どうか、印面を見つめてください

仕事量調整と講習会の添削課題の集計の為に、休日出勤しています。

昨日もとあることから東京より全印協の技術委員長から電話を頂きました。

お尋ねすると、大競技会審査結果の集計や事務仕事に集まっておられるようでした。

感染者数300に迫る勢いの東京で、です。

自分が感染するだけでなく、人にうつす可能性があるから、集まらないことをモラルとする傾向があります。

何も用事もないのに飲み会で集まるとか、問題になっている旅行で集まるとか・・・そういうことはすべきでないし、理知高き大学はまだリモート講義が続いています。

正しい事であると思います。

しかし、技術講習会のこととか、大競技会の実務は集まらないと出来ないのが実情です。

そういう危険性を冒してでも、それに携わっておられる方々に心より拍手を送りたいと私は思います。

何かの取材を受けると、仕事風景を写真に撮ってくださることがあります。

例に挙げた写真は、雑誌『PHP』のものです。

後藤カメラマンが上手にとってくださいました。その節は、お世話になり有難うございました。

少し変な説明に使わせて頂きますが、写真の良し悪しを言うのではありませんので、ご了解ください。

普段は印面に向かい仕事をしていますが、撮影には私の顔も必要です。

印材と仕上げ刀を握り、顔を上げた状態でないと撮影にはなりません。

この姿勢が、今の印章業界であると思います。

即ち、印面を見ていないのです。

その印面を唯一無二にしてご使用者にお渡しするのが、我々の商売です。

その唯一無二の印面を作り出すのは、印章彫刻技術とその本質を貫くモラルがあってこそ守られてきたことです。

印面を見ないでよそ見して、彫っているようなふりをして、スローガンや年間計画では技術や技能検定、技術講習会と打ち出してはいるが、誰も印面を見ないで、経営面の在り方を他の商売と合わそうとして来たのではないでしょうか。

今、リモートワークの阻害物としての印章から、デジタル化の障壁として、多くの起業から脱押印を宣言され、そのノウハウセミナーがネット上で様々な形で盛んに開催されていることへ、一印章業界のみが対峙していくことはとても不可能な状態になってしまいました。

今、これは社会問題として印章の在り方を捉え直さないと、更に大変な事態に繋がりかねないと私は、ここに予言致します。

それは元に戻りますが、印面です。

印面を保証しているのは技術でありその技術を有しているのは職人であります。

けっしてデジタルやコンピューターやパソコン機能ではありません。

そのことは、厚労省の第25回技能検定統廃合検討会の報告書にも明確にしるされているということは、国の見解であります。

デジタル化の中に印影が取り入れられるかどうかよりも、その印影の唯一無二を保証している実証としての技能士の数を論拠に、そして技能検定が廃止されれば、更にそれに拍車がかかり、次の一手に迫り、全ての押印廃止の方向に動き出しかねないと私は予言致します。

自慢ではありませんが、私の予言はこれまで、ほぼ当たってきています。

印面を見つめる目がない印章業界。

今、コロナの影響で技術講習会や研究会が開けない状態です。

大阪はこの7月で、5か月間の休講となっています。

していることは、通信添削2回です。

今技術の講習や研究会は、業界が狭くなりましたので、それほど多くありません。

主だったところは、全国で片手で数えられるのではないでしょうか?

そういうことも、国は知っていると思います。

デジタルの中に印影を残すスゴイ研究をされている企業さんもあるとお聞きします。

それが可能になっても、職人がいないことを論拠に押印がなくなれば、その印影も消えゆく定めではないでしょうか?

理知の最高峰の大学はリモート講義をしています。

この頃チト忙しく潜れませんが、リモートでしかできない色々な事をしています。

専門外の分野の教授や社会人を講師に招いて、画面に表れてもらったりとか・・・

スゴイ研究ができる企業が印章業界にあるなら、そういう見識を有しておられる業界人がおられるなら、足もとの消えかかっている技術の灯に力を貸してもらえないでしょうか?

