうちからの対応が大切と言われています。
今!技術とモラル無きパソコン印章やフォント印章が乱売される中、その一方でそれを証明するように、技能検定が業界から無くなろうとしています。
いち早く対応されたのは、東京印章協同組合です。
技能検定受検対策講座運営委員会を立ち上げ、この4月から組合員以外にもお声をかけて、講座受講生募集を呼び掛けています。
近畿は、今年は何もしないらしい・・・大阪はそれに追随するとか・・・。
パソコン印章やフォント印章の感染拡大の影響は、もうここにも表れています。
後手の対応は、誰にでもできます。
しかし、来年になって誰が対応するのでしょうか?
ウイルスは蔓延しているに違いありません。
いや、もう・・・。

posted: 2020年 3月 1日

印章は大量生産できません・・・だから唯一無二

尾の切れし凧のごとくに二月終ふ
【作者】有賀充惠

あっという間の二月でした。
一月に、ゴム印彫刻の技能検定を無事に終了させ、二月に入ると、テレビの収録から始まり、後はバタバタ・・・
インバウンドのイベント出展も新型コロナウイルスの伝染拡大の影響を受けて中止になり、静かになるかなと思いきや、お陰様で多くの仕事に囲まれています。
この土日も休みなく仕事量の調整です。
有難いことです。
印友は、実店舗には感染を怖がり来店が少ない反面、ネットショップへの対応に追われているらしい。スゴイな。
私の所は、そうでもなく実店舗への予約のお客様が来られます。
そうはいっても、一人の職人が出来る仕事には限界があります。
丁寧な仕事をすれば尚更です。
パソコン印章やフォント印章のネットショップが秒速での購買に繋がっているという案内を出しておられます。
それは、全て機械にお任せなのでわかりますが、中には丁寧な手仕上げと謳われているショップさんもあるようですが、秒速購買があり、大量生産するには、大勢の職人さんがいるはずです。
しかし、一級技能士どころか二級の名称も無いところは、誰がどのような手仕上げをされているのでしょうか?
技能検定二級の課題は、3時間半以内に、指定された9文字の篆書をバランス良く配置する印稿の作製と不揃いな荒彫りを仕上げる二本立てであります。
即ち、24ミリ角の手仕上げをする一連の作業が凝縮されています。
それをするのに3時間半です。
機械の彫刻時間を入れるとさらにかかります。
秒速販売の大量生産に対して、余程たくさんの二級技能士を雇わないと対応できません。
しかし、現実は技能検定の受検者が集まらない状況です。
おかしいと思いませんか?
技能士がいるということは、あくまでも最低の技術水準と唯一無二を製作するとうモラルがあるという証です。
繁忙期で忙しいのは、丁寧な仕事をしているお店かパソコン手仕上げ印章という不思議な大量生産をしているお店かということをよく吟味して、ご購入下さいますようにお願い申し上げます。
この文章にて、令和四年一月実施予定の技能検定に多くの受検者が集まりますように・・・。

posted: 2020年 2月 29日

技術継承者のいない印章業界

幸福の木に蕾ができて、ついに花が咲きました。
店を閉めようとして、ふと見ると咲いていました。
調べると、夜に咲くようです。
夜の花?


匂いがきつく、芳香剤のような匂いで、朝にシャッターを開けると強烈な匂いが残っています。
お店では、お香を焚いているのですが台無しです。
しかし、幸福の木なので何か良い事があると期待しております。

印章のオリジナル性というのは、絵や柄ではなく、印面に構成された文字の美しさです。
古代メソポタミアの円筒印章の多くは、楔形文字に加えて確かに絵や図柄であります。
それは、図柄が文字以上に伝達の意味を持っていたからであります。
現在の実用印章は、シルクロードを通り、中国の漢字文化を吸収し、正倉院に到着し、日本古来の「おしで」の思想と融合して今の姿に到達しております。
その美は、輪郭・・・とりわけ円の中にいかに篆書の姿を美しく配置できるかという構成法が、注目されて当然のはずであります。

