プロ野球と草野球

明日に向けて更に寒くなるとのことです。
体調を崩しておられる方が多いようです。
お気を付けください。

流石に極月の師走ともなると、忙しくバタバタしております。
が、朝刊に気になる記事が掲載されていましたので、どうしてもご紹介したくなりました。
ノーベル賞の授賞式に臨まれる本庶さんがニュースになっています。
その本庶さんの一番弟子の松田さんが、本庶さんへのお祝いと思い出を語っていました。
松田さんが97年にヒト免疫グロブリン遺伝子の全遺伝情報を解析した研究成果に対して、本庶さんは次のような祝辞を贈った。
「有名学術誌に打ち上げ花火のような論文を載せることが大事ではない。君たちも教科書に載るような仕事をしなさい」と・・・

印章業界には、技術力への評価としての展覧会や競技会があります。
来春には技能グランプリもあり、課題も公表されました。
いくらそこで金賞や1位をとっても、その技術をお客様に還元できないものであれば、それは職人の技術力ではなく、単なる自己満足の趣味になり果てる。
科学者と職人が同じではないかもしれませんが、向かう方向が大切だと思います。
自分や自分の満足、幸せにのみ向いている自己実現的なものなのか
他の為に、周りの人の為に、お客様の為に向いているものなのか
それにより仕事が大きく変わってくると思います。

昨日、ある方からご相談の電話がありました。
おじいさんがはんこ屋をしていて、道具があるので、自分ができるだろうかというお話でした。
詳しく聞いて行くと、技術を覚えてはんこ屋を経営したいというものでした。
業界内のご子弟なら、どうぞ技術講習会に来てくださいというところになるのでしょうが、おじいさんのお店はとうの昔に廃業されていて、一からということでした。
今の業界の状態をお話して、今から初めてご飯を食べていけるだけの業界環境ではないというお話もさせて頂きました。
その上で、技術講習会に来られるかどうかを検討されるという運びとなりました。
業界内の人やご子弟からすると、ある意味技術講習会や展覧会、競技会は仕事に直結するものではないのかな?
技術を覚えないと、食べていけないという切迫感を講習生からあまり感じません。
外から見れば、食べていくための技術であり商売であるのが当然だと思います。
私や同僚の講師の先生方の講習生時代には、技術を覚えることの目的がはっきりとしていたのだと思います。
明日からの仕事のためです・・・。

勿論、自分が身に着ける技術ですから自分のものです。
それは、誰から教えて頂いたのか
そしてそれをどこに向けなければならないか
また身についたものはどのようにして還元していくのか
後進に伝えて自分の技術が生きて来るということを意識出来ているのか

それがない業界ですので、次に続かない今の現状があり、それを社会が見ているということなのかな。

最後に、新聞の記事にもありますが、本庶さんが研究室のミーティングで院生らに問いかけた言葉の中に答えがあるようにも感じますので、ご紹介しておきます。
「野球には草野球とプロ野球がある。サイエンスもそうや。ぼくはプロ野球をやりたい。君たちのは草野球になってませんか?」

posted: 2018年 12月 7日

師走に想う

昨年の暮れに楽天市場に出店させて頂いていた「煕菴印社」を卒業させて頂き、その後に充電期間を頂き、自らの世界観を打ち出した経営方針に大きく転換させて頂きました。
より広く、多くの人にご提供するというのは、聞こえが良いようにも感じますが、量産体制とそれに応じた多額の宣伝方法を駆使しなければなりません。
そのどちらとも、私の世界観とは大きくかけ離れるものです。
勿論、印章という概念やその社会的役割が多くの人に受け入れられなくては、世界観の押しつけになるし、商いをする意味がありません。
その根底が崩れると、趣味の世界観になり果てます。