また、全国組織はそこに目を向けるべきだと強く感じています。

継承現場は人もお金もなく、そこで一生懸命になられている数少なくなった「継承の意志」を持つ人のみとなっています。

どうか、印面を見つめてください。

posted: 2020年 7月 19日

継承の意志

輪島の塗師、赤木明登先生がフェイスブックの記事で、「近代化とともに、人の手の中から生み出されるものから失われていった何かとは?」と問われておられました。

以下、私なりのご返答のコメントであります。

・・・最近つよく思うことがあります。

赤木先生への解答から外れるのかも知れませんが、失われていったものは、「継承の意志」だと思います。

印章が、ここまで社会からそっぽを向かれるようになるとは、印章を製作する側も、それを業として販売する者も、ほんの4~5年前には、考えていなかったことだろうと思います。

何が欠けていたのか・・・

その理由の大半は、「技術継承の意志」です。きちんとした印章を提供していますよという方は、今はまだおられるかもしれません。しかしながら、その意志を次世代に技や考え方を伝える努力をしておられる方はどのくらいおられるでしょうか。

業界も狭くなりましたので、片手で数えるくらいの人だと断言できます。

次には、印章を継承させようとする意志です。

技術を重んじる人は、自分の技に溺れる場合が多いように感じます。

技が先行して、物の価値が後回しになる。

物の本質に触れようとせずに、「わしの技が一番」という思考が強くなり、「継承の意志」を打ち砕く何かがものに入り込んでしまう。

嘗ての宗教は、「普及の意志」より「継承の意志」が強かったと推察します。

今の御朱印に押された印章のほとんどがゴム印になり、若い僧侶やパートの寺社職員が捺しやすいということで、そのようになっていると思います。

ところが、古い寺社印を手に取ると、中から、まずは製作者の意志が表れます。次に、寺社代々の僧侶の意志が、そしてお札に押された印章を崇める人々の意志が私の前に表れます。

近代化が原因なのかは、分からないのですが、今多くの印章を職業と考えておられる方の中から失われたものは、「継承の意志」だと私は思います。

 

posted: 2020年 7月 18日

技術と職人を大切にしてきましたか?

梅干しでにぎるか結ぶか麦のめし

【作者】永 六輔

 

「印章」と「印鑑」の違いを常に重要に考えられ、テレビ、新聞が「印鑑」という言葉を使用する度に、抗議の訴えをされていた東京の偉い先生がおられました。

一貫性があり、とても立派な方だと思います。

その先生がそういう訴えをされていた時には、耳を貸さずに、最近この違いを自慢げに説明される方が多くなりました。

ネットショップにもそういう事が書いてあるものも見かけられます。

確かに、厳密には「印鑑」と「印章」を同列視するのは間違いであります。

しかしながら、消費者は、圧倒的に「印鑑」であります。

印章を表す言葉には、「判」「版」「はんこ」「ハンコ」「宝璽」「璽」「印」「章」「符節」「印判」「印形」・・・などがあります。

専門職のハンコ屋さんも、全ての違いと歴史的な役割をきちんと答えられる人は少ないと思います。

ちなみに、「印鑑」という名称は、印影を登録した台帳という概念以外にも使われていたことがあります。

昔々、関門、城門などを通行するのに印を押した木製の手形を指して「印鑑」と呼ばれていたこともあります。

時代や社会の在り方において、名称は変化適応していくものと思います。

印章業界が、それでも「印章」と呼んでいただきたいなら、先の先生のように一貫して姿勢を曲げない態度や業界としての規範を設ける必要があったと思いますが、社会にこれだけ定着した「印鑑」という呼称を、今更「印章」に変えていくのは至難の技かも知れません。

「おにぎり」か「おむすび」かの違いのように思うのは、おそらく私だけでもないと思います。

 