そうはならずに、はんこ屋さんや印章のマーケットでは、書体見本と名の付くフォント見本が羅列され、印材の販売合戦が繰り広げられてきました。
お客様の印影を創造するのではなく、印材という棒を販売しているのです。
本当に大切な在り方が後ろ廻しにされ、公益的なる考え方であるはずの印章が邪魔にされ、価値を貶められてしまっている現状です。
技術の継承も、技能検定に真摯に取り組まない業界姿勢が技術への考え方を如実に示しています。

上記のきちんとした印章の在り方とその価値を示すための論拠である人・・・印章を「きちんと」製作出来る人がいなくなってきました。
市場は乱れ、継承者がいない業界に蕾はなく、もちろん花も咲かないことと、心悩ませています。
いくら印章文化と叫んでも、AIやコンピューターが作成するパソコン印章やフォント印章を其の旗頭にするのでしょうか。

芳香剤のような匂いが薄くなり、今朝ほど焚いたお香の匂いに包まれて印面に向かいます。

posted: 2020年 2月 27日

本物の継承は、マニュアルのみではできません

「軽く翼を水平に泳がせて 重たい荷物を運ぼう」
大阪の詩人・小野十三郎の詩句

ラジオを聞きながら仕事をしている時があります。
NHK関西ラジオワイドの中で、木津川計さんが、私を支えてきた言葉として紹介されていました。
戦争を賛美する詩歌や美文に作家は流され、人々はそれに感化されていきました。
小野十三郎 はそれを批判し、古ぼけた抒情に曇らされた眼では物事の実態を見抜くことはできないと主張したのです。 そんな時代に「大阪」という詩集を出版しました。その中の「明日」という詩です。
小野十三郎さんのお名前は知っておりましたが、その言葉は知らなかった。
重たい荷物が運べそうな、勇気がいただける言葉です。

話は変わりまして・・・今日の連続テレビ小説『スカーレット』の中から・・・
八郎のかつての弟子で、辞めさせられた腹いせに窃盗騒動を起こした2人が謝罪かたがた、喜美子に穴窯での作品作りを教えてもらいたいと懇願してきました。
武志は、企業秘密を教えるようなもんや、止めときと母の喜美子を制止しますが、喜美子は穴窯の中に二人を案内して、そのノウハウを惜しげもなく教えます。
この話を見ていると、商売人は企業秘密という言葉で囲んでしまい、職人は喜美子のように開放的かと思われますが、実際の職人の多くは、とても秘密主義です。
技術はなかなかオープンにしないものです。
ものすごく簡単なことでも、教えてやった式なところもあります。
喜美子のような人は、職人の中にはほぼいないと言っても過言ではなく、職人のいやらしさ丸出しの方が、如何に多く、そういう意味でも職人自らが技術に対して壁を作り、閉鎖的にしてきたかという事かも知れません。
私の周りの先生と呼ばれてきた人達の中にもおられますが、そういう意味では、私の場合、わりと可愛がっていただいた先生方に恵まれたのかもしれません。
はんこ職人は、お客も技術も囲い込む意識の強い人が多く、大変狭い世界観の持ち主が多いようです。
それを続けていると、継承者が減り、結局自分の技術も消滅していき、次世代どころか、周囲からも評価されなくなります。
本来、喜美子のように開放的にすべきです。
技術を開放的に教えても、それがそのまま伝わり模倣できるかというと、技術はそれほど甘くありません。
八郎さんが、武志に諭したように、たとえ穴窯のノウハウを教えても、喜美子が有している天分である造形力をそのまま模倣できることでもなく、喜美子が離婚してまでも、また火事を何回も起こしそうになりながら、模索してたどり着いた境地は、一度や二度の口伝で表現できるものではありません。
喜美子自身にしか出来ない物、本当の意味での唯一無二なのです。

posted: 2020年 2月 21日

< 3 4 5 6 7 >