今年の3月には、「三田村印章店は印章をきちんとデザインする印章店である」というコンセプトに基づきDesigned & Crafted.三田村印章店「姿の美しい印章」として「捺捺捺」というブランドを立ち上げました。
その後、業界環境は著しく変容悪化していきました。
世界観の違うやり方で、今あるうわべを救い取るようなやり方が横行するようになり、それが印章制度や印章文化を継承発展させると、誤認されているような動きが目立ち始めました。
うわべに対してあがく事よりも、何故うわべにある表層状態が発生しているのかという根本を正すことから顔を背けても、次には違ううわべが表層化してくるだろうと思います。
世界観を同一に出来ないやり方に巻き込まれている本来は同一な世界観の方もおられるようですが、印章から学ばずに、印章の在り方まで利益優先型に変容させるような世界観には、驚愕し賛同しかねます。
本来の印章の在り方を追求し、印章と先人から学んでいくという姿勢を回復していくためにも、そのあり方から距離を置きたく考えます。
「おしで」の思想から大陸の政治制度や文化と融合して発展してきた日本印章史を、とりわけ私印として定着してきた実用印章の信用性と価値を守っていくことが私の世界観であり、私のお客様への還元だと改めて思いを深める師走となりました。

 

posted: 2018年 12月 4日

大阪万博は炭をつげるのか

学問の さびしさに堪え 炭をつぐ
山口誓子

寒い朝でした。
朝刊には、「大阪万博決定」の文字がありました。
嬉しくもなく悲しくもなくというのが感想です。
1970年の万博は、小学校5年生で、地元ということもあり、友達と一緒に何回も行きました。
楽しかった思い出も残っています。
今は、当時と時代が違います。
同じような事をまたやるのでしょうか。
イベントを国や自治体が誘致して、何かメリットがあるのでしょうかとFB友達が発信していました。
2025年というのは、7年先です。
イベントはイベントです。
この頃、国や自治体が政治よりも商売人のような事を言い出したり、行おうとしているのも不思議な現象だと感じます。
嬉しくもなく悲しくもなく、興味がありません。

1970年の万博の頃は、祖母が火鉢に炭を毎朝おこしていたのが思い出されます。
消えかかる火鉢に炭をつぐのは、学問でいうと、孤独な作業をコツコツと積むということです。
技術習得とその継承や伝統文化を受け継ぐのも、消えゆくことに炭をつぐ作業と同様で、イベントで派手なパフォーマンスをいくらしても、一時の盛り上がりや流行を作るかもしれませんが、そんなことより黙々と炭をつぐ作業の方が、効果があるし尊い仕事だと思います。
地道な炭をつぐ作業が無くなれば、いくらイベントをしても火は受け継がれずに虚無なることだと思えてなりません。

posted: 2018年 11月 24日

なにわの名工

昨日、大阪府のプレスリリースで「なにわの名工」受賞者が発表されました。
印章業界からというか、大印技術講習会から講師をして頂いている近藤誠さんが受賞者に名を連ねています。
11月22日の大阪府職業能力開発促進大会にて表彰されることとなっています。

嘗ての先生・先輩方が頂いた頃は、大きな新聞社の朝刊の大阪版には受賞者名と代表者のインタビューが掲載されていました。
私が頂いた6年前にも、名前だけは掲載されていました。
最近は、それも無くなっています。
先達て発表がありました現代の名工においても取り上げて頂いた新聞もありましたが、我関せずの新聞もありました。
大阪版には、近畿の受章者のお名前くらい出るかなと思っていたら、それもありませんでした。

この文章を読まれた報道関係者の方がおいでになれば、是非とも取り上げて頂けるよう心よりお願い申し上げます。
そういうことが職人の励みとなり、また後進の憧れとなり、業界発展と技術継承や伝統文化の保存に繋がっていくこととなります。
自分さえ良ければいいとか、自分が上手い、名人であるというセクト的な宣伝方法や情報発信では、けっして生業が発展するものではありません。
そればかりか、自分も良くはなりません。

今回の現代の名工は、印章業界から2名の方が栄誉に浴していましたが、業界からの申請がこの間減少していたことは確かです。
もっと他の為に頑張っている技術者に光を当てて頂きたい。
マスコミも業界自身も!

業界自身も技術継承には、襟を正して臨まねば、継承が途絶えるのはロウソクの灯火のような気がしてなりません。
来年初旬に実施される技能検定は、もうすでに受付を終了していますが、未だに知らなかったとか、忘れていたという声が、私の耳に入ってくるということは、どういうことでしょうか?
技能検定の推進を掲げている所や団体は、大いに反省をして頂きたいと自省も含めて感じます。
技能検定を各都道府県の取り組み任せのみに終始していなかったか?
経験や方法が足りない所への援助をされていたのか?
受検したいという人に、手を差し伸べることはできたのか?