永六輔さんは、七月にお亡くなりになりました。

職人や職人の生き方、文化を大切にされた方でした。

今、印章業界は大きな声で叫ばないと、職人を大切にしてくれません。

それどころか、古い!堅物!と毛嫌いされる対象かもしれません。

それが、明確に表れているのは、技能検定の受検者がいなく、技能検定の廃止ありきで厚労省から令和3年度の技能検定に100名の受検者を集めなさいといわれて、少し、ほんの少し焦りだしているようにも感じます。

以前から分かっていたことなのに、放置してきた・・・職人を蔑ろにして、技術継承を重視してこなかった証であります。

 

社会は、脱「書面・押印・対面」で動いているのは間違いがないようです。

昨日、政府と経済団体の共同宣言が出されました。

「押印」に関しては、政府が具体的根拠の一つとして歴史や数字を示すことができるのは、厚労省管轄の印章の技能検定の推移であります。

上に述べたとおりの技能検定の状態です。

業界団体や個人としていくら経産省や文科省との結びつきがあるとしても、技能検定を推進してきた業界の歴史と厚労省の関係に勝てるはずなどあり得ません。

これも「おにぎり」と「おむすび」の関係に似たものを感じます。

脱ハンコは、制度や論理ではなく、法的にではなく、既に社会問題であるということです。

それ相応の対応が求められていると考えますが、まずは職人を大切にしていただきたいと強く要望致します。

posted: 2020年 7月 9日

砥石の凹みと印章業界の凹み

わたくしに劣るものなく梅雨きのこ
【作者】池田澄子

昨日は、とあることで気分が重かった。
気分を変えようと思い、ここ十数年間、ほったらかしにしていた仕上げ砥石の面直し(つらなおし)に汗をかきながら何も考えず向かい合った。
砥石を長年使用していると、良く砥ぐところが減ってきます。
おおくは、船底といわれるような、湾曲した形に自然になっていきます。
それを真っ平に整形し直すことを面直しといいます。
私の仕上げ砥は、それほど高級なものではないのですが、京都の本山の固めを使用しています。
なかなか平らにならない・・・。
それだけ、ほったらかしにして、少し船底の方が上手く砥げると訳の分からないことを後輩などに言い訳して、自分と自分の技術を誤魔化していたのだと、反省しながら真っ平になるまで作業を続けました。
付随して、仕上げ刀の角度と厚みの関係を今の年齢の握力に合うように、研ぎ直しました。
長年の相方が生き返ったように、切れ味が蘇りました。

ともすると、組織というものは自らの在り方を見えなくしてしまうことがあるようです。
言い換えると、馴れ合いです。
自分たちがしていることが正しいとして、よそ者や他の意見を受け付けないので、新しい感覚や意見、物の見方が入ってこない。
砥石がへこんでいても、気が付かないのです。
印章冬の時代に於ける一番の課題は、技術継承です。
技術継承が砥石の凹みのように感じ、そこをほったらかしにしていると、印章は氷河期に入ってしまうようにも感じます。
馴れ合いではできません。
面直しの効果があることは、分かっているのに、面直しをしないのは、意識の問題かなと情けなくも思います。

posted: 2020年 7月 7日

美術なら残れる!

来週には、第23回全国印章技術大競技会の審査の為に、東京に行かねばならないのですが、不安と恐怖を感じております。
それでも、審査を少しでも公平にする役割が一人ひとりの審査員にはあるはずですので、中止にならない限りは東京に向かいます。
昨日、厚生労働省の第25回「技能検定職種の統廃合等に関する検討会」の議事録を再読していて、コロナ以降の自らの仕事の在り方を考えていました。
印章業界は、技術がベースにあるはずなのですが、市場ではオモチャのようなパソコン印章が出回っています。
リモートワークの障壁として捉えられ、大手企業さんが脱ハンコ宣言をされ、それが次から次へと感染しています。
何れの企業さんも、ハンコは美術品としては残すべきであると話されていました。
社会的評価が、なぜ?印章に向けて低いのでしょうか。
技術を重んじる印章業者や技能士の人は、美術品を製作するように手間暇をかけて印章を彫刻しています。
しかし、多くの印章業者はそうでなく、パソコンでオモチャのようなハンコを平気で作製し、販売しています。
商品の価値より経営手腕が問われ、粗悪な商品を早く作成することに重きを置いてきました。
その結果、オモチャのような印章が、企業のリモートワークの邪魔になったのです。
それは国とて、同じような見方をしているようです。
厚労省の技能検定統廃合検討会のとある委員の発言をご紹介しましょう。
「印章彫刻は、昭和45年に申請されたのですが、累計受検者数が段々と減っていて、技能検定の受検は非常に低調であることと、過去にもこういった統廃合の検討会の対象に挙げられているよということ。また、ヒアリングによると潜在的な受検者候補者数はあるけれども、受検ニーズに繋がっていないということ、技能検定を長く実施しているにもかかわらず、業界全体として技能検定の必要性が理解されていないことが考えられます。」
これは、技能検定に於いての事ですが、技能検定すら維持できない業界が、技術を重んじている筈などないということの証明だと考えられます。
長い間技能検定に携わってきた私から言わせると、組織幹部の人は技能士の方であっても技能検定の制度が何たるかを知らない人が実に多く、実際に印章を毎日彫刻して、お客様にお渡ししている人は殆どおられなく、そういう人たちが組織運営をしているのだから仕方がないかなとも思います。
しかしながら、リモートワークの障壁となるオモチャのようなハンコは無くなって然りと思いますが、それに乗じて、実印やその制度が形骸化して、スマホに入れられた住基カードがその役割を代替するようになれば、これはもう大変というか、今まで技術とその継承現場を等閑にしてきた組織責任と言って過言ではありません。
実印や大切な印章には、分速で販売されているようなオモチャのハンコは、分速で作られているということです。
それでは、次は実印や大切なハンコが狙われる。

技能検定統廃合検討会の議事録を纏めた報告書には次のように記されています。
「印章業界全体の業社数は、業界誌調べに於いては約7,000 事業社となっているが、多くの印章店は、コピーの普及、パソコンの普及、インターネットの普及に伴い、印章彫刻技術に関係なく商売の量が減少し、更に機械彫刻も可能となり競争も激化、小規模店等は営業を続けられなくなるケースが多く、減少傾向にある。
受検者が増加しない要因の一つとして、本来印章は手で彫ることにより唯一無二性をもち、それが個人を特定するカギとなるが、文字フォントを利用して印材に文字を彫る機械彫刻も可能なため、安さ、速さを売りとする商売の形で、彫刻技術がなくても印章業を営むことができる上、技能検定の資格取得が営業の必要条件となっていないため、取得に対する意識を向上させることが難しい面がある。
国家検定である技能検定が廃止になれば、印章彫刻の技能の継承が難しいものとなると共に、印章業界としての衰退に繋がってしまうと考えられる。」

技能検定が廃止されるという事は、業界の衰退のメルクマールと言って過言ではないということです。
また、この衰退を国は自然衰退していく事だろうとみているということに繋がります。
だから、住基カードの多様化をはかり、スマホに詰め込もうとしていることに繋がります。
リモートワークの障壁としての印章や政治的なるハンコ議連の問題がおこってからの業界人の議論は、技術のありかたに向かう人はいなく、その制度論を議論し、はたまた言い尽くされると最終的には、ハンコは文化だとします。
しかし、そんな文化的な印章を彫刻販売している人はおられるのでしょうか?
まるで、文化包丁のようです。
悲しきかな・・・。
本来の原点、印章のベースである技術に目を向け、その工藝的側面を前面に出していきましょう。
美術なら残れる!のですから。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11078.html