明日は、はんこ屋組合の理事会と日曜日には技術講習会の連チャンです。
組合運営には、もうあまり口を出したく無くなって来ました。
しかし、技術の教えを求める講習生や技術継承は、私にとっても大切な事です。
技術講習会の後には、技能検定の説明会、そして講師会の会議もあります。
印章とそれに携わる職人さんに光が届くように、もう少し頑張りたいと思います。

http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=32813&fbclid=IwAR2JOAoFVkUcyHo9paF7OBNO-tWps-J4XdTPAjg2dsvT-4sDn6bF3ruOXoA

posted: 2018年 11月 16日

若手を支援するとは

ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった京都大の本庶佑さんが、若手研究者を支援する基金を京大に設立する意向を示されていると報道がありました。
立派な方だなぁ~と思うのと同時に、いろいろ考えないといけない問題が基礎研究だけでなく、社会の在り方や方向性の問題なのかなと考えさせられました。
本庶さんは国の科学研究予算について、国主導で大型プロジェクトを決め、多額を投じる「選択と集中」型の現状に疑問を呈しています。
1日の受賞決定後の記者会見でも「多額の研究費を1人(に集中するの)ではなく、10くらいの可能性を追求した方が生命科学は期待できる。若い人にチャンスを与えるべきだ」と指摘していました。
また、「若い人が(研究に)人生をかけてよかったなと、思えるような国になることが重要ではないか」。京大の2日の会見で、本庶さんはこう語りました。
印章業界の環境と類似しているなぁ~というのが率直な感想です。
技術の在り方というとスローガン的に上がるのが、技能検定の推進、展覧会や各種競技会、印章展での啓発・・・であります。
スローガンから最近では、それへの言動や目につく行動の具体化が見られないので、お題目ではないかなという疑問があります。
それよりも重要な事は、基本技術を継承するための講習会や研究会への支援や援助が具体的になされていないことに、随分前から疑問を持っていました。
そして、それらの講習会や研究会は、組織内や地域内というセクト的思考を廃して、もっと多くの希望者に開放されてなくてはなりません。
そして、多くの若手技術者育成に真剣に取り組まなければならないのが業界の緊急課題であると提言いたします。
本庶さんの言葉を借りるなら、「若い人が(技術に)人生をかけてよかったなと、思えるような印章業界になることが重要ではないか」と私も叫びたい気持ちでいっぱいです。
本庶さんは会見で、「基礎研究から応用につながるということは決してまれではない。しょっちゅうあるわけではないが、そういうことがあると実証できた。基礎研究を長期的な展望でサポートすることが重要だ」と強調しました。
印章業界も明日のことや、年内計画、2~3年後の実行計画のみを話あうのではなく、5年後、10年後の在り方を議論して、今が印章史においてどのような時期なのかを大局観を持ち社会に発信していく必要があるのではないでしょうか。

posted: 2018年 10月 3日

プロの世界の仕事

雨降りの大阪です。
今朝、通勤途上の小学校で運動会の練習をしていましたが、今週はお天気が悪いみたいですね。
晴れたらいいね!

共に大阪の技術講習会で学び、現在ともに古巣にて講師をさせて頂いている印友のアイさんのブログに次のような文章を見つけて、もっともだと思いましたので、ご紹介させて頂きます。
・・・・・・・
「篆刻って柔らかい石に印刀1本あれば誰でも刻れるのが良いところ
なのですが、やっぱりお代金を払って刻ってもらうと違うねって
言ってもらえるような印を刻りたいと最近強く思っております。」
・・・・・・・
誰にでもできる世界があります。
知識や経験がなくとも、少しの説明とトライで楽しめる世界
印やハンコと名が付く世界でも、それが大きく門戸を開いています。
消しゴムはんこ、小学校や中学校での篆刻教室、カルチャーセンターやアートのフリーマーケットでの体験教室・・・・
印章の啓発もあるのかもしれませんが、体験型の趣味の世界といってよいと思います。
ですから、誰にでもできるという良さがあるのです。