posted: 2020年 7月 4日

「調整」と「調製」

芍薬の蕾のどれも明日ひらく
【作者】海野良子

昨日の記事のなかで、「実印を調整する」という言葉を用いましたが、Facebook友達Yさんから「調製する」ではありませんかとのコメントを頂きました。
つくる・製作するというニュアンスからして、「調製する」が正しいかなと思いまして、印章関連の古書にあたると「調整する」という言葉が目に付きました。
ネットで調べてみると・・・
【調整】調子・過不足をととのえる
【調製】注文に応じて作る
「調整」も「調製」も、どちらもチョウセイと読む同音異義語です。
とありました。
言葉の在り様からすると、ご指摘を頂いたYさんが正しいと思います。
では、何故印章においての古書には、「調整」とあるのかなという疑問が出来ました。
著者が間違われたとも考えられますが、その著書には、次のような文章を見出しました。
「印章は彫刻者の全人格と、全精神力の所産である。刻者は高い見識をもって、正しい印章の力作を念願したい。」という書き出しから始まり、使用者が捺印効果の重大性については認識しているが、印章そのものについては知識を持つ人は多くはなく、印章は買い付けない物を買うという行為であり、それは容易ではないとしています。
ですので、そのお客様を正しく導くことが印章業者の使命でなければなりません。(「啓発」という言葉で現在では言い表されているようです)

現在の印章店はどのようにされているのでしょうか?
私が思うには、その使命をお忘れになり、経営論に夢中になり過ぎたのかなと思われる節があります。
啓発は、大きな団体や組織がする事ではなく、お客様に対面して販売をするお店の在り方が重要になってきます。
その折に、一時はやりましたお客様第一主義の考え方が、印章選択を注文者の自由選択に任せてしまったという私からすると落度がありました。
見本ケースに並べられた印材を、少しばかりの素材説明が添付されていたとしても、ほとんどを価格と外観を選択基準としなければなりません。
書体の選択(嘗ては、字体選択と言いました)においても、素材選定よりも難題なのですが、これも見本帳より自由な選択・・・文字のレイアウトや印面のデザイン性についての説明などという専門性は持ち合わせていない店員による案内では、正しい印章の選択は無理で、啓発などどこ吹く風が横行してきたというのも現状の印章業界を表しているのかも知れません。

そういう意味で、作る、製作するというよりも、本来の啓発である「調整」が私はピッタリの言葉であると思います。
お客様のニーズを調べて、印章への啓発を含んで正しい知識を整えていくこと。
これが今の業界に一番求められている事だと痛感致します。

「調整」が深い認識として職人の私の心に染みていきました。
Yさん有難うございました。

posted: 2020年 6月 17日

「継ぐ」と「接ぐ」

継ぎ接ぎて延ばすいのちや梅雨に入る
【作者】清水基吉

人の命ばかりでなく、継承されてきたことの延命のためには、力ずくの延ばし技が必要とされる時もあるだろう。
しかしながら、自然の「継ぐ」から人為的な「接ぐ」への変容は、もともとの継承を蔑ろにする場合がある。
「接ぐ」行為は、とても目立ちます。接続、接触、溶接・・・
「継ぐ」行為は、あまり目立たない地味な事の繰り返しである。
本質や本義、大儀に通じているのは、「接ぐ」ではなく「継ぐ」ということで、「接ぐ」では見られないものを「継ぐ」では見せてくれる。
きちんとした継承に目を向けずに、溶接ばかりしていたのでは、物事の本質は隠されて行くだけだ。
溶接者は、過去と現在を繋ぎ合わせているようで、現在の凸凹したものを平に見せようとしているだけである。
そのうち、溶接された「目新しいモノ」もさらに新しい時代の波に洗い落されて、再び凸凹は、我々の前にその醜さを露呈してしまう。
何故、本質に目を向け「継ぐ」という行為に真摯に立ち向かわないのだろうか、いやそれどころか、凸凹を埋めるためだけに奔走するのだろうか。

本質は、一つの事象においてのみ存在するのではなく、あらゆる事象の中にある。
一つの事象が本質を見失っても、他の事象に目を向け学び直せば、その本質は取り返す事ができはずである。
今、それしか実用印章の本質を取り戻す道はないように思う。
そして、その継承は機械やデジタル、AIでは果たせず、人によって連綿となされるものである。

posted: 2020年 6月 13日

< 4 5 6 7 8 >