それに反して、テレビでは稀少種のように職人の手仕事の世界ももてはやされます。
それは、専門的知識と熟練という経験が必要な世界です。

どちらも必要なのですが、それぞれの役割が違います。
それをどうも混同されているような気がしてなりません。
プロの仕事と素人の趣味の作品作りは根本的に違いますし、そうあらねばなりません。

実用印章の世界は、本来プロの世界でした。
今現在は、パソコンフォントを利用して、プリンター機能としての彫刻機がそれを表現する、即ちパソコンを使えるなら誰にでも印章が彫刻できてしまうのです。
そして、それが社会的に認知されていて、どうせ三文判に毛が生えたモノを使用しているし、それがないと事が進まないのはおかしい!という論調に流され、「ハンコは邪魔だ!」「面倒くさい!」という一面的な見方に繋がっています。
また、何を思ってか政治的にも文化的にも経済的にも、それを推進している輩が存在していることは、日常茶飯事のように見られるようになってきました。

私が4~5年前から危惧し、警告していたことが現実化してきています。
印章訓練校の休校
技能検定受検者の減少に伴う、国からの要請に対応できない業界と、技能検定休止職種対象となる事への無関心状態
技術競技会や大印展への出品数減少にみられる職人数の減少
フォント使用のモラル規定や規範のない、またそれに意識が向かない業界姿勢

どうすべきか、どうすべきだったかは、私は既に述べてきたと思います。
そして何度もこれからもお話していきたいと思いますが、今日はここまで。

posted: 2018年 9月 20日

技術と技能

印章業界において、「技術」と「技能」という言葉が、わりと意識なく同義語のように使われています。
少し調べると分かる事ですが、昔は「技」という言葉しかありませんでした。
私的には「技能」という言葉は、作られた言葉だと思うのですが、それはここでは置いておくことにします。
「技能」という言葉は、個人の中への技の蓄積を言います。
ですので、技能士というのは、技を共有しているのではなく、あくまで個人としての力量を言います。
1級と2級や3級の技能士があるのは、その為です。
上手い下手があるということで、技の動きや働きで、個人の行為・能力を表しています。
それに対して、「技術」という言葉は、技の表現・伝達・置き換えに着目した方法や手段を表した言葉です。

ですので、「技能」はその作業を見せることにより第三者に伝わりますが、その技の説明や発信は「技術」において可能となります。
良し悪しのことを言っているのではなく、それぞれ役割があるということです。

ただ、印章業界において不足しているのは、「技能」に満足して、「技術」を忘れている現状があるかなと思います。
技能を人に見せても、それは個人の能力を表現することであり、印章の本質や価値を技術的側面から光を当てるということにはなりません。
ですので、技能表現は個人のモノであり全体ではないという認識を持ちながらあたらなと、様々なところで誤解が生じるということであり、現に誤解を生じさせています。
この話は、時期来たらずというところもあり、ここで止めておきます。

最後に、業界全体がほとんど発信していないので、お話させて頂きたいことがあります。
来年の技能検定で100人の受検者が全国で集まらないと、印章彫刻が休止職種の対象となると国である厚生労働省からのご達示があります。
100人集める力がこの業界には既にありませんし、軽視してきた結論だと思います。
そして、今年は尚更声が小さい。
他が忙しいのか?もう叫ぶ声も出ないという事かも知れませんが・・・。

大阪府印章業協同組合は、大阪府職業能力開発協会から技能検定受検について委託されています。
大阪の検定試験は来年に実技試験を大印会館で行いますが、その申し込みはすでに始まり、今月末くらいで打ち切りまして、職能に10月頭に申請書類を提出いたします。
職能への書類提出後は受検したくてもできませんので、知らない人がいるかなと思い急遽お話させて頂きました。
大阪で印章彫刻職種、木口彫刻作業の技能検定を受検したい方は、早急に大阪組合までご連絡をください。
近畿では、大阪と京都、兵庫の印章組合が実施されると聞いています。
また、他県の受検希望者はご相談ください。
早い目にお願い申し上げます。

posted: 2018年 9月 14日

< 4 5 6 7 8